最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/9/15

少数濃厚 京都メンテ“力”upセミナー  トコ企画セミナー

9/12(水).13(木)は京都トコ会館で
メンテ“力”upセミナー

受講人数は1日目15人.2日目14人と、
京都以外での開催と比べると少ないが、

クリックすると元のサイズで表示します

会場は広くないし、私のホームグラウンドなので、
他の会場より濃厚に進行。

クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
男性は1人。おとなまき体験会に参加し
「おとなまきアドバイザーになりたい」と
思われたそうな。

クリックすると元のサイズで表示します

彼以外は全員助産師で、
四国の最果て 宇和島市からも。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はトコちゃんベルト専用メジャーを使って
いつもより丁寧に実習。
これはなかなかいいので、今後も続けよう。

クリックすると元のサイズで表示します

休み時間を利用して行って骨格の検査。

腰椎側彎は妊娠・分娩に多大な影響を与えるのに、
医師も助産師も、診るべき部位と教えられていない。

肩甲骨の間と、第3腰椎あたりの間に
凹みがあるかないかを見れば
脊柱のS字状彎曲の有無がわかる。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
     背中を触れば、左右の肋骨に
     大きな左右差があるかないかが分かる。

仙骨・仙腸関節の状態の触診は
ベーシックセミナーで実習した人なら簡単に分かる。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
     最後に股関節・腸骨大腿靭帯を診ておしまい。

仙骨が強く変形していたり、ねじれているのは
触れば誰でも簡単にわかる。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

助産師が妊婦のこのような骨格のゆがみに気付き
適切な体操をアドバイスしていれば、
安産できるはずの人が、
帝王切開になっているのはとても残念な現状。

この人骨盤ケア歴10年のベテランで
10年前は地震の震度に例えれば
「震度5」の側彎だった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

何度か私の施術を受け、セルフケアを続け、
久々に復習に来られたので診ると震度2〜3まで改善。

いずれも簡単にわかることなので
安産に導きたいと思う人には
できるようになってほしい検査法である。

「子安祈願・必勝文武」のシールができたので、
『〜赤ちゃん発達応援〜まるまる育児バイブル』を
購入された方に、サインと一緒にプレゼント。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

セミナー終了後は、施術希望者に施術(別料金)。

クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
    この人は数年前に町の公費で
    メンテ“力”upセミナーを受講

    その後、子宝に恵まれ、子どもが4歳になったので
    初めて子どもと離れて1泊2日のセミナー受講。

2日間で8人も施術。
どの人も体調不良のネックとなっているのはネック。

体操用マイピーロ
を使ったセルフケアを
毎日続けるようアドバイスし、
今後の活躍を祈った。
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ