モトフェニックス 代表の勝手なブログです。  


ショップのホームページはこちらです。

http://www.m-fenix.com
6

2016/9/10

ZX-14 3年目の儀式  メンテナンス

3年目 最初の車検 I様のZX-14


 クリックすると元のサイズで表示します


ステムベアリング リンク ホイールベアリングは

新車の時に済ませてあります。

フロントブレーキが少し引きずりが始まっていたので

ピストンもみもみしたら余計にひどくなりました。 笑)

ボディとピストンのクリアランスを詰めてきたキャリパーは

やっかいです。3年目 3,000km のキャリパー

オーバーホールになりました。




クリックすると元のサイズで表示します



今年やった ビューエル ニッシン6ポットも同じでしたね。




クリックすると元のサイズで表示します


オーバーホール後は キャリパー付けても外しても

押し引きは同じ、完璧キャリパーになりました。


特にやるほどではなかったのですが、クラッチレリーズの

オーバーホール。


クリックすると元のサイズで表示します



3年 3,000km ですが、オーバーホール後は

握りも軽く、切れもよく、繋がりもしゃきっとしました。

クラッチレリーズは2年毎にやりたいですね。

ZX-14 はレリーズの受け側に腐食が入りやすく

今年、3台やった3年目の車検はどれも抜けにくく

特に、20,000km 走行の車両は抜けないかと思いました。







クリックすると元のサイズで表示します


綺麗に磨いて、熱で溶けないグリスを薄く塗っておきました。



フルード クーラント交換 必要な整備を済ませて

今回、オーリンズの投入です。

リアサス


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



今のオーリンズは凄いですね。

伸び 圧 アジャスター

イニシャル 1ノッチの変化が

またがってるだけで分かります。

はっきりと分かるサスになっていたのですね。

スプリングレートはそのまま、イニシャル調整のみ

慣らしように伸び側 1段抜きました。

フロントフォーク


クリックすると元のサイズで表示します


分解洗浄後 オーリンズフォークスプリング投入

ZX-14 特有の嫌な突き上げが無くなり、ジェントルな

乗り味となり、フロントの接地感はよだれものです。

ノーマルフォークにオーリンズスプリングは最高です。

あなたも如何ですか。

次回、パワーコマンダーV オートチューンの煮詰め

お待ちしております。


1
タグ: ZX-14 車検

2016/9/10

ZZR1100D にウオタニSPU  


点火系統トラブルで絶不調だった M様 ZZR1100D


クリックすると元のサイズで表示します


点火系を ウオタニSPU に一新しました。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ユニット コイルはウオタニSPU

プラグキャップ コードはNGKパワーケーブル。


クリックすると元のサイズで表示します


イグニッションチェッカーで確認すると

爪楊枝の先ほどの火花が爪楊枝3本ぐらいの火花になりました。

ZZR1100 は低速が無いのが普通だと思っておりましたが

火花が強くなったら、低速もりもりになりました。

6速 2,000rpmからがんがん加速出来るようになりました。

新車のとき以来の燃焼状態 感動しました。

ノーマルは火花が細いので、コイルをウオタニ

キャップとコードをNGKにするだけでも化けます。

お気軽にお問い合わせ下さい。


0

2016/3/6

アドレスV125 納車整備  メンテナンス

K様 アドレスV125 変態な納車整備

まずは、ステムベアリング 



クリックすると元のサイズで表示します


グリス塗ったか? 笑)

グリスをぐっつり塗って、適正に締めます。

ヤマハの精神注入しておきました。

グリス充填した写真は、手がグリスまみれ

の為、撮れませんでした。

ホイールベアリング


クリックすると元のサイズで表示します


スポーツバイクまでお約束の、ベアリング

打ち込みすぎで、ベアリング回らない仕様。

引き抜いて、グリスたっぷり長持ち仕様に

して、適正な位置で打ち込みます。

押し引きしただけで軽くなったのが分かります。

買い替え前の、同じくアドレスV125


クリックすると元のサイズで表示します


40,000km 2度目のベルト交換後すぐに駆動系

リア側、お亡くなりになりました。

ベルトだけの交換は安いので、ベルトだけ交換

して頂けたようです。

駆動系のオーバーホールをベルト交換と一緒に

しておけば、まだまだ乗れたでしょう。

新車の駆動系


クリックすると元のサイズで表示します


グリスがぐっつり塗られてます。グッジョブ


クリックすると元のサイズで表示します


こちらのニードルローラーベアリングは

表面だけでしたので、回しながらぐっつり

刷り込んでおきました。


クリックすると元のサイズで表示します


外したねじは全て、スレッドコンパウンドを塗布しておきます。

ねじのさび防止、適正なトルクを得る為。

これをしておけば、ねじを緩めるときに、

バキッ ガキッ ゴキッ という音を

聞かなくてすみます。

マフラー周りは、耐熱グリスを使います。


クリックすると元のサイズで表示します


ブレーキオイルは、スポーツ車と同じ

ワコーズ SP4

タッチも良くなり、コントロール性も良くなります。

今回は前車よりも長く乗れます、

長く付き合ってあげて下さい。

K様 ありがとうございました。


PS:メーカー批判をしているわけではありません。

メーカーは熾烈なコストダウンと闘っています。

コストを掛けられなかった部分に一手間入れて

あげることによって、より安全によりロングライフに

してあげる。楽しいですよ。

新車は洗浄という工程がはいらないので、修理に

比べると、圧倒的に短い時間で済ませられます。

初めてやったときは、感動物でした。



2

2016/3/6

アクシス トリート リコール  メンテナンス

H様 アクシストリート

燃焼室 バルブ ピストン周りに堆積した

カーボンの除去がリコール内容です。


クリックすると元のサイズで表示します



部品と一緒にカーボン落としの溶剤と真鍮ブラシが

入っておりましたが


クリックすると元のサイズで表示します


焼きの入ったカーボンを落とすのは容易ではありません。


バルブはステムをマスキングして、ガラスビーズで瞬殺。


クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドはカムシャフト奥のベアリングを引き抜いて、

マスキングとバルブガイドに綿棒を入れて瞬殺。



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


ピストンも綺麗にして


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


燃焼室はバフ掛け バルブは段付き起こさないように慎重に

すり合わせ


クリックすると元のサイズで表示します


バルブは耐熱コーティングを剥がすと寿命が著しく短く

なります。ガラスビーズはカーボンは落とせますが

耐熱コーティングは剥がせません。

ガラスビーズのメディアが残ると、エンジン壊れます。

冷水、パーツクリーナーでは落ちにくいのですが、

温水だと綺麗に落ちてくれます。

水溶性洗浄液に、熱帯魚用ヒーター3本入れてありますので

冬でも暖か洗浄です。

洗浄液は温度依存が高いので、ある程度以下の温度では

働いてくれません。暖か楽チン仕様です。

綺麗なエンジンになりましたが、残念ながらまたなります。  笑)

綺麗に燃えるためには一酸化炭素濃度6%どまりなのですが

アクセル少し開けると9%程燃料突っ込んでます。

カーボンが出やすい濃度です。

これが、125cc以下のバイクがほぼみんな、カーボンでやられる

原因なのですが、綺麗な燃焼にすると走らない。

びっくりするような加速はそこからきています。

ノーマルプラグがくすぶる状態のエンジンはイリジウムプラグ

入れると、すんごい加速します。(自己責任で)

カーボンの堆積は宿命なので、年に2回ぐらいカーボンクリーニング

してあげると良いでしょうか。

当店では、ワコーズ ヒューエルワンを使っております。

ハンチング(回転数が上がったり下がったりを繰り返すこと)

を起こした、アドレスV125は10km走っただけで直りました。

それにしても、いまどきの触媒はすんごい!

9%の一酸化炭素濃度が、出口ではほぼゼロ。

ま〜その分コストが跳ね上がってしまうんですけどね。

環境に優しくするって、大変ですね。

H様 年2回ですよ。  笑)



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ