2015/5/18

住宅の低金利ローン  

これは、固定期間が1年〜3年程度に決められた、固定金利選択型の住宅の低金利ローンです。
既に住宅の低金利ローンを契約しているなら、すみやかに借り換えをすることです。
そしてその期間が終了すると、この住宅の低金利ローンは、それ以降は変動金利になります。
通常の変動金利タイプの住宅の低金利ローンなら、金利が上昇すれば、いつでも固定金利住宅ローンに変更できます。
要するに、このタイプの住宅の低金利ローンは、1年から3年という固定期間が終了すれば、金利も支払額も大幅にアップするのです。
そのため、最初の超低金利は魅力なのですが、固定される期間が短い住宅の低金利ローンなので、住宅ローン返済総額に与える影響はわずかと言えます。
住宅ローンの金利が上昇すると、金利が上がっていなくて割安感のある変動金利や短期固定の住宅の低金利ローンで借り入れしたくなるものです。
結果、固定期間終了後に、低金利ローンではなく、高い住宅ローン金利が適用されてしまうのです。
そうなると、他行の長期固定金利の住宅の低金利ローンに借り換えるしか、選択の余地がなくなります。
固定金利選択型の住宅の低金利ローンは、あらかじめ設定された一定期間だけが固定金利になります。

低金利ローンを住宅で利用する場合は、くれぐれも目先の超低金利につられて契約しないことです。
住宅ローンの金利が上昇した場合、このタイプの住宅の低金利ローンは、莫大な影響を受けてしまうので、ほとんどメリットがないと言えます。
固定型の住宅の低金利ローンの場合は、住宅ローン金利の上昇に関して、ただ指をくわえてみているしかないというのが現実なのです。
それは、変動金利の住宅の低金利ローンの場合、途中で金利が上がっても5年間は毎月返済額が変わらないからです。
0

2015/5/17

自動車の低金利ローン  

自動車の低金利ローンで、お金を貸してくれる金融機関については、それぞれ違う融資条件が設定されているからです。
自分の収入にあわせて、ゆとりをもって返済できる自動車の低金利ローンのプランを立てることが一番重要です。
農協のローンで住宅ローンの次いで人気なのが、自動車の低金利ローンで、これは、自動車ローン、オートローンとも呼ばれています。
農協の自動車の低金利ローンは人気で、ローン用途が車の購入から維持管理資金までできるのでとてもお得です。
また、農協の自動車の低金利ローンの場合、無担保で最高500万円まで融資してくれ、しかも融資期間は最長7年となっていて、とても便利です。
そのため、借入を希望する自動車の低金利ローンの審査基準に当てはまるかどうかをよくチェックする必要があるのです。
いずれの自動車の低金利ローンについても、審査する中心のポイントに大きな差はありません。
自動車の低金利ローンの取り扱いは、銀行や信販会社、消費者金融、損害保険会社などで、どんどん増えてきている傾向にあります。
自動車の低金利ローンでは、低金利であるほど、そして融資金額が大きいほど、どうしても審査基準は厳しくなります。低金利ローンには、便利な自動車ローンがあり、以前は自動車ディーラー経由などでローンを組むケースが普通でしたが、最近では、自動車ローンの種類が増えてきました。
ひと月に返済可能な金額の上限は、自動車の低金利ローンでは、月収の20%程度といのが目安です。

低金利ローンを利用する場合、借入金額が決まったら、契約する前に毎回の返済額と総返済額を算出して、無理なく返済できるかどうかをよく確認することです。
自動車の低金利ローンは、大きく分けると、農協系の自動車ローン、銀行系のオートローン、信販会社の自動車ローンの3つに別れます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ