2012/12/18

嫁姑の良好な関係の秘訣とは  

《生活サイクル・スタイルの違いで嫁姑トラブル 》



親夫婦と同居していると、年齢の差などからくる生活スタイルの違いで嫁姑の双方がイライラすることが生じる場合があります。

高齢になると、早寝早起きが日常のサイクルになっている人が多いものです。

それに対して子供夫婦が共働きの場合には、仕事に疲れて夜遅く戻ってきた後でも、夫婦でテレビを見たり、その日のことを話したりして夫婦の時間を過ごしたいと思うのは当然です。

しかし、早くから寝ている親夫婦にはテレビの音やおしゃべりの声が耳につき睡眠の妨げになったりして、翌朝には、嫌みを言われる場合があります。

親子である夫が言われる場合はさほど気になることではないでしょうが、嫁が言われる場合にはストレートに受けざるを得なくて、ストレスとなり、嫁姑間の感情に悪く作用していきます。

また、たまには親と子供夫婦で外食をしたいと言うと、栄養が偏っている、コレステロールがたまるなどと言われ、外に気分転換に行くのもままならなかったりもします。

親夫婦の生活スタイルにすべて子供夫婦が同化させるのは元々困難なものです。


若い年代にはその年代の生活スタイルがあるため、親夫婦と同じ年代の人に合わせようとすれば、いずれ、生活のバランスを崩してしまうことになります。

立場を変えて、親夫婦も子供夫婦のような若い世代の人にすべてを合わせることはできません。

親夫婦と子供夫婦の同居の場合には、嫁姑間のトラブルを避けるためには、それぞれの生活を尊重できるような工夫が大切です。

子供夫婦はテレビを見るのは何時までと決めたり、イヤホンを使ったりと親夫婦に気を遣い、親夫婦は、息子夫婦水入らずで外食できるように認めるなど子供夫婦の生活にあまり干渉しないように努めることです。



いかがでしたか?^^  参考になったでしょうか?



嫁・姑問題は、少なからずおきてしまうんですよね××



タイプも様々ですが、嫁・姑問題で悩んでいる人の参考になれたら幸いです☆

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ