安次嶺奈菜子についての説明・解説する  

とジユウルが云ひました。
『叔父さんにも分らないね。地球はそれ程までに大きいのだよ。』と叔父さんが答へました。
『訳の分らなくなる程大きいんですね。』とクレエルが云ひました。
『本当にさうなんだよ。お前達にはそれだけの事が分れば、それでいゝんだ。』とポオル叔父さんは話を結びました。

五二 空気
『顔の前で急に手を拡ると、頬に息がかゝるやうな気がする。


別れた彼女とよりを戻す
0

あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIEについての説明・解説する  

全世界が彼を滅ぼさんとするとも、彼は死することを自知するがゆえに、殺す者よりもとうとし」といっている。われらはここにおいて認識なるものに対して驚異の目を見張らざるを得ない。認識能力が人間の無上の天稟であり、めでたき宝であることを思い、認識が人生において占有する地位の厳粛なることを痛感せずにはいられない。知識の拡張は同時に自由の拡張である。無機物より有機物に進んで、人間に至るに従い、意志はしだいに明瞭に、認識は階段をなして発達しきたっている。すなわち生命はしだいにおのれ自身を認識してきている。それと共に自由はしだいに拡張せらるるのであろう。しかしながら氏のいうごとく自然現象と意識現象との間に前者は必然にして後者は自由であるというような絶対的の区別があるとは思えない。今日の生物学が言うように無機物にもなおきわめて低き程度の意識を許さねばならないならば、同時にきわめて低き程度の自由をも認めなければなるまい。自由は要するに程度の問題である。


元カレデート
0




AutoPage最新お知らせ