最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/2/25

まるまる抱っこ・口・舌@高輪らくらく育児クラス  赤ちゃん・子ども

2/25(木)の午後は高輪サロンでのらくらく育児クラス
6組の母子とアシスタント助産師3名が参加。

いつも、クラスが始まってすぐにまるまる抱っこ。

  背中〜お尻〜膝裏が「C」の字になっていると、
   機嫌がよくリラックスした表情が見られる。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
          どちらも「C」
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       おおむね「C」だが、「J」に近い
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

        「J」より「L」に近い
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       「L」。だが、「V」よりまし。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

              「I」
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

まるまる抱っこの手で項(うなじ)と膝下を左右の肘で支え、
スクワット歩行をすると、すみやかに「C」に変わった。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

強い腹筋で胴体を丸める筋力がないと、
転んだときに頭を守れない。

「I」「L」の姿勢で抱かれていると、
背中の筋肉が硬直し、腹筋が育たない。

強く反って丸まれない子に、
腹直筋離開が高頻度で見られる。

しかし、今日の赤ちゃんは頑固な反りもなく
強い腹直筋離開もいない。

寄り目や左右の眼の大きさの違いが目立つ子もいないのだが、
口や舌のゆがみが目立つ子が多かった。

泣かなければ目立たないのだが、泣き始めると下唇が左に流れるAちゃん
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    泣き始めると舌が尖って左に流れるBちゃん
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   激しく泣くとBちゃんの舌は巻き上がって「お椀型」に
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     さらに泣き方が激しくなると、舌の上の隙間が消失
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
泣き声もこもってしまい、うなり声のようになってしまう。

            良好な舌は
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
       泣いてもフンワリ軟らかい薄い皿型
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

全体での講義と実習終了後、希望者のみ個人ケアと指導。
口・舌や、背中の固さや、反り、首の据わりが改善。

現代の妊婦さんの体型では、
胎児が完璧にいい姿勢で過ごせる子宮環境を望むのは難しい。

なので、らくらく育児クラスに参加する赤ちゃんのゆがみは
まるまる育児で育った子でも、けっこう強い。

でも、そんな子は、頭も丸く向きぐせもほとんどなく、
体の硬直も大したことがないので、症状の改善も早い。

丈夫で賢い子に育つよう、まるまる育児はぜひ励行してほしい。

気になる症状がある場合や、
完璧かどうかを確認するためにも、
最寄りの「まるまる育児クラス」
「らくらく育児クラス」などに参加してほしい…、と思うばかり。
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ