花粉症って治療薬  

テッシュを片時もはなせなくなる花粉症。

鼻水はでぇるし、くしゃみはでぇるし、目ぇはかい〜のしって花粉症はほんまにしんどいやんな。

この辛さは花粉症になってん人にしかわからへんでっしゃろ。

花粉症がのうなったら毎日が天国やのにって思っとる人も多いさかいはあらへんやろか。

花粉症の治療の1つに薬もん療法があるんや。

薬もん療法に使用やる薬には抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬やらなんやらがあるんや。

抗アレルギー薬は花粉症の治療によう使われる薬でぇ、副作用が少なく安全やっていわれていますわ。

抗アレルギー薬は効果が出るまでぇに2週間ほどかかるため、なんぼなんでも花粉が飛び始める2週間くらい前よってに飲み始める必要があるんや。

抗アレルギー薬を前もって飲んでぇおくこってでぇ、花粉症の発症を押さえるこってが期待でぇきまんねん。

ほな、例え発症しても症状が軽くなる傾向があるんや。

抗アレルギー薬は花粉が飛ぶ前よってに飲み始め花粉が飛ばなくなるまでぇ飲むこってでぇ花粉症の症状を軽減やるこってがでぇきまんねん。

抗アレルギー薬には内服薬以外に鼻みずや目ぇのかゆみやらなんやらがしんどいってきに局所的に使う点鼻薬や点眼薬もあるんや。

抗ヒスタミン薬は鼻水や目ぇのかゆみ、くしゃみやらなんやらのアレルギー症状を起こす化学もん質ヒスタミンの働きを抑える効果があるんや。

抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬って比べるって速効性がやるさかい予防でぇはなく症状が出とるってきに使用しまんねん。

抗ヒスタミン薬は内服薬、点鼻薬、点眼薬やらなんやらさまざまな種類があるんや。

抗ヒスタミン薬を使用やるって頭がボーっってしたり、眠くなってんり、口が乾おったり、体がやるくなってんり、胃ひゃくひろの具合が悪くなるこってがあるんや。

そのため抗ヒスタミン薬を使用したってきは車の運転、危険な作業は避けまひょ。

ほな前立腺肥大、心疾患・肝疾患、緑内障、ドライアイやらなんやらを患っとる人は用心が必要や。

使用の際は絶対医師に相談確認しまひょ。

ステロイド薬は花粉症の症状がひどく抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬でぇ症状がようならへん時に使用される薬や。

ステロイド薬はえらいよう効く薬やけどせんど使うって副作用が出やすい薬せやけどやるため、使用の際は十分に用心が必要や。

副作用には胃ひゃくひろ障害、顔のむくみ、免疫力低下、感染症、骨粗鬆症や糖尿病の発症、消化性潰瘍、緑内障やらなんやらがあるんや。

花粉症は国民病っても言われるほど広まり、ようけの薬が販売されるわうになったんや。

しんどい花粉症を軽くしたいちゅう気持ちはようわかるんや。せやけど手ぇ当たり次第薬を飲むこってはえらい危険や。

薬は副作用がやるちゅうこっちゃを忘れてはいけまへん。

特にステロイド薬は副作用が出やすいさかいぜったい乱用してはいけまへん。

花粉症の薬は医師の指示にしたがって使用するでうにしまひょ。
http://plaza.rakuten.co.jp/felicitas0115/
http://www.toma.jp/blog/alcampor/
http://sherron.yoka-yoka.jp/
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ