小規模企業共済制度の前納減額金

2014/2/4 
半年分または1年分の小規模企業共済制度の掛金を毎年定期的に納付することができます。
割り引かれた小規模企業共済制度の掛金額は、前納減額金として支払われます。
小規模企業共済制度の前納減額金が5,000円以上に達した年に合算金額が支払われます。
小規模企業共済制度の掛金納付月数の通算のためには一定の要件を満たす必要があります。
そして小規模企業共済制度の前納減額金の支払いについては、その年の6月に支払います。
ただし小規模企業共済制度の前納減額金が5,000円未満の時は、預託されてしまいます。
小規模企業共済制度の前納減額金は毎年3月末の時点での前納状況に基づいて計算します。
前納した月数が12カ月以上の場合超える月数は小規模企業共済制度では12カ月計算です。

小規模企業共済制度の前納減額金は、掛金月額×0.9/1,000×前納月数の累計で算出されます。
この場合、新たな契約を結ぶことで今までの小規模企業共済制度の掛金納付月数を継続。
月払いのほか、半年払い、1年払いで小規模企業共済制度の掛金をまとめて納付も可能です。
小規模企業共済制度の共済事由には、個人事業を廃止後に開業したり、役員への就任です。
0


コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ