2013/4/17

カワイイことを気づかせる  恋愛

燃える愛をそつなく告白しようとか、あなたの彼女への気持ちを言葉でわかってもらえなければなんて、緊張する必要はない。熱い気持ちの自分自身の存在そのものが本当の愛の告白です。
男性の「泣き」というものは女性を揺さぶらせるはずだが、状況によっては「つまらない弱虫男」に違いないとレッテルを貼られる悪い状況も可能性が高い。
接待の精神の土台は、意中の人にどんなやり方で気に入っていただけるかを一生懸命考えること!サービスというのは恋愛に非常に近いものと考えられます。
さりげない態度で「やさしく肩をたたくこと」又は「そっと肩に触れる」はズバリ、「ボディータッチ」と言えます。したがって「相手との55センチ以内への嫌われない侵入」と考えて「汚れていない清潔感のあるうっとりさせる香をうまく漂わせる」ことが大切です。
気を使ってくしゃみを口を覆い隠して、小さい音にしようとするような人はコケティッシュということ。それほどまで周りを見て、活動したら、誰にでも配慮することができるので、モテることが見込まれる。
デートの最後、帰りは、余計に引っ張らずに、気持ちの高まっている盛り上がった場面であえて帰ると、次回も誘われたらきっと楽しく会いたいと思わせることが少なくない。
「俺が守ってやるから大丈夫」等のいかにも男性らしい映画の騎士が吐くような甘言にぞっこんになってしまう女性はとても多い。実際には口先だけの男性とは長続きすることはない可能性があるのでご用心。
女性というものは男性のたくさんある能力が平均的であることを好んでいる。全部が40点〜50点あたりの人がモテモテ。すごく光り輝いている欠点のない男性は実はよけられる。
どうしても恋愛できないのは、自分自身の評価が高すぎることが原因なのである。自己評価がへたくそだと恋に巡り合うために越えなければならないハードルを越えにくくする結果になっている。自己評価を低くしている人は、恋愛のハードルの高さを越えやすくすることにつながっていることになります。
鏡をずっと眺めている方は自分の容姿が劣っていると感じていることが少なくないらしい。そんな異性にこそちゃんと「かわいいよ」とか「スマートだよ」と教えてあげるのが肝心。
近づきたいヒトと一緒にいられることがあったら、自分と一緒のことをしているか確認しましょう。同じところで一緒にいるとき、相手が意識せずにまったく同じ動きをしたら気があるサインです。
女の人が会話しているにもかかわらず、枝毛を探しているのを見たことはありませんか?このときの相手が同性ではないということなら、どうにかして緊張をほぐそうとしている、違う表現をするならば、好意を持たれている予想もありだ。
イケメンはモテるようだが、「誠実さがないよね」「いつでもモテてるんでしょ」「他にいっぱい出会いあるはずだよね」と思われて人気がない。ほとんどの女性の恋の対象から除かれる可能性が高いことが多いのです。
グループでデートするなら、ドライバーは決して譲るな!真横に気になる人を座らせて自分と彼女だけの場所を作るのです!あなたの財布を使ってと渡せば自分と彼女だけの共同作業がそこから始まるのだ!
多くは愛についての課題を「愛する立場」という考え方や、「パートナーを愛する能力の有る無し」ではなく、「愛される立場」というテーマとして把握していて当たり前。
0
タグ: 恋愛 恋人 愛情

2013/4/16

高嶺の花でも関係ない  恋愛

二人の関係をマンネリから守る良策があります。そのよい方法は、二人でする共同作業の中にある。二人で同じ目標を持ち、それに達したときに、二人で達成したという抱き合いたくなるような気持ちが肝心。
恋をしていて夢中の人は嘘を言うのはできるだけつきたくない。状況によっては誠意をこめた恋だからこそウソだって存在する。悪気のない小さな嘘はつくことで嘘をつかれた彼(彼女)を幸せにさせるのが当たり前である。
ただキスだけでも不思議なことに相手の個性まで知らない間にわかる。口づけというのは簡単に言うと唾液交換で、それぞれの唾液の中に含まれる化学成分で相手が一体どんな性格なのかを確認している。
唇を重ねる時間が短いとしたら心変わりしている裏付けです。いくら言い訳をしても、体はそうはいかない。不自然さを感じたら遠まわしに確かめてみなさい。
イケメンは現実的には、「軽そうだよね」「モテモテじゃないの?」「いくらでもいっぱい出会いあるよね」と想像されて全然モテない。ほとんどの女の人の目標から外されることが多いという現実。
必見!彼・彼女に触れるテクニック!「マッサージ得意なんだよ。気持ちいいよー!」と言いつつ意中の人の手を取って、控えめにマッサージしてあげるのも効果的。その人との恋がスタートし始めること間違いなし!
親しくなりたい男の人が飲み物を飲むのなら、自分も飲む。頭を右手でかいたら、自分も右手でかく。足を組みかえたら、あなたもすぐに組みかえる。あなたがしぐさの真似をしていると口説きたい相手に親近感がわくのが当たり前である。
女の人からのとおりの質問をそのまま返さない男性は女性にモテることはない。女性は質問した相手に同じように質問してもらいたくてそんなふうに尋ねるのである。自分の質問は同様に確認してほしいという生き物だ。
恋に夢中なときには大人の判断というものがきかないことが多い。ということは、分別がゆるぎなくきく場合には燃えるような恋をしてはいない状態だという証である。
確かにきれいごとと言えば実際のものとして深呼吸して考えれば確かに絵空事かもしれない。そういわれても、そうなってほしいとか、非現実的な望みだって考えられても真剣に夢見てしまうのが恋愛であることに間違いない。
「今日は全部俺が払うから、今度のぶんはごちそうしてね(笑)」などと言えることができれば、女性にごちそうになった罪悪感を感じさせないうちに、緊張しがちな場の空気を和やかにして、もう一回のデートの約束にこぎつくことが考えられる。
「最近の若者はほしいものは何でも手に入るから〜だ」と常に言われる。しかしながら、何でも手に入れることができる」というのは大きな見当違いだ。最良の彼氏あるいは夫であったり彼女あるいは妻は通常は射止められない。
「自由な時間がない」が決まり文句になっている女性はモテないものだ。「どんなときに声をかけてもデートのひまがなくて却下されそう」と男の人が持ちかけるのを投げ出しているのではないか。
喫茶でお茶を飲みながら、「お店の中の人たちに私たちって、どんな恋人同士に見えるかな」と恋人に囁いてみて。そんなセリフをかけられた彼氏は、とてもあわてることでしょう。
グループで出かけるとき、ドライバーのポジションは断じて譲ってはいけない!自分の横に気になる人を座らせてあなたと二人きりの空間を作りなさい。あなたの財布を使ってもらえば自分と彼女だけの共同作業がそこにうまれるのだ!
0
タグ: 恋愛 恋人 愛情



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ