2010/1/6

ぶらり仁寺洞―行ってみたいお店100 in ソウルと石鹸  石鹸

書肆侃侃房からの出版です。

著者は矢野香織(やのかおり)さんと橋場紀子(はしばのりこ)さんです。

矢野さんは1970年に福岡に生まれ、韓国在住暦は8年です。

韓国観光公社ソウル本社で日本語ホームページを担当しました。

趣味は野球で、ソウルの女子硬式野球チーム「サンライズ」に所属しています。

仁寺洞では伝統工芸の店がお気に入りだそうです。

もう一人の著者である橋場紀子さんは1971年長崎生まれで、長崎在住です。

テレビ長崎の記者をされています。

韓国人被爆者の取材などで訪韓は100回を超えるそうです。

布・紙・箱に目がないそうです。

書籍の内容としましては、七百メートルほどの道を中心にわき道が迷路のように入り組み、そこに何百という店が立ち並ぶ小さな町や、一日平均三万人、週末には十万人が行き交う芸術と伝統の町の仁寺洞が紹介されています。

両班(昔の貴族)が多くすんでいたところで、当時の雰囲気を残しながらも新しいアートスポットとしても発展し続けている町でもあります。

ソウルツアーではほとんどの人が必ず立ち寄るであろう人気スポットでありますが、あまりに店が多いために短い滞在時間でどの店に行ったらいいか分からずにその魅力を知らないままでいる人も多いかもしれません。

短時間でも楽しめてしかもゆっくりと一日を過ごしたい人には是非仁寺洞の魅力を堪能してもらいたいという著者の思いが込められており、数多くある店の中から100点を厳選して、仁寺洞の魅力を伝えるガイドブックになっていると思います。是非ご一読ください。

自分の使ってる無添加系の洗顔の石鹸のことコト、もっと知りたい。自分に合うかどうか、ある程度、石鹸を買う前に知れたらいいですね。
0

2009/9/22

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ