2012/4/17 | 投稿者: 尿酸値

Lカルニチンっていう言葉を耳にしたことはありませんか?ダイエットに効果あり!と、テレビショッピングを見ていると、やたらと耳にする言葉です。 コンビニでも「Lカルニチン入り」というヨーグルトやドリンクとか、DHCでもサプリメントで販売されていますよね。 海外ではLカルニチンは体を鍛えている人たちには昔からのご愛用のサプリメントです。 ちょっと調べてみたところ、なんと、Lカルニチンって「肥満外来病院」でも使われているとのこと。Lカルニチンの副作用も気になるところですが、アメリカでは10年以上も前から肥満外来で処方されていたものなので、安全性は確保されていると思います。 日本で以前は医薬品としか認められていませんでした。日本で食品用として認可されたのは2002年12月。 Lカルニチンは、憎っき脂肪を燃焼する為に必要不可欠なものです。 脂肪を燃焼する場所は、筋肉細胞内の「ミトコンドリア」。 ・・・うーん、なんだか知らない言葉が。簡単に言ってしまえば・・・ 脂肪がゴミだとすれば、ミトコンドリアが工場。 運動をして脂肪が燃焼されると工場まで運び込まれます。 運び込まれたゴミを工場に運び入れる人が「Lカルニチンです」 つまりLカルニチンがないと、脂肪が燃えないんです。 そんな大事なLカルニチン、なんと20代をピークに徐々に減少していくんですって!! Lカルニチンが減少し、ミトコンドリアに運び込まれない脂肪は元に戻ってしまうので、せっかくの運動も無駄に!? 昔はこれぐらい食べても太らなかったのになぁ〜。 昔はこれだけ運動したら、簡単に体重が落ちたのになぁ〜。 そう思っていませんか?Lカルニチンの減少のせいかもしれませんね。
飲み方や効果
0

2012/4/17 | 投稿者: 尿酸値

悪性リンパ腫とは、白血球の一部であるリンパ球ががん化する病気で、それがリンパ節や扁桃、脾臓などの全身のリンパ組織で増殖してリンパ腫を作ります。造血器のがんの中では最も多く、白血病より多くなっています。
この悪性リンパ腫には、細胞肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病などが含まれます。
悪性リンパ腫の画像です

悪性リンパ腫の症状と経過
頚部(首筋)屋脇の下のリンパ節が腫れ、さらに脾臓も腫れ、貧血や発熱、体重減少がおこり、全身の倦怠感、免疫力の低下などがみられます。
悪性リンパ腫には化学療法や放射線治療が行なわれます。悪性の病気で治療後の経過ははかばかしくありませんが、悪性度や治療開始時期によっては治癒できる場合もあります。

行なわれる検査と判定

超音波検査
CT検査
尿検査(尿たん白、尿潜血反応、尿沈査、尿酸性度、尿比重)
血液一般検査(赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、白血球数)
出血傾向の検査
血液生化学検査(GOT・GPT、LDH、ALP)
リンパ節組織検査
骨髄検査
骨のX線検査

悪性リンパ腫の判定のポイント
首筋や足の付け根のリンパ節が腫れてきますが、それらのリンパ節を切除して組織検査を行なって診断を確定します。
また、病変の範囲を調べるために、骨のX線検査やCT検査、超音波検査、骨髄検査などを行います。

テロメライシン情報局
0

2012/4/13 | 投稿者: 尿酸値

ひとことで膝の痛みと言っても、その種類は多様です。高齢者に多い「変形性膝関節症」、スポーツ障害などによっておこる「膝内障(しつないしょう)」、成長期の子供に好発する「オスグッド病」などが代表的は疾患です。

その他にも「関節リウマチや痛風」のように全身性の疾患でも部分症状として膝痛を引き起こすことがあります。

人が立って歩いたり、跳んだり跳ねたりする動作をスムーズに行うためには、膝の曲げ伸ばし、膝関節の滑らかな動きが必要になります。

しかしながら、膝関節という所は、構造上負担を受けやすく(全身の体重を支えている)故障の起こりやすい部位にあります。

変形性膝関節症

中高年に発症する整形外科的な病気の中で、変形性膝関節症は腰痛についで多い疾患と言われています。体重の負担を受けやすい膝の内側から痛くなりやすい特徴があります。

膝関節の弾力性が失われるために正座をしたり、しゃがんだりすることが困難になってきます。

人が立って歩いたり、跳んだり跳ねたりする動作をスムーズに行うためには、膝の曲げ伸ばし、膝関節の滑らかな動きが必要になります。 しかしながら、膝関節という所は、構造上負担を受けやすく(全身の体重を支えている)、体に歪み(特に重心の偏り)があると故障が発生しやすくなります。

あかつき手効院
0

2012/4/12 | 投稿者: 尿酸値

血糖値は血液中のブドウ糖の濃度を表す数値です。空腹時血糖値で110mg/dl以下は正常とされ、125までは境界域ですが、126以上は糖尿病と診断されます。血糖値が高めで境界域に入る人は5人に1人といいます。この境界域の人が要注意で、日常生活において食事、運動ストレス、喫煙などに気をつけないと糖尿病に進んでしまいます。また、高血糖や高脂血症では、いわゆるベタベタ・ドロドロ血といわれる状態が起き、動脈硬化を進行させて、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などを引き起こします。

糖尿病は、沈黙の病気ともいわれ、自覚症状が出にくい恐ろしい病気です。恐ろしさの理由は、3大合併症である糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害を引き起こすことです。国内推定患者数は1,870万人と言われています。血糖値

健康のためには腹八分目がいいと誰もが知っているのに、実行できずに食べ過ぎてしまうことが内臓脂肪による高血糖の一因です。糖尿病予備軍のほとんどが、食べ過ぎています。とはいえ、本人には食べ過ぎているという自覚がないものです。実はこれが問題なのです。
 
腹八分目というのは、もうちょっと食べたいなというところで食事を終えることです。これが意外と難しいものです。腹八分目の感覚を養うには、まず自分の適当を計ってみることがおすすめです。適当=腹八分目ですから正確な量を自分のおなかによく覚えさせておくことです。
 
糖尿病予備軍のなかには「そんなに食べていないのに」という人がいますが、間食にスナック類や食後のデザートと称して甘いお菓子を毎日のように食べているというケースが多くあります。また、加齢とともに基礎代謝量は減るため、若い頃と同じように食べていると食べすぎになります。
0

2012/4/11 | 投稿者: 尿酸値

突発性難聴 (とっぱつせいなんちょう、Sudden Deafness)

2001年の調査では、全国受療者数は年間35,000人(人口100万人対で275.0人)。統計的には40代〜50代が多いが、近年10代〜30代の例も少なくなく、年齢や性別において大きな偏差は見られない。 基本的に原因不明・確実な治療法がない難病であり、厚生労働省の特定疾患に指定されている。騒音などが原因の外傷性(伝音性)難聴とは全く異なる難聴である。

原因

内耳などに障害が生じる感音性難聴の一種と考えられているが、現在のところ原因は不明である。 毛細血管の血流が妨げられ内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすという内耳循環障害説、 ステロイド(感染症に対して抗炎症作用を持つ)が効果を発揮することからウィルス感染を原因とする説などがある。 患者調査の傾向からストレスを原因の一つとする指摘もある。耳以外の神経症状(四肢の麻痺など)は見られない。遺伝の要素は今のところ見つかっていない。

症状

発症はそのとき自分が何をしていたか明言できるほど即時的(突発的)である。そのため発症時は難聴と気付かず「耳が塞がっているようだ(耳閉感)」「耳に水が入ったような感じが取れない」などと訴える事が多い。突発性難聴 実際は軽〜重度の難聴・耳鳴りなどが中心であるが、それに加えて音が「異常に響く」「割れる」「二重に聞こえる」「音程が狂う」などその副症状は人によって様々である。 ほとんどの場合片側のみに発症するが、稀に両側性となる場合もある。めまいや吐き気を訴える事もある。

誤解されがちな点であるが、突然の中途失聴が患者に与える精神的負担は極めて大きい。外見的には障害が見られず周囲の理解が得られにくい事や、健康体からの突然の発症からくるショック、耳の異常を常時自覚せざるを得ないため、深刻なストレスと精神的苦痛を常に強いられる。
0




AutoPage最新お知らせ