2013/4/20 | 投稿者: konkichi

この前知り合いから聞いたんですが、
マザーズ指数は2001年3月30日までさかのぼって計算されており、その時点では約1200でした。その後2003年3月に400を割り込むまで下落した後、2004年7月の約2800まで上昇し、2004年11月の約1400まで下落、2006年1月に再び約2800まで上昇した後下落に転じ、2007年3月には約1000となっています。
マザーズ指数は日本の株式市場が14年ぶりの底値をつけた2003年4月から2004年7月までは上昇トレンドに入り、2004年12月までは下落トレンドに入りました。2005年は横ばいでしたが2005年末から急上昇し、2006年1月のライブドア事件を機に現在(2007年3月)まで下落トレンドが続いています。東証マザーズ市場は1999年に設立され、次世代を担う優れた技術やノウハウをもつ新興企業に対し株式公開による早期の資金提供を可能とし、新興企業が飛躍できる場を提供しています。東証マザーズ市場の上場基準は東証一部や二部と比較して緩く、上場プロセスも短縮・簡略化されています。
東証マザーズ市場では、今後の成長が期待される新興企業の早期上場を可能にするため、東証一部や東証二部と比較して上場審査書類が簡略化され上場審査期間も短縮されています。現在のマザーズ市場の上場株式数は約190社で、最近ではUSJも上場しています。投資信託は値動きのある有価証券に投資していますので、投資信託の基準価額も毎日変化します。最初に説明したように、投資信託の基準価額は市場終了後に計算され、速報値として公表されます。投資信託の基準価額は投資信託を販売している銀行、証券会社、郵便局などのホームページで知ることができます。
投資信託が投資している株や債権などの有価証券の価格は毎日変動しますので、それにあわせて投資信託の基準価額も変動します。投資信託の基準価額は運用会社により計算され速報値として販売会社などに伝えられます。投資家は販売会社のホームページ、モーニングスターや投資信託協会のホームページなどで、その速報値を調べることができます。
便利になってるもんですね〜
0

2013/4/20 | 投稿者: konkichi

この前知り合いから聞いたんですが、
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの投資対象となっている公益株とは、電力、ガス、水道、電話、通信、運輸、廃棄物処理、石油供給など日常生活に必要なサービスを提供する企業の株式のことです。公益株は好景気のときにも不景気のときにも比較的株価が安定しています。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの投資対象となっている公益株とはどのような株なのでしょう。公益株とは電力、ガス、水道に代表される我々の日常生活に不可欠な公共サービスを提供する企業の株式のことを指します。ディフェンシブ株とも呼ばれ、不景気のときにも株価は下がりいくいという特徴を持ちます。東証マザーズ市場では、今後の成長が期待される新興企業の早期上場を可能にするため、東証一部や東証二部と比較して上場審査書類が簡略化され上場審査期間も短縮されています。現在のマザーズ市場の上場株式数は約190社で、最近ではUSJも上場しています。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の運用は、プロに任せているので、保有しているときにも手数料がかかります。これを信託報酬といいます。信託報酬は、運用している間にかかる手数料なので、販売手数料とことなり、長期でどのくらいかかるかを検討することが必要になります。しかし、リターンが高いものは、運用も難しいし手間がかかるので、信託報酬は高めとなっています。できるだけ低い手数料としたいところですが、比較するときには、信託報酬だけをみるのではなく、過去の実績やリスクの高さなど、さまざなま検討が必要となります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。解約するときには、「信託財産保留金」という手数料がかかります。投資信託は、多くのお金を複数の投資家から集めて運用しています。しかし、途中で解約するということは、そのお金をつくるために、株や債権を売る必要があります。このときに売却費用がかかりますが、これを解約する投資家、解約しない投資家にも公平
いいですよね〜これって。
参考になりますよね。
どうでしょうか。
クレジットカードの海外旅行保険
0




AutoPage最新お知らせ