2012/11/8

恋愛観について考える  

避暑地のように真夏でも涼しく、マイナスイオンがあふれていそうです。
恋愛をしたいと思っている人の中にはどういった時に恋愛観について考えるのだろうかと考えている人もいるかと思いますが、やはり恋愛観は自分の恋愛について考えるときのみ使うのではないかと私は思っています。
私が見る限りでは、とにかく奥さんに対して「●●ちゃん」や「きれいだね」と平気で他人の前で言いますから、それだけ愛情が深い人々が多いのだろうと思いました。
そういった気質を兼ね備えた京都人ですから、京都の男性がプライドが高く保守的と言われても納得しますね。

その男性はネットの出会い系サイトで、群馬県の女性に徹底して甘えることにしたのです。
ただし清水寺から飛び降りるのは禁止!(笑)
【金閣寺・銀閣寺(きんかくじ・ぎんかくじ)】
こちらも清水寺同様定番の場所ですが、京都に来たら行きたい場所ですね。
車や乗り物を使っていけない場所は、その分人の手が加わっていないので
自然の造形美に圧巻されてしまいますね。
その後は、色々なデートを重ねていたのですが、ある日、思わぬことを聞かされることになってしまいました。
標高が高いため、植物は ロックガーデン(高山植物)を楽しむ事が出来ます。

はちきんは特にそういう気質が激しいので、グダグダ言う様な態度は絶対にNG。
メールでやり取りをしている時は、顔は見えませんし文章のみで相手に好感を持ってもらえるよう努めなければいけません。
姉のような気持ちで、女性側がリードしてあげると上手くいくでしょう。
10代ということで恋愛心もあるようですから、それなりに恋愛はしているようで、どういった恋愛観を子供なりに持っているのだろうと聞いてみることにしたのです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ