どうやら

2013/5/27 
福山雅治が主演した「そして父になる」がカンヌ審査員賞をもらいました。
最近、日本映画低迷していたのでいい結果で良かったです。
審査員賞をもらったからってヒットすることとは別らしいですけど。
どうやら私が買う薪ストーブは、日本へはまだ入ってきていないようで、向こうの限定販売ではかなりの台数が販売された人気の薪ストーブらしいです。
新し物好きですので、この円高のうちに海外から薪ストーブを輸入しようと決意をしました。
先方からは、ぜひこの薪ストーブを使って日本での薪ストーブの販売を広げて欲しいそうですよ。
薪ストーブが我が家まで来るまでに約一ヶ月くらい掛かりそうですので今から凄く楽しみです。
この薪ストーブが来て使用したら報告しますね。
でも、日本で発売されたらそこそこ売れそうな気がします。
乾燥不足で水分を含んだ薪を焚いている人もいると思う。
乾燥不足の薪を焚くと、煙突から煙がモクモク立ち上がり、煙突内に可燃性の煤やタールが付着していって煙突の内側に付着されていく。
煙突内に煤やタールが付着した状態で薪ストーブを焚き続けていると煙突も加熱され煤やタールに引火すると火炎放射器のように炎が煙突から噴出して火事となる。
煙突の表面温度は1000度くらいになり、煙突内の煤やタールが完全に燃え尽きるまで燃え続け、煙突貫通部分の木等の燃えやすいものに発火して全焼する危険がある。
0



AutoPage最新お知らせ