最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/8/10

帰省を兼ねて らくらく育児クラス  セミナー・クラス(一般対象)

8/10(金)は京都トコ会館でらくらく育児クラス

いつものように“まるまる抱っこ スクワット”や
首据わり・受け身をチッェク⇒クリックすると元のサイズで表示します

視性立ち直り反応までクリアしていても、
5本の指を全部伸ばして受け身をとるのはなかなか。

成長してから、器用に体を動かせるようになるためには
しっかりズリ這いができることが大切。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
脇腹をしっかり伸縮させられないとズリ這いはできないので、
準備体操としてアイアイ体操を、ゆっくり大げさに。

6か月の子が3人、4か月の子が1人、
3か月半の子が1人、周囲の喧騒をものともせず
ずーっと“おひなまき”のまま熟睡。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そのため発達のチェックや体操は
ほとんとできなかったが、
動画を撮ったり、話を聞いて、
上のお子さんに思い当たることが多かった様子。

参加者は5組の母子で、そのうちの3組が
近畿の実家への帰省を兼ねての参加。

なるほど、お盆寸前なんや〜
と、今頃になって気付いた私(*_*;

東京や富山でまるまる育児を学び、
実施ししてきたが、やはり、
左右の目の大きさや、寄り目が気になっての参加。

胎内で余儀なくされた辛い姿勢や
生まれてくる途中でできた骨格の歪みは
出生直後から“まるまる育児”を続けても
完ぺきに良くなるのは…、難しい。

なので、このクラスに参加したり、
施術を受けられることをお勧めしている。

赤ちゃんよりも“まるまる”を知らずに育てた
「上の子の方が心配」とおっしゃる方もあり
予約をとって帰られた方もあった。
5
タグ: 妊娠 赤ちゃん 骨盤



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ