2012/9/20

毒グモが各地で  

こんにちは。最近テレビのニュースで耳にしたことは、各地で毒グモの発生が見られているというのだ。この事はラエリアンでも関心のあることの一つだ。

毒グモの名前は「セアカゴケグモ」という。関西地方で多々見つかっているというのだ。

特徴というのは、セアカゴケグモの全体は黒いのだが、腹部部分が赤いのが特徴という。
雌は15ミリというサイズの毒グモだ。雌が人を刺すという怖い毒グモである。この毒グモに刺されると、手足のしびれ、けいれんがあるという。今年になり大阪府だけでこのクモに刺された人は60人いるという。刺されたら、病院に行くのが炎症を抑えてくれるというのだ。

このクモのすみかにしているところは、植木鉢の下や特に暗い所に住み着くとされている。もし、発見した場合は、殺虫剤なんかも効果が低いとされているので、踏み潰すのが良いとされているという。しぶといクモに変わりはないと思う。

これからの冬にもこのクモが発見されると思うので、地道に対策していくしか考えはないと思う。
近い内、東京でももし発見されたら怖いと思う。

0

2012/8/28

ラエリアンが取り上げた海底遺跡  

今日は、海底に沈んだ世界の遺跡と題し、紹介したいと思います。
ギリシャ南部のラコニアの海岸にあるPavlopetriは、現存する世界最古の水没した都市「Pavlopetri」があるという。
クリックすると元のサイズで表示します
この遺跡は、紀元前2800年ごろと思われるミケーネ文明の建物、庭、道、墓などが見つかっております。この遺跡は、地中海交易で発展されたと思われるような物が海底から見つかっている。

地中海の中という事はキレイな海のイメージがあります。世界の海には、こういう物が発見されているという事なので不思議なイメージがありますね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ