最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2017/6/8

帽子修繕  その他つれづれ

2014/1/5、伏見稲荷の屋台で買って来た、大島紬の帽子。
                          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大島紬なのに3,500円と安く、
軽くてふんわり。

冬は暖かく、夏は涼しく、
たくさん持っている帽子の中で、
最も愛用し続けて、2年。

ツバの縁がスリ切れそうになってしまった。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                                 ↑
           てっぺんの部分がこのようになっているので、
             3月に入ってから、百均ショップで
              よく似た色の裾上げテープを購入。

4月上旬、テープを1/3に折り、
片面をアイロンでツバの「地面」に密着させ、
2重の方は「天面」にまつりぐけにした。

クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
      これを機に、木製の長方形のボタンを、
      半透明の丸みを帯びた菱形のに替えた。

きれいになった! 嬉しい\(^o^)/

それから毎日のようにかぶっていたら、
日ごとに左耳の上あたりの布地が、ボロボロになって来た。

裏地のメッシュが見えるくらいの穴になり、
放置したらもう捨てるしかなくなる…困った(:へ;

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そこで、裏地のメッシュの縫い目ほどき、
ツバの縁どりにしたのと同じ裾上げテープを使い
アイロンでツギ当て。

クリックすると元のサイズで表示します

     すると、少しましになった。

クリックすると元のサイズで表示します

痛んだ布地の部分はモチロン目立ってはいるが、
いちいち詳細に観察する人もいないやろ?

クリックすると元のサイズで表示します

ぬるま湯と台所用洗剤で洗濯し、
スッキリ。

よしよし、これでまた2年間くらいは愛用できそう(o^-‘)b
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ