(無題)  

雷の原因もその一つだ。私がお前達にその雷について何か話してやるのは訳もない事だが、もしその私の話がお前達に分らない時には、お前達は自分の生意気な好奇心を恥ぢなければならない。その雷の話はお前達にはまだ六つかしいよ。それは大変に六かしい事なんだから。』
『雷の事は話すだけは話して下さい。』とジユウルはねだりました。『私達は一生懸命で聞きますから。』
『では話さう。空気は見えもしないし、誰もそれを手に取る事も出来ない。もし空気が何時も静かだつたら、お前達は多分空気と云ふものが、あるかないかも気がつかないだらう。
0

ホテルパレオの説明・紹介  

「僕は玉七が素晴らしいと思うな。今日の主水は第一の出来だと思う」
 生意気なことを言う子だと、ほほ笑みながらも、姉たちはそれを肯定した。
 鶴子は何の批評もしなかった。恐らく彼女は芝居の芸題などよくは知らなかったのであろう。
 私たちは同じテーブルを囲んで腰かけた。姉はアイスクリームを注文した。これが私がアイスクリームというものを食べた初めであった。
 紙治が始まったので私たちは席に返った。私は父の語る浄瑠璃でなじみなのだが、舞台で鴈治郎のを見て美と恋の幻影に憑かれてしまった。私は廊下に出た時には酔ったようになっていた。


元彼 取り戻したい
0




AutoPage最新お知らせ