小規模企業共済制度とは

2014/2/1 
税法上一時払い小規模企業共済制度については、退職所得として取り扱われます。
事業主の退職金制度というものが、小規模企業共済制度と言っていいでしょう。
小規模企業共済制度によって、その後の生活の安定や事業再建を行えるからです。
小規模企業共済制度は掛金の納付月数に応じて、法律で定められた額が支払われます。
分割払い小規模企業共済制度については、公的年金などの雑所得として取り扱われます。
小規模企業共済制度は生活の安定や事業の再建などのための資金を準備しておく制度です。
そのため小規模企業共済制度は、所得税や住民税の節税対策にも有効です。
全額が小規模企業共済制度掛金控除の対象になるのです。
掛け金は500円刻みで選択可能になっているのが小規模企業共済制度です。
ただし分割払いによって小規模企業共済制度を受け取る場合は、一定の要件が必要です。
また創業転業時貸付けなども小規模企業共済制度で受けられるようになっています。
小規模企業共済制度の掛金については税法上全額が課税対象となる所得から控除されます。

小規模企業共済制度に適用されるのは、製造業、建設業、運輸通信業に営む人たちです
0


コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ