最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2017/9/16

高輪ベーシックを終えて思うこといろいろ  ・トコ・カイロ学院セミナー

5/19(金)〜始まった高輪サロンでの総合ベーシックセミナーは
9/16(土)、最終日を迎え修了試験となった。

今回の(も?)アスタントは小林いづみ助産師で
この間、操体法の新しい工夫などを教えてもらった。

バスタオルを使っての肩上げの操体法は、
肩にかけるより、腕にかける方が、
S字状彎曲の弱い(ない)背骨の人には
やりやすく効果があるのだと(@o@)
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
この方法でもまだやりにくく、効果を感じられない人には
S字フックを引っ掛けて、重りを吊るすとやりやすいのだと(@o@)

しっかりしたS字状彎曲のある背骨の私には
こんなこと思いもつかない。

解剖学的に正常とされる私のようなヒトが
圧倒的に少数派となりつつある現代、
橋本敬三先生考案のオリジナルな操体法は、
ますます通用しなくなってきている。

こんなことを小林さんに教えてもらえて、
私も大収穫。

同様に、私が看護・助産学生時代に
教えてもらった妊産婦の診察法も、消えつつある。

学校や職場で教えてもらった助産師は、ほぼ皆無。
打診による妊娠中期の子宮の形や、胎児の姿勢の診察法。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「高い授業料を払って4年間も在学したんやったら
教えてもらって当然」と思うことを教えてもらってなくて、

トコ・カイロプラクティック学院という
「整体を教えるべきところで、妊産婦の診察法を
一から教えなくてはならないなんて…」と
いつも思いつつ、
「私が教えなかったら消えてしまう」との危機感で教えている。

クリックすると元のサイズで表示します

胎児心音聴診器(トラウベ)で私の心臓の音を聴取する実習。
これで聴けるようになれば胎児心音は聴ける。

医療検査機器を使って検査できればOKではない。

それでは分からないことも
手や耳を使ってわかることがたくさんある。
「それができなくて助産師と言えるのか?」といつも思う

修了のための実技試験では、
関節可動域の大きい私の動きを、
検査しきれない受講生が続出。

私のように良く動ける妊産婦が、
整体を希望してやって来ることはまずないとは思うが、

あまりにも動かしてもらえないので
動かせそうな人に「行き止まるまで動かしてみて」と言って
小林さんに撮影してもらうと、こんな感じ

クリックすると元のサイズで表示します

「迷惑なほど動く」「越境禁止!」
「空手を始めてからますます動くようになった」とは小林さんの言。

クリックすると元のサイズで表示します

9人の受講生も小林さんも、
私と比べると比較にならないほど、
動きが重く、可動域が小さい。

私より10〜34歳も若い人ばかりなのに…、困ったもんや〜。

筆記試験では全員合格だったのに、
実技試験では、3人は合格させられなかった。

不合格の3人は動きに滑らかさがなく、
その上、動ける範囲が小さく、
正確な検査や快適な施術ができない。

復習・更新のために受講した3人も、
「私も1回では修了できなかった」と口々に。

でも、何度も何年もやっているうちに上手になり
健康になり、美人になった。

1/25(水).26(木)月に復習・追試・更新の日程を設定したので、
そこで合格できるよう、体作りと練習に励んでほしい。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ