最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/7/26

京都御所など、一般公開になりました!  旅・レジャー・アウトドア

京都御所の参観は、これまでは
・春と秋 5日間の一般公開で
・平日のみ事前申込で

このどちらかでしか、できませんでした。

それが、なんと! 今日 7/26(火)から、
年中、一般公開となりました\(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します

    私は一度だけ、一般公開の時に

クリックすると元のサイズで表示します

   参観したことがありますが、ものすごい人人…、

クリックすると元のサイズで表示します

     追い立てられるように歩かされ、
   ゆっくりと観賞なんてできませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

これからは、5日間に集中することがなくなりますので、
自分のペースで、ゆっくりと観賞できます。

このニュースの動画はここで見られます。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑         
京都トコ会館(上の地図の)から
ゆっくり徒歩で15〜20分です。

堺町御門・蛤御門のどちらから入ってもOK
9時〜17時(入場は16:20までに)で、月曜日は休みです。

9時〜30分間 参観して、20分でゆっくり歩いて
京都トコ会館に移動しても、
10時から始まるセミナーを受けられるのです!

なんてステキ、夢のようです!

これに先立ち、京都御苑内にある京都迎賓館も
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

一般公開され、自由参観可能に! 詳しくは⇒こちら

さらに、さらに!
桂離宮・修学院離宮と、京都御苑内にある仙洞御所も\(@@;/!

8/10(水)〜、当日受付でも
参観できるようになるそうです\(^o^)/

助産学生時代に、桂離宮と修学院離宮を
参観したことがあります。

他の観光地とはレベルの違う素晴らしさに
感激したことを、今も鮮やかに覚えています。

どちらも絶対にもう一度行ってみたいスポットです!
詳しくは宮内庁のホームページをご覧ください。

これらの公開の拡充は、外国人観光客を増やすために、
国の施設を積極的に公開しようとの
政府の方針を受けたものだとのこと。

私は先月の12日、東京駅から歩いて、
皇居東御苑を散策してきました。

ここは無料でいつでも入苑できます。
興味のある方は、こちらも見てね。
  東京駅⇒皇居東御苑 大手門⇒二の丸 本丸 外苑

京都御所・仙洞御所は、
すぐ近くにありながら、
隔絶された世界だったのです。

これを機に、京都トコ会館で、
次のような2日連続のセミナー・講演会などを
これからどんどん企画します。

11/2(水)午後 11/3(木)午前
詳しくはまた後日。ぜひお越しください(^o^)/~

ところで、旧仮皇居聖護院門跡寺院も一般公開されるのかな?
3

2016/7/25

初開催 助産力upセミナー  ・トコ企画セミナー

7/20(火)は、初開催の助産力upセミナー

前の晩に準備したゴーグル+サングラスをかけて
さっそうと、京都トコ会館内のセミナー会場に入場。

受付準備中の二人はビックリ!
           ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

        すぐに撮影してもらった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

午前中はグループワーク・パワポでの講義
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

午後はたっぷりと実習

   腹直筋離開の触診も
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   恥骨上端角触診も
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

メンテ“力”upセミナーの復習なので、

   この腹直筋離開の修復体操を含めて、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「すぐに終わる」と予測していたのに、
50分もかかってしまった!

これが誤算だった。

妊産婦さんを毎日丁寧に診ていれば
今さらこんな触診実習、
しなくてもいいはずなのに…_| ̄|○

  その後も、収縮輪触診の基礎練習や
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   分娩直後の骨盤輪支持実習や
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

分娩後の子宮収縮を促すケアなどを実習。

16時に終わりたかったのに、
16時半までかかってしまったが、無事終了。

終わってすぐに生駒の家に帰って、
夕食を摂った直後に就寝。さすがに疲れた。

翌朝まで、10時間半も熟睡。

内服している抗生物質のためか、
お腹の調子は悪い。

それに、目薬を何度も点眼したりで、
目もまだスッキリしない。

期限が迫った仕事をこなすだけで、
精いっぱいで、ブログを書く余裕などは、
全くない状態が続いた。

余談だが、この日の朝の近鉄電車の中で、
私の斜め前にいた若い女性が
意識を失って、倒れた。

私がすぐに手首の脈を診ると、全く触れず、
「心停止か!?」と一瞬ビックリした。

しかし、右総頸動脈はしっかりと触れ、ホッ。
これなら重体ではない。

仙骨を触ってみると、冷たく、ゴツゴツしていたので、
手を当てて、そっとゆすると、
1分もしないうちに意識が戻った。

「生理中?」と尋ねたが、「違う」と。
そんなことがあったのだが…、

帰宅時の近鉄電車で、
隣に座った中年女性から、声かけられた。

朝の電車の中で、この現場を取り巻いて、
「見ていたんです」とおっしゃった!。

何という奇遇!

朝のケアのことや、若い女性の体力のなさなどを
二人で、お喋りしながらの帰途となった。
4

2016/7/24

視力回復手術 -3-  体作り・健康増進

7/19(火)11時〜、両眼の検査。

受付で、昨日貰ったのと同じ点眼薬3種類を
「左目用」としてもらった。

左右の感染予防のため、右・左と分けるのだと。

クリックすると元のサイズで表示します

滴下口をまつ毛などに着けてしまうなど、
上手く点眼できない人が多いからなのだろう。

左の眼帯を外してもらうと、
両目で見えるようになった!

散瞳もしなかったので、短時間で終了。
同じビルの地下のお店で昼食。

生駒行きの電車を途中下車し、
青葉の社屋に寄った。

「トコちゃんのマタニティケアハンドブック」を
早く校了させないといけないので、
担当者と打ち合わせ。

明日、7/20(水)は初めての
「助産力upセミナー」をしないといけない。

昨日までは、「とても無理」
「誰かにレジュメを代読してもらおう」と
本気で思っていた。

でも、これくらい見えれば、
明日は大丈夫。良かった〜。

家に帰ってからもシーツ交換・洗濯…と、働けた。
それに、ナント、縫い針に白の木綿糸を通せた!

こんなこと、20年以上できなかったのに、感激〜!
嬉しくて、さっそく縫物を楽しんだ。

家事中も目にほこりなどが入らないよう、
ゴーグルをかけていると、安心して働ける。

気分がウキウキすると、
ついつい派手な服を着たくなり記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

我ながら、とても幸せそうないい顔をしていると満足。

私にこの手術を教えてくれたTさんから電話があり、
「しばらくは外出時はサングラスを書ける方がいい」と
アドバイスしてくれた。

確かにそう思う。
茶色いはずのマンホールの蓋が紫っぽく見えるもの。。。

それで、数年前に福井県内のサービスエリアで購入した
ワンタッチクリップ式のサングラスを思い出した。

クリックすると元のサイズで表示します

厚みのあるゴーグルなので、
「付けられるかな?」と心配したが、ピッタリ!

クリックすると元のサイズで表示します

これをかけた写真はこちら

おっと、新しいセミナーのパワポ、
まだ完成していないんやった〜(^^;
3

2016/7/24

視力回復手術 -2-   体作り・健康増進

7/18(月)、前日同様14時〜、左目の手術。

「眼帯を外してもらったら、右目がちゃんと
見えるようになっているんやろか?」
との一抹の不安抱えながら、クリニックに。

懇切丁寧に説明してくれる受付嬢に、
これまで使って来た抗生剤の点眼薬を返却。

新しく、術後用の点眼薬3種類をもらった。
点眼薬の管理も、キッチリしている。

その後、視能訓練士の男性に、
眼帯を外してもらったら、見えた! ホッ。

でも、眩しくて眼を開けているのが辛い。

数分すると、携帯電話の文字を読めるようになり、
感激! 嬉しい! 良かった〜\(^o^)/

術前は、眼鏡なしでは読めなかったのに、
何年ぶり?

左目の手術中の担当視能訓練士は、M氏(^0^)

前日に経験済みであることと、
最初の検査の日からの担当カウンセラーである
M氏が付いていてくれる!

そうと思うとすっかり安心し、
手術の最初から最後まで、
指全体をふんわりと組み続けられた。

手術最後の消毒と軟膏の塗布も
前日はすごく沁みて痛かった。

夏井睦医師の著書『傷はぜったい消毒するな』
の考えから言えばこれは不要?

こんなに沁みるなら、左目の時は
「消毒と軟膏塗布はいりません」と言おうかな?

と、かなり真剣に思ったが、
それを言う勇気はなかった。

ところが、今度はいつ消毒と軟膏塗布をしたのか
全く分らないうちに、手術は終了。

沁みもしなければ痛みも無し。
不思議だった。

術後のしんどさも、ごくわずかで、
受付前の椅子に座って休む必要もなく、
すぐに帰宅できた。

帰宅後はパソコンに向かう元気が残っていたが、
昨日手術を受けたばかりの右目だけでは、
見づらくて、そそくさと就寝。

右目にゴミなどが入らないよう、
外出時や室内でも、人が多いところでは、
このゴーグルを1カ月間、貸してもらって使用する。
                         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
4月に「手術室はかなり寒い」と
M氏から説明を受けていたので、
両日、長袖詰襟の久留米織の服で。

近畿は梅雨が明け、午後からは生駒も
猛暑となったが、この服だと涼しくて助かった。

布団の上で寝転んでいると、
21時少し前、夫が富山から帰宅。

買って来てくれた食べもので、
2人で遅い晩御飯を摂った。
3

2016/7/24

視力回復手術 -1-  体作り・健康増進

ブログから1週間の御無沙汰、その理由は。。。

大阪駅近くの神戸神奈川アイクリニックで、
7/17(日) 右目、18(月) 左目の、
水晶体屈折矯正(多焦点眼内レンズ入れ替え)手術を受けたから。

私は軽度の白内障はあるものの、
まだ手術対象となるほどは悪くない。

しかし、遠視・近視・乱視で、
40代半ばから眼鏡をかけているのだが、すぐにずれる。

その理由は、助産学生時代に右鼻骨骨折をしてしまい、
左右の鼻骨の高さが違うから。

軽い眼鏡はすぐにずれ落ち、
ずれない様にしっかり固定される眼鏡をかけているため
鼻骨と両耳の上の骨に圧痕ができている。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
                骨折していない左の方が圧痕がひどい。

そのせいとしか思えないほど、
目と頭の疲れがひどく、集中力が続かない。

しかも、眼鏡はとても不便。

整体セミナーでは、私はうつ伏せで、
受講生の整体受け手となることがしばしば。

特に実技試験では、うつ伏せになっている時は眼鏡を外し、
1人終わると、点数を記録するのに眼鏡をかける。

その繰り返し…。

最悪、眼鏡を実習中に踏まれたり、
自分で踏んだりして、
破損なんてことも、何度かあった。

二十歳過ぎまでは、視力は両眼とも1.5で
とても良く見えてただけに、落差が大きい。

「眼鏡なしで良く見えるようになったらいいのに」
と思っていたところに、このような手術があることを知り、
受ける決心をしたことは、ここに書いた通り。

4/1に検査を受け、「手術はお盆に」予定していたが
「医師のシフト上できなくなった」と
電話連絡を受けたのが6月中旬。

「年内の手術は無理かも…」と、_| ̄|○

だが、日程表をよくよく眺めると
富山セミナーを想定して空けていた日程が
そのまま空いていた。

富山が1週間早い日程で決まったため、
7/17(日)〜19(火)と24(日)を確保できた!

手術の2日前から、1日4回、抗生剤の点眼
前日から禁酒。

前日にはいつもの理髪店で、
超ショートにカット、

こんな時に夫は(土)〜(月)の夜まで
私と入れ替わりに、富山に出張でいない。

ご飯を作ってもらえないので、
2日間の昼食の準備もし、準備万端。

7/17(日)の手術当日も朝・昼と点眼し、
生駒の家を出発し、東梅田駅へと向かった。

4月は地上を歩いたが、今度は地下街を通って
外気に触れることなく
OSビルの地下でエレベータに乗り、17階へ。

14時少し前にクリニックに到着、

内服薬の抗生剤1種類をもらい、
瞳孔を散大させる点眼を、10分間間で4回。

執刀医 北澤先生の診察後、
視能訓練士の男性に誘導されて、
手術者のようなガウンと帽子を着用して
椅子に座って待っていた。

4/1(金)に検査を担当してくれた、
視能訓練士・カウンセラーのM氏の姿が見えない。

「今日は休みなのかなぁ?」と、
ちょっとガッカリ。不安・緊張。。。

すると、そさきほどの訓練士さんが、
手術直後の高齢男性の両手を引いて、私の前を通った。

そのとても優しい丁寧な誘導ぶりに、
しばし見とれていると、
私の緊張感も和らいでいくのを感じた。

麻酔薬の点眼も終え、いよいよ手術室に入室。
歯医者さんの椅子のような手術椅子に座ると
間もなく北澤先生と看護師さんが入室。

「緊張していますか?」と、尋ねられ
「いいえ、全然」と返答したものの…、

手術が始まり、開眼器で開かれた目は瞬き不能で、
お腹の上に組んだ私の両人指し指は、ピンと伸びたまま。

眼球に冷水をかけ流し状態で、
オーロラ(?)のように美しく渦巻く
白・赤紫・黒の光を見つめながら
5分ほど(?)で手術は終わった。

術中、北澤先生が経過説明しながら
「順調に進んでいますよ〜」と声をかけて下さり、
不安はないはずだが、
最後まで人差し指の緊張は、緩むことはなかった。

右目を眼帯で覆ってもらい、手術室から出て
「すぐに帰ってもいいですよ」と言われても、
とても外を歩く元気はない。

20分間ほど、受付前の椅子で休んでから、
地下鉄東梅田駅に向かった。

生駒の自宅に帰宅後、
途中で買って来たお弁当を食べるとそのまま、
18時過ぎから、翌朝の8時過ぎまで、昏々と眠り続けた。

起きてからは使いなれた眼鏡をかけて
パソコンの画面を、
左目だけで見られるくらいに、元気になった。

   セルフタイマーで記念撮影
            ↓
   クリックすると元のサイズで表示します
3

2016/7/17

一般対象骨盤ケア・ベビーケア教室  セミナー・クラス(一般対象)

クリックすると元のサイズで表示します  
トコ助産院・トコ・カイロプラクティック学院   全国は上の地図をクリック
    (京都・名古屋)
                  
東京でのらくらく育児クラス の開催は
こちらに書きましたように、9月を最終とします。

京都は当分、私が講師のまま、このクラスで続けます。
できるだけ、
トコ助産院トコちゃん教室 & shop ・出産施設など
おひなまきの使い方やまるまる抱っこの練習をし、実施してから
参加されますようお勧めします。

今後の日程 (クリックすると大きくなります)
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
 ↑
 9月の日程に間違いがありましたので差し替えました。

赤ちゃんの抱き方、寝かせ方などについては
これらの本 ↓ に載せています。

ここでしか買えない    安産と育てやすい子を産みたいと
骨盤ケア入門決定版     願う妊婦さん向け
  ↓             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑        ↑
          妊娠中から読む育児本    まるまる育児本

「妊娠中に“おひなまき”などの予習をしたい」と思われる方は、
新生児ケアセミナーに、ぜひお越しください。

最近、よく話題になっているこれらの本によると、

    【A】↓                   【B】↓
クリックすると元のサイズで表示します

【A】
「子どものためにいつお金を使うのが、
大人になってから、その子がしっかり稼げる人になるか?」
という調査では、
「生まれる前にお金を使うのが、もっとも効果が高い」
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

つまり、母体を健康にするためや、精神的にリラックスできるように
お金を使うことが、最も効果的だと、
著者の中室先生はおっしやっているのです。

【B】
私がこれまでの人生の中で出会い、
講演を聞いた中で、「最高に聡明な医師!」
とあがめる、井村裕夫先生の本。

「人の体は遺伝子だけで決まるのではない。
胎児〜少年期にどのように育ったかが
大人・高齢になってからの健康に影響する」

ことなどが書かれていて興味深い。

井村先生ことはこちらにも書いています。

・・・・・・・・・・

「妊娠中から母体のケアしないといけないなんて…知らなかった」
「もっと早く知りたかった」と、嘆かなくてもいいように、

納得のマタニティライフ・納得の子育てを、ぜひ、あなたも!

  詳しくは⇒12/4  12/13 をお読みください。

トコ助産院のクラスの詳しい様子はブログをご覧ください。

京都トコ会館内のヨガ以外の全日程表

ヨガも(月)〜(土)、毎日しています。

18時〜のクラスもやっています。スケジュールはこちら


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

■申込み・問い合わせ

京都 ⇒ 電話 075―257−5373 

東京・名古屋 ⇒ kenbi_nagoya★ybb.ne.jp
                  ★を@に変えて送信してください。
46
タグ: 赤ちゃん 骨盤 妊活

2016/7/15

らくらく育児クライス@東京高輪  セミナー・クラス(一般対象)

7/14(木)は東京高輪サロンでのらくらく育児クラス。
6組の母子と、スタッフは私とアシスタント4名。

クリックすると元のサイズで表示します

生れてすぐからでなくても“まるまる”で育った子ばかりなので
あまり激しく泣くこともなく、順調に進行したが、、、。

今回は、まだ頸がしっかり据わっている子がなかった。

4カ月未満の子は、まだ据わってなくてもいいとしても
5か月にもなれば据わっていてほしい。

もちろん、「反る」「首が据わっているか心配」との理由で
このクラスに来られるのだから、すこぶる当然。

施術後には反りかえらなくなり、首が据わり、
受け身が取れるようになる子が多い。

なので、全ての子たちに“まるまる育児”で育ってほしい。
そして、
まるまる育児のアドバイスができる人が、傍にいてほしい。

そんな夢はまだまだだと思っていたが、

だんだんと妊娠中の骨盤ケアの大切さを訴える
全員参加した方がいいトコちゃんベルトの記事や、

クリックすると元のサイズで表示します

まるまる育児の大切さを訴えるこんな記事も増えて来た。

それにしても、乳腺炎を起こしやすいスリングがあるとは
驚き!

このブログを書いている江尻さんのコラム、
こちらから読めます。

トコ会館でも江尻先生のスリング講習会をしてもらったことがあり、
その記事はこちらからご覧いただけます。
5
タグ: 妊娠 赤ちゃん 骨盤

2016/7/15

宇奈月ビール到着  グルメ

7/15(金)は京都施術。

黒部宇奈月駅に隣接した地域観光ギャラリーから発送した
宇奈月ビールが届いていた。この3缶入り4箱。

クリックすると元のサイズで表示します

宇奈月ビールを知ったのは2014年のお盆、
宇奈月屋で飲んだ宇奈月ビール“十字峡”

あまりの美味しさに息もできなくなった。

それでお土産に缶ビールを買ったのだが、
残念ながら瓶ビールほどではなかった。

でも、他のと比べれはやはり美味しかった。

めったに飲まなくなったビールだが、
飲むなら美味しいビールを飲みたく、購入した。

これらのコンクールで上位を独占しているのは頷ける。

クリックすると元のサイズで表示します

2015年はどうだったのかと思ったが、やはり上位入賞していた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

生駒の家にたどり着いたら、
夫は私と入れ違いに富山に出張。なんちゅうこっちゃ。

それなりの肴があるときに、一緒に味わおう。
5

2016/7/13

高輪カイロ9.10 試作品を試着  ・トコ・カイロ学院セミナー

7/12(火).13(水)は東京高輪サロンでの
カイロプラクティックセミナー9.10課程

9課程はベビー。
赤ちゃんの観察・ケア・調整法を実習。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
この上野順子助産師開発の、最新法を皆で実習。詳しくは⇒こちら

ピンピンに脚を伸ばして、膝を曲げてくれない子も、
こうしてかかとで布を蹴らせておくと、短時間で丸く包める。

それと両日、新製品の試作品を受講者に試着してもらった。

すこぶる好評で、同じビルの地下にある店に食事に行く際も
外したくない二人は着用したまま、ストールを腰に巻いて隠して。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
     反対側の階段を駆け下りた私は、
  カメラを構えて、降りて来る二人をパチッ!

さぁて、この腰巻の下には何を着けているでしょう?

あと何カ月後かには、発売されると思いますが…、
請う、ご期待 (^o^)/~

久々の洋食屋さんで、煮込みハンバーグor ポークソテーのランチ。
これに、クリーンサラダ・ご飯・飲みもの(コーヒーか紅茶)が付く。

クリックすると元のサイズで表示します

年に1〜2回くらいしか入らないこのお店。
たまに入ると嬉しい気分。

ここでコーヒー・紅茶を飲んでも、3時にはやはり
「先生がいれたコーヒーを飲みたい!」と言う受講者たち。

個包装のドリップ式コーヒーを使っていれるのだが、
ちょっとしたコツの差が物を言うのか、
私のいれたコーヒーは美味しいのだと。

実は、私もそう思う(~_~;)
なので、できるだけ私がいれる。

翌日の10課程は試験なので、
いつもの魚屋さんのお弁当。

そして、前日に来てなかった人が、試作品の試着。
またまた大好評を博し、「先行販売して〜」と熱望。

筆記試験は全員合格。

その後、またまた仙骨のスプリングテスト19種
S1調整の実習。

「2日実習して初めて分った」「恐るべしS1!」と、
S1調整の効果の凄さを分ってもらえて良かった。

この技術はこれまでの技術以上に、
大いに使ってほしい。

高輪での次の総合カイロセミナーの日程は未定。

名古屋では、8/25(木)〜スタート、定員残わずかです。

受講希望の方は
名古屋事務局 kenbi_nagoya★yahoo.co.jp までお知らせください。
                  ↑
               ★を@に変えて送信してください。
4

2016/7/12

黒部宇奈月駅⇒長野⇒東京  旅・レジャー・アウトドア

7/11(月)、魚津市でのメンテ“力”upセミナー終了後
竹内華子さんに車で黒部宇奈月駅まで送ってもらった。

新幹線「はくたか」に乗車予定だが、
本数が少なく、1時間以上の待ち時間あり。

華子さんに教えてもらったここで、まずはコーヒーを飲んで一休み。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

お土産に宇奈月ピールを買い、京都に送ってもらった、

ごく軽い糖質制限を始めてから、
ビールを飲むことが滅多になくなり、
飲んでも「美味しい」と思わなくなった。

でもやはり美味しいビールが飲みたい。
それは宇奈月ビール(^_^)v これ以外にない。

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
      あたりの写真を撮り
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

コンビニで車内で食べる軽食も買って、
高〜い階段をエクササイズと捉えて、昇ると

       美しい夕陽
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

生駒は山に日が落ちるし、それ以外は都会暮らしなので、
こんな夕陽を見ることがない。

    各駅停車の「はくたか」がやってきた
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

7/9(土)の夜も、金沢⇒富山は新幹線「はくたか」で移動したのだが、
何度も通ったコースで真っ暗な中だったので、何の感激もなかった。

でも、通ったことのない路線を通るのはワクワク。

勇壮で男性的な富山の山々を眺めているうちに、

クリックすると元のサイズで表示します

すぐに糸魚川駅が近づき、海に沈む夕日がいっそう美しくなった。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここまでは在来線で何度も通った。
ここから上越(直江津)ではなく、妙高高原に向かう。

上越妙高駅を過ぎると、富山とは違った穏やかな山並み。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここを過ぎると妙高のお腹を貫通する長いトンネル。
トンネルを抜けるとすぐに飯山駅。

飯山駅を過ぎ、長野駅が近づく頃には暗くなり、
                街の灯りが見えだした。
                          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

長野駅からは何度も新幹線で東京まで移動したし、
真っ暗で景色も見えない。

この記事が「旅・レジャー・アウトドア」のカテゴリ?

でも、“鉄子”の私にとっては
糸魚川⇒長野までの景色を眺められた、素敵な旅だった。
3

2016/7/11

メンテ“力”upセミナー@富山県魚津市  ・トコ企画セミナー

7/10(日).11(月)は、富山県魚津市の新川文化ホールでの
メンテ“力”upセミナー。

この会場ではもう何度も(10回くらい?)セミナーに来ているが
今回は2年ぶりで、ずいぶん久しぶりの感じ。

受講数は、1日目は42名、2日目は37名で、
今回は石川県…13名、新潟・神奈川…各1名

作業療法士…5名、理学療法士…3名
医師・保育士・介護福祉士・カウンセラー・医療事務…各1名

これ以外は助産師で、珍しく看護師の受講は0だった。

両日アシストしてくれた、
楽nico助産院院長 林友美さん⇒クリックすると元のサイズで表示します

今回は妊婦4名、赤ちゃん連れ3名があり、
賑やかで、母子色の濃いセミナーとなった。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

1日目の昼休みに、

「胎児の姿勢が気になる」という妊娠30週の妊婦さんの
お腹を診察し始めると、
受講者全員が見学に集まって来られた。

今どきの妊婦さんにしては珍しく
腹直筋離開もなければ、胎児の姿勢も良好。

赤く染めた長いさらしをお腹に巻いているのが、
気になった私は、体の捻じれを作らない私流の巻き方を伝授。

むしろ、すぐそばに座っていた妊娠33週の妊婦さんの
体型の方が気になった私は、

「きっと腹直筋離開していると思う」と声掛けると
診察モデルになってくださった。

膝を曲げて寝て、お腹を覗き込んでもらうと、
シャツの上からでも、約10cm幅の盛り上がりがハッキリ分った。

私がその範囲を指で示し、
「こんなに大きく離開しています」と説明し、

「胎児の膝はピーンと伸ばしています」と説明すると、
見学者から「えーっ」などの驚きの声。

本人も「離開しているとは思ってもみなかった」と。
ほんまに、私にとっては驚き。信じられない。

多くの助産師に尋ねても、ほとんどの人が
「見たことがない」「習っていないから知らない」と言う。

「何を観察して働いているのだろうか?」
「習っていないから仕方がないのだろうか?」
「変だとも思わないのだろうか?」と、

私には不思議なことばかり。

見えているはずなのに、意識的に観察することもなく、
気にもせずに、何年間も働いている人が多いようだ。

2日目の開講前、その妊婦さんに“おなかまき”1枚と
レッスンベルト1本とで、腹直筋を寄せるように腹部を支えた。

午後になって、腹直筋の触診実習をし、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

“おなかまき”を着けたまま、腹直筋離開修復体操をすると
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

離開の幅は3cmくらいに改善した!

   福岡同様、富山のお弁当も豪華。1日目。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    1日目の米飯          2日目の米飯
       ↓               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ご飯が少なめで、ご飯がおいしいおかずが多く、ほぼ完食。

クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
             2日目

    2日目終了後、トコ企画講師で、作業療法士の
           竹内華子先生と記念撮影
               ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

今年の春〜夏は富山でのトコ企画セミナーが続き、
いずれも受講者が多い。

富山のケアギバーの皆さんの元気を
私も頂かないとね〜。
6

2016/7/10

魚はやっぱり富山、魚津が美味い  グルメ

7/9(土)は朝の空手の後、10時から17時過ぎまで、20名を施術。
すぐに移動準備をし、京都駅に向かった。

金沢までの特急サンダーバードの切符を買って、
2時間5分で到着。ここまでは楽なのだが…。

北陸新幹線ができて、金沢〜魚津まではJRではなくなり、
「あいの風富山鉄道」の
「あいの風ライナー」に乗る予定にしていたが、
何と(土)(日)は運休と!

やむなく新幹線に乗り、車内で清算し、
富山駅で「あいの風富山鉄道」の普通列車に乗車。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

以前は特急1本で、楽に移動できたのに、
すっかり不便になった京都⇒魚津。

おまけにどの車内でもワゴンでの販売はなし。

京都から持ってきたお茶とお菓子のおかげで、
何とか空腹をしのぎ、21:33にようやく到着。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

7/10(日)、2年ぶりの魚津でのメンテ“力”upセミナー
1日目終了後、地元の有志と食事に。

人口比全国一居酒屋が多いといわれる魚津。

これまでもいくつかの店に入ったことがあるが、
どの店も美味しく安い。
今日の店は⇒クリックすると元のサイズで表示します

      色合いは京都や金沢と比べると地味だが、
         イカの麹漬は美味しく私好み。 
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

             お刺身はキトキト
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   私が好きになれなかったタチウオも、
臭みがなく、身が締まっていて香ばしい。完食!
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

          和風サラダ
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ハモと白身魚のしんじょうのおすまし。京都の味や。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
でも、食器が重くて形も食べにくい。お椀でいいのに。

   ゲンゲやシロエビなど、富山湾の幸の天ぷら
             ↓        
クリックすると元のサイズで表示します

          ウナギの酢の物
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    うんと小盛りにしてもらったお茶漬け
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

         アイスクリーム
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

完食して、いっぱいおしゃべりをして解散。
ホテルまでの道に、ホタルイカ表した蛍光アート。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   すぐに駅前のロータリーに到着。
            ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

2年前のじゃんとこい祭りが懐かしく思い出される。
死にそうなほどしんどかったけど、きれいで、楽しかったな〜。
4
タグ: 富山 魚津

2016/7/9

空手-17回目- 初めて道着で  スポーツ・武術

7/9(土)は空手、7/2に届けていただいた真新しい道着は
大きくてバリバリに硬い。

スタッフに2度水洗いをしてもらったが
まだバリバリで、大きい。

ズボンのウエストは折り返して
骨盤輪で紐を締めたら何とか履けて、気持ちいい。

  「空研塾=空手技術研究塾」の刺繍が入った
   残りわずかな道着を着られて、満面の笑み!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

汗が出ない私は、暑い夏は道着を着て空手をしたら
熱中症で気を失う。

「記念撮影だけにしよう」と思っていたのだが、
幸い小雨で涼しく、最後まで着てお稽古ができた。

武士の着る鎧兜は重いはずなのに、
「いつまでも着ていたいくらい気持がいい」
と聞き、
私も一度体験したことがあるが、同感だった。

それと同じ感じで、道着を着ると
とても動きやすくて、気持ちがいい。

途中裾を踏んで転びそうになったので裾も折り曲げ
袖も長くて暑いので、折り返して。

動きと共に揺れる青帯が鏡に映って
そよ風のように爽快。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
「う〜ん、男前! ナイスガイ!」と、写真見て自己満足。

書きかけデス。
写真もこの後いっぱい載せます、また見に来てね。 
4
タグ: スポーツ 武術 運動

2016/7/7

バトンは上手く回せなかったけど、実技は上手かった@名古屋ベーシック  ・トコ・カイロ学院セミナー

7/7(木)は名古屋サロンでのベーシックセミナー第10課程
つまり、最終日で試験日。

10時の開講前から、集まってきた人が、それぞれバトンを回し、
腕〜指を動きやすくして、実技試験が上手くできるよう、
準備体操にいそしんでいる。

クリックすると元のサイズで表示します
  ↑                             ↑
         ピンクや空色の可愛いバトンは、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

人の体触って診察するにも、関節の動きを検査するにも、
診察者の肩〜腕〜手指が、滑らかに動かないことには
正しい診察はできない。

滑らかにするために最適なのが、バトンやヌンチャクで、
女子はやはり、楽しく達成感を味わえるバトン。
基本は「8の字回し=フィギュアエイト」⇒クリックすると元のサイズで表示します

ベーシック終了までには「リバースエイトフローリッシュ」が
できるようになってほしいのだが、
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今回は上手く回せたのは復習受講者のOさんのみ。
他の人達はAとBの位置で上手く回せず、連続性も全くない。

京都は会場が広いので、練習しやすいということもあるが、
2015年11/12の京都では、全員がおおむね上手く回せた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今回の名古屋は、何ということや…、
「これじゃぁ…実技試験に合格できるか?」
との心配は、無用だった。

実技は全員上手くて合格。

試験後に聞いたところ、
浜松・安城・小牧などの各地で、
自主練の会を開いて練習したとのこと。

バトンは上手く回せなかったけど、
実技試験は全員合格できて、良かったね。

筆記試験は残念ながらそうはいかなかったけど、
皆さん頑張りました。最後に全員で記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の名古屋べーシック合格者のほとんどが、
8月下旬からの、カイロプラクティックセミナー@名古屋に
進む予定。

カイロは診察も施術もうんと難しくなるので、
引き続き、バトンの練習を続け、
上手く回せるようになってもらいたいもんや。
4

2016/7/6

皆上手い! 京都カイロ  ・トコ・カイロ学院セミナー

7/5(火).6(水)は、京都でのカイロプラクティックセミナー
第5.6課程は頸椎・後頭骨

      上部胸椎は、先月に実施
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

開講前に四条烏丸に行くと、
祇園祭の提灯が飾られていて、朝から暑い〜。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
       でもトコ会館内は空調がいいので涼しく、
            7/5(火)は講義と触診実習

触診といっても脈診からで、総頸・外頸・内頸・顔面の各動脈

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ところが皆、左右差が大きかったり、
動脈の走行が普通でなかったりで、初心者には触診困難。

そんなわけで、脈診実習のモデルも私がならざるを得ない。
私で実習した後は、ようやく皆、お互いにできるようになった。

「こんなことは看護学生時代にできるように
しておいてほしいんやけどな〜」と言うと、

「教えられる先生がいませんよ」と返される。
そうやな〜、それが現実や。

お昼ご飯は皆でテーブルを囲んで、楽しく、美味しく。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    午後は、後頭骨・頸椎の触診実習
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      6(水)は、私のカイロの師匠、
  山崎先生に来ていただいてアジャストの実習
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これまた「少しのズレがあるくらいの正常に近い体」は
私だけなので、私がモデルになって
皆さんに私の指示通りに実習してもらった。

すると、私の頸・目の調子はとても良くなり、爽快に。
そのまま爆睡…、その間も、山崎先生一人に頑張ってもらった。

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
昨日の撮影者嵐さんと、山崎先生も囲んで、記念撮影。
少人数だが、初受講者が4人なので程好い人数。

ベーシックでバトン回しや触診実習などを
しっかり習得した人ばかりなので、上達が早い。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ