2012/10/24

34日前  


1つの決断をしました。

覚悟するのに
少し時間がかかりました

もし、
私がもう一人いたら
そのもう一人に
そのまま共に歩んでいってほしかった

一番近くで
弱気になってたら
力一杯抱きしめてほしい

自分の良心に蓋をして
甘んじて不本意に落ちていきそうになったら
「それは本当に自分自身がのぞんでるの?」って
声をかけてほしい

悪だ

って言い出した時は

愛してる

って言ってほしい


出逢いは必然でした。

1年3ヶ月



家族


毎日、毎日
思いめぐらせ
心に違和感を感じる度
考え、悩み、想像し

正解の無い答えを
自分なりに
削るように
こじつけのように
出したり
覆したりしました

強さ と 弱さ

それも
それぞれの解釈とそれぞれの方向での深さで
まったく
逆転してしまったりしました

私は
自覚しています

私は
薄っぺらで
知恵の無い人間です

その
薄さで軽く発言します

知恵も知識も無いので
感じたまま
それも整理出来てない話しで
感情任せに話します

時々、邪念が混じる事もありましたが

ほとんどは
私の本音でした

心の触感で
嫌だ
違う
汚い
甘え
そう感じたものは
とことん否定して

それは
とても
苦しめて
辛い思いをさせました

ただ
私は何より素直でいたかった
素直に生きれなかったという
あなたの前で

人間味は
あなたが見てるいつもの景色の中に
それがあると言いました

ここにあるのも
人間味です

自分が愛した人を愛して

溢れ出た
人間味です

自分が愛した人に
自分自身を愛してほしかった

闇を知り
怯えを知り
脆さを知り


私も私を知っていき
自分の弱さにも苦しみました

そして
救いたいと
自意識過剰に
一心不乱に
放った言葉は
すべて自分への言葉でもあったと
気付きました。

決断しました


私は自立しなきゃいけない
私は一人しかいないのです
私も私自身を信じて愛しせるように

そして
責めるようなやり方で
ずっと向かい合ってきた
彼にも

自分自身の体一つで
全ての事へ向かっていってほしいと
思いました

ある時、
もう大丈夫
ここからは一人で

今がタイミングだ
きっと彼は走り出す
そう思いました


この決断が
愛なのかはわかりません

逃げたと思っても
信じるべきじゃなかったと
今は思っても

彼は
もう向き合い始めていたから

これから先は
自分でしか作れない
本物の自分を
心の声に添って
作っていってほしい


過去やしがらみが
また引きずり込もうとしても

これからは
振り払う勇気を持って

それはいずれ誰かが自分で一歩踏み出す
勇気にきっとつながる

そして
挑戦したいと思う事は
理由無しに
手を伸ばしていってほしいです


私もそうして生きます

私が
もっとズ太く
もっと強く
もっと大きかったら

時に包んで
時に背中を押して

そして自分もしっかり立ててたでしょう


まだ今は
自分で立つ事もできてない

持たれ合い生きて行くこともできた

いや、
本当の”愛”は
自立なしには得れない
そして
それが出来ないままの二人では
ずっと埋められない隙間がある
私たち二人は


ただ
こんなに生きている実感させてくれた
時間は他には無かった
心の場所をこんなに毎日感じることは無かった

今は
昔の自分より
自分を好きになれました
素直に生きるのは難しい
そして、清々しい
無茶苦茶な私を見ててくれて
ありがとう


だから
どうかどうか
まっすぐに
まっすぐに
まっすぐに
走って行って下さい

自分のペースを見つけながら

3年後くらいに逢えたらいいな
どんな風に変わってるかな
お互いに


約束はありません 


もし必然なら
また
きっと逢える


出逢うべくして出逢ったと
瞬間に確信した
再会したあの日みたいに


私は強くなる
まだまだ知らない広い世界を
経験していく


もし
また出逢えたら
あなたの見て来た世界の話を聞かせてほしい

今度は
面白いねって笑って聞ける話しを


いってらっしゃい
ありがと


いってきます


また







今見たら
なんて自意識過剰で
思い上がりもいいとこ。

ただ
傷つけただけ。


人として
愛がなさ過ぎた
0

2012/10/18

(無題)  

気が狂いそう

どうすればいいのかわからない


わたしも苦しいよ


好きになれなっただけ。

なんて言葉じゃ片付けられへんよ


また繰り返すの?

どうすれば止めれたの?

一緒にいたら止まれた?


わたしのエネルギーじゃ足り無い
本当に自殺してしまう


でも、今でも本当に心配。

無責任
非情
薄情
自分勝手
浅はか

全て
わたし


27日まで
本気で考えよう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ