最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/11/16

「Joyit 森の家」訪問  博物館・美術館・建築など

11/16(日)、Joyit 森の家を、夫と二人で訪問した。
Joyit のブログで写真を見ると、
ほんまに木々に囲まれている。森の家や〜。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                                 ↑
Joyit とは、『人づきあいがラクになる「心理学”の教え」』の著者、
井上知子さんが主宰する、「仕事や活動で積極的に社会参加したい
女性のためのメンタルサポートポートの会」。

「森の家を」地図で確認すると、世界文化遺産の南禅寺のすぐ近く。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私はが開業した1年後、この会の発足と同時に入会したものの、
近年は忙しくて、ちっとも行事には参加できない。

それで、Joyit 通信を読むのくらいなのだが、
井上さんの著書出版のお手伝いをした関係上、
井上さんとは、近年かなり親しくお付き合いをするようになった。

Joyit とはどんなことをしている会かについては、これまでにも何度か
このメンテ"力"UP通信のコラムで書いたので、
これらをお読みください。
コントロールドラマ  完璧主義+褒められたい  切れる子、よい子、と感情の扱い

「Joyit の拠点となる“家”を建てたい」
と思った井上さんが作りたかったのは、
「家の中に入ったはずなのに、そこは外だったという家」だと!

そのイメージにぴったりの木々や川がある土地と井上さんが出会い、
建築士・工務店探しから始まり、様々な人達の協力の下、
「Joyit 森の家」が完成し、8月23日、24日がお披露目会だった。

私はその両日とも仕事で行けず、ようやく、
11/16(日)、その見学 兼 新築のお祝いに訪問したというわけ。

私は Joyit 通信や、ブログを読んで、
「きっとその家は、聴竹居の現代版のような家なんやろなぁ〜」
と想像していた。

聴竹居とは、京都府の天王山の麓にある、環境共生住宅の原点として
高く評価されている住宅。

11月のこの頃は、京都の街は観光客でいっぱい、車もいっぱいなので、
夫と二人で地下鉄で向かい、蹴上駅で下車。

そこからまばゆいばかりの紅葉を眺めながら、南禅寺の方向に。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                               ↑
      有名な湯豆腐の店の隣の空き地の、すぐ横の路地を進むと、
      外から見ただけで、「ここや!」とすぐに分かった。

Joyit 看板がかかげられたその家に入ると、予想通り聴竹居の現代版。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

なのに、カメラを持って行くのを忘れるという大失態!
滅多に使わない携帯電話のカメラを使ったが、これまた充電切れ(-"-; 

ということで、室内の写真は撮れず。Joyit のブログでご覧ください。

建材は間伐材の修正材をたくさん使ってあり、テーブルなどの家具も
無駄がないよう、様々な工夫がされていて、
井上さんの心がしっかりと伝わってきた。

聴竹居同様、とても大きな窓がたくさんあり、周囲の木々や東山を
眺められるという、生駒の我が家や京都トコ会館とは全く違う、
とても素晴らしく心地よい空間だった。

私は、「人間の体は自然の力で強くたくましく」を目指している。
と同時に、住まいも環境も「自然を守り育て、自然の中で生き、
楽しみたい」と思っている。

でも、家を建てるにも様々な法的規制が大きくて、
思い通りの建物を作ることができない(涙)。

もちろん、そんな希望が叶えられる土地は、
京都のような大都市には、なかなかない。

それに、先だつもの(お金)がないために、家を建てられない人も、
たくさんいる。そう思えば、私は幸せなのだが。。。

そんな京都の街の中で、夢を追い求め、ついに夢を実現させた
井上さんは、天晴れ!

人間が心身ともに健康に生きていくためには、
体のメンテナンスはもちろん大切。

と同時に、食・住・衣に関しても、よく勉強し、計画し、
行動することが大切なのだと、改めて痛感した。

華麗なるジャポニズム展@京都市美術館に続く。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ