2013/4/30

(無題)  

あぁ、うまく行かん。どうしても覚えられない。

なんで?俺の脳がだめなのかなぁ?たしかに父親いないし、

ばばあと2人っきりだからなぁ。なんか限界ある気がするねん。

って先生に相談したら、みごとに一個ずつ否定しやがった。さすが、鬼。俺を高校受験のときに11時30ふんまで残した伝説はやはりただものじゃねぇな。っていうか、本当に俺の何がわかる??っw

覚えられないってさ、おかしくない?お前さ、バット2回振ったらホームラン打てんのか?さすがに無理だろう?
お前が言ってるのは、楽して甲子園に以降としているようなものなんだよ。だから、うまくいかないんだよ。
甲子園に出てきた同級生さ、いかに練習をせずに勝つかを考えてきました。なんていうやついねーべ??

だから、練習しても無いのにほざくのはやめろよ。本気でむかつくから。で、父親がいないのは理由にならない。いや、理由にしても良いけど、それは稲葉の戦闘能力とは全く関係がない。たしかに、会ったことのない寂しさというのは俺には到底理解出来ないものかもしれない。まさきがそれだけ寂しい思いをしてきたというのは目を見ればわかる。

でも、でも、さ?それを1年後、まさきが大学に受からなかったとするじゃん?それで、
受からなかったのを俺には父親がいないからだ!どやぁなんてやってみ?
彼女まで逃げ出すぞ??
彼女は、お前の寂しさも、心の中にある本当の優しさに気付いてる。だからつきあってくれてんねん。
まぁ、彼女は絶対別れないから大丈夫だとして、おとうさんがいないことをお前が受からない理由にして良いのか?ありえないだろ?
でな、俺がほかの先生と違うのはな、お前がどうなっても守ることだ。親が居ないことを理由にして受かっても、受からなくても、俺は、お前を守る。だから、お前はとりあえず自分を守れ。どれだけ辛くてもしょうがない。最初は。だって、歩き始めたのに、ダッシュを使用としてる子どもとおなじだから。
できるわけないだろ?まずは黙って歩く練習だよ。いずれ俺がロケットを教えてあげるから。
お前なら出来る。だって、俺の鬼の修行に耐えたんだから。俺の1000本ノックに耐えれるやつはみんな受かるんだよ。。 

もう、号泣。ほんとうにこのひとについていこうっておもった。先生、俺は無力かもしれないけど、頑張ります。先生、見捨てないでいてください。ありがとうございます。

0

2013/4/30

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ