最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/6/14

自家栽培のイチジク・ビワ  グルメ(自宅)

6/13(水).14(木)は生駒で休日。

でも、のんびりとした気分にはなれず。
なぜなら、
15(金)の仙台セミナーに向け
14(木)の夕方には生駒を発つ。

それまでに溜まった仕事を片付けないと。。。

13(水)夕方、夫がトコガーデンから
大きなイチヂク(花無花果)を、
採って帰って来た。

もう1〜2日 待てばネットリと甘くなるのは
分かっているのだが、
今日でないと私の口に入らないからと。

おぉ、ありがたい!

「あっ、そうや、うちのビワはどうなったやろ?」と
外に出てビワの木を見上げると、
黄色く色づいたのが、2×2=4個 見える

昨年の我が家のビワは大豊作だった。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
小ぶりだが味が濃くて美味しいので、
京都の長男や、しるべえ塾長にも
たくさんおすそ分けした。

近所のビワも東大阪のトコガーデンビワも
どこの木々もたわわに実っていた。

ところが、今年は3房しか花を付けず、
緑色の小さい実は6×3=18個ほど
確認できていたのだが、
4個を残して、他は実る前に落果(T‐T)

クリックすると元のサイズで表示します

ビワは例年通り、濃い味で美味。
花無花果は、サクサクほんのりとした甘さで、
これはこれなりに美味。

来年はビワの当たり年になるかな?
それを楽しみに、
伸びすぎの枝も切らないことにしよう。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ