稲垣潤一 Duet with 小林明子や、その他、いろいろ考察  

唯円 (くちびるをかむ)おなぶりあそばすのですか?
僧二 いや、人がそう申しているという事ですよ。(かたくなる)お師匠様が黙っていらっしゃれば、あなたはなおさらつつしまなくてはなるまいかと存じます。お優しいのをいいことにして、思うがままのおふるまいは道であるまいと存じます。
僧三 それも良家の淑女というならまだしも、卑しい遊女などを相手にして。僧たるものが。浅ましい事でございます。
唯円 遊女ではありますが心は純潔な女です。
僧二 (僧三と顔を見合わす)あなたがだまされているのですよ。ことわざにも「傾城に誠なし」と申します。


元カノとやり直す方法
0

(無題)  

これは私の魂の実感です。
左衛門 私はさっきそのような気がいたしました。もしあなたがたにあやまる機会がなくて、あれぎりになってしまったら、あなたがたがいつまでも呪いを解かずに巡礼していらしたなら、私のつくった悪はいつまでも消えずにおごそかに残るにちがいないという気がしました。また私は生きた鶏をつぶす時にいつも感じます。このようなことが報いなくて済むものかと。私はあなたを打ったことを思うと、どうぞ私を打ってくださいといいたい気がします。
親鸞 私は地獄がなければならぬと思います。その時に、同時に必ずその地獄から免れる道が無くてはならぬと思うのです。それでなくてはこの世界がうそだという気がするのです。この存在が成り立たないという気がするのです。

彼女の気持ちを取り戻す
0




AutoPage最新お知らせ