最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/7/9

感激!イブニングセミナー@周産期・新生児医学会  その他のセミナー(ケアギバー対象)

こちらでお知らせした

第54回日本周産期・新生児医学会学術集会

イブニングセミナー

人生を左右する胎児期 〜DOHaDから学ぶ〜


が、東京国際フォーラムで開かれた。

広くて迷路のようで、
講師控室に辿り着くまでが大変。

全員が15時までに無事揃って、
自己紹介などをしながら打ち合わせ。

16:10 開会のアナウンスは
私がする予定だったのに、

座長の金山尚裕先生(浜松医科大学教授 副学長 病院長)
服部律子先生(岐阜県立看護大学 教授)
のお二人が壇上に上がられ…、

と同時に、あれっ、
金山先生が開会のアナウンス(@@)
時間を少しでも節約するためでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、西日本豪雨のためもあってか
学会参加者が少なかったらしい。

300名余りの来場者があったそうだが、
何しろ会場が600席という広さなので、
空席が目立った。

しかし、内容はこれまでのどのセミナーよりも
内容が深く、感動的だった。

特に、第1演者 菅 里奈 先生 まーこっこ助産院院長の
「潰瘍性大腸炎の私は、今や二人の息子を持つ逞しい母」は

クリックすると元のサイズで表示します

座長の服部先生から「感動しました!」
との声が迸り出るほど。

第2演者、鈴木 啓二 先生 東海大学医学部小児科学 教授の
「小さく生まれたその後は?
 ― 低出生体重児の生後発育について ―」

は、膨大なデータベースから
小さく生まれた子は、
後々体重が増えすぎていることなどを
グラフでハッキリと示された。

第3演者、山城 雄一郎 先生 順天堂大学大学院
          プロバイオティクス研究講座 特任教授は

菅先生が話されたので、
私はもう話さなくていいようですが…、
と前置きされてから

「未熟児、帝王切開児の腸内細菌の異常は将来の疾病リスク
 ― 小児の正常な成長、発達に望ましい食事と腸内細菌 ―」

について素晴らしい講演。

「とても興味深いけど、2〜3時間かけてゆっくり学びたい!
 そうでないととても理解できない」と思った。

第4演者、福岡 秀興 先生 早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構
      規範科学総合研究所 招聘研究員
      日本DOHaD学会 代表幹事

「小さく産んで大きく育てるのは良いことか?
 ― DOHaD説とnutri-epigenomicsからみた次世代の健康 ―」

DOHaDの概念をはじめ、
小さく生まれたことにより
発症リスクが上昇する疾患や

日本人妊婦の栄養摂取量や
日光に当たる時間が減ってきていることが
胎児〜子どもの成長発達に
大きく影響していることなどを解説。講演要旨はこちら
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

全体的に少しずつ時間が押して
18:10閉講予定だったのが
この後に部屋を使う予定はないので、
18:40ころまで質疑応答。

閉講のアナウンスだけ私がして閉講。

その後も、講師の先生の周りには
質問者が集まっていたが、
私は菅・服部先生と記念撮影
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

服部先生とは20年以上会っていなかったが、
ちっとも変わらずキュート。

18:45頃には会場から出て、
青葉社長に話している先生のお話を横で聞くと

「この学会では帝王切開の手術の仕方や
 いろんな細かな技術のことなどを討論しているが、
 それ以上に産婦人科が真剣に考えないといけないのは
 このイブニングセミナーの内容だ」

「素晴らしいセミナーを、ありがとう」と。

それで私も「トコちゃんベルトの考案者の渡部信子です」と
名刺を渡してごあいさつ。

それから周囲にいた助産師としゃべっていたら
1分ほどたってからその先生が
私の方に歩み寄って来られ、

「菅さんの発表は素晴らしかった」と名刺を下さったので
少しばかりお話をさせていただいた。

その後、集まっていたトコメイト助産師に感想を聞くと
「良かった!」と。その後、記念撮影
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

控室に戻り、山城先生・服部先生と記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

このようなセミナーの後はたいていお弁当なのだが、
今回は食事をしながらの交流会!

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら金山先生は多忙のため参加できなかったが、
4人の講師・服部先生・青葉スタッフとで、
質問しあいながら、楽しく食事。

クリックすると元のサイズで表示します

特に菅先生には、食事の工夫についてなど、
詳細にわたって質問が寄せられ

「全国を講演して回るべき!」
「本を出したらいい」など、

熱く熱く盛り上がった。

当初、このイブニングセミナーの講師として
私にお鉢が回ってきたのだが、

医師を相手に、私のような助産師が
理屈を語り、あれこれ提唱するより

菅里奈さんに体験談を語ってもらう方が、
このセミナーのテーマにふさわしいと考え推薦。

彼女は、2人の子どもを夫さんに託して
家を留守にしたのは初めての経験。

このような大先生方と交流し合ったのも
初めての経験だったはず。

彼女に引き受けてもらって大正解!
良かった、良かった。

料理は関西人の口に合う出汁のよくきいた薄味。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

21時過ぎにはお開き。

私が提唱してきた、骨盤ケア・“まるまる育児”が
一段階上にまで広がってきたことを実感した。
16



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ