菜食主義に関して  

原理主義的ベジタリアンと言うわけではありませんのだが、普通的に菜食と言えますごし、魚や肉類は週に何度程度です。体調がいいので、これのまま続けようとおもう反面、ウエイトトレーニングをやっていますので、たんぱくクオリティが十分足りていますのか非常に気になるです。(大豆等は摂取しているが)菜食主義に関して、ある説では統計的にみると早死にであるといい、またある説では野菜にも十分なたんぱくクオリティがふくまれており多種に摂取しています限定トラブルがない、等色々です。まあ、何事も平均が大切なんですけどね。詳しい方いらしたら、ご教授お願いいたしていきましょう。


居酒屋は親父たちだけの居場所でなくなった
野菜(主に穀物)からでも普通の暮らしに十分なタンパククオリティは取れます。しかし、豆ではなく、穀物が主体です。



例をあげると、パン等は100gあたり10g程度、ごはんであれば100gあたり3.5g程度含まれている。しかし、アミノ酸平均が良くないので、豆類(3.5g/100g)や牛乳(5g/100g)と共にとって平均を整える必要だ。ちなみに、1日の必須ボリュームは、おおよそ、体重(kg)×1.1g です。



しかし、ボリュームトレーニングの強度や要求する効率次第ですから、トレーニング前後に熟練テインを取り入れる等した方がよいとおもいます。そうでないのであれば、菜食主義でもとくにトラブルは無いとおもいます。パーマルイスも菜食主義者でしたし。
0




AutoPage最新お知らせ