2011/9/30

祖母を手伝って朝食の用意をするのが務めである  小説

 高校二年の春、始業式から二週間ほど経った平日の朝。伽藍の学校・白い廊下を、閑静な態度で進む少女。名前を小泉涼子という。滋養強壮
 農家の長女として生まれた彼女は、毎朝五時過ぎには目を覚まし、祖母を手伝って朝食の用意をするのが務めである。父と祖父の朝は早く、彼女が起きるころには既に家を出て差し向かいの畑で仕事をしている。そうして一段落ついて家に帰って来るのが六時過ぎで、このときにはじめて男二人は朝食を取る。だから父と祖父とが帰って来るまでに、弟妹を除く四人分の朝食の準備をしておく必要があるのだ。
 朝六時、朝食を作り終えると、涼子は父と祖父を呼びに畑へ出る。畑は家のすぐ隣にある。春の明朝はまだまだ寒く日が出るのも遅い。朝日もようやくこの時間になって大地を照らしはじめたところである。
 畑に出ると、一番遠くに見えるのは立山で、この時期はまだ雪帽子をかぶって少しかわいい。霊山の美麗な様は冬に際立ち、夏は雄気して荘厳。下自ずから敬をなす景観である。秋は豊穣、稲田に燃ゆる藁の香りは不思議と心易く、また刈り取られた田に遊ぶ子供たちの姿を見るとなんだかこちらも元気が湧いてくる。秋の哀愁は都会にのみあって、田舎にはないものである。しかし春の麗らかさは、むしろ田舎において一入で、日が昇り花のつぼみも開く頃には、風も喜び温かい祝福を授けてくれるものである。そこにある春の香りは、土とともに生きる者のみが知るのである。
 立山の次に目に入るのは、庭先の畑に一つ・道路を隔てて林立する桑畑で、桑の木が長く連なって背に朝日を浴びている。桑の木は光りをさき、木漏れ日を作り、一帯は朝鳥の音のみ他になく静けわたって清澄である。そうして遠くに繁る桑畑の葉からは、あたかも朝露のしとしととこぼれる様が伝わってくるようだ。もうあと十日二十日もすれば、兄弟で桑の実を取りに行って、一緒に黒い小さな葡萄を甘味することも出来る。甘いものを食べない祖父も、懐かしい味のする桑の実ばかりは好んで食べる。
 そうして次に広がるのが一面我が家の畑であるが、今はまだまだ土ばかりが目立つ。これが秋になれば、菜畑、大根畑の青みに加え、稲が広やかに黄金を実らせ、朝夕風の吹くたびに、稲が擦れてさやさやと鳴る様などはえも言われない。
 秋といえばアケビを採る。涼子も小学生だった頃は、勝気でやんちゃな女の子であったから、学校の帰り道、家に帰ってからの後、男の子に混じって近くの雑木林へアケビを採りに行っては食べたものだ。その風習は今も変わらない。特に一緒についてくる弟は両手いっぱいに採って帰って来るものだから、ご近所さんにもお裾分けする。柿の木は庭に植えられていて、沢山に実らせるものだから、到底食べきれなくて鴉の餌になる。それはどこの家も同じであって、田舎の農家は皆が皆、柿を腐らせて鴉にくれてやる。柿はアケビよりよっぽど美味い。アケビより柿が美味であることは確かなのだが、かえって柿は美味しすぎて飽きてしまう。面倒で味も粗雑なアケビが、かえって歓迎されるのもまた不思議な話だが、祖父はこの素朴な味が良いという。なるほど、そんなものかも知れない。
 左に奥まって立山があり、その裾野から顔を出す朝日。朝日は桑畑の背後より出でておもむろに顔を出している。繁る桑畑は玲瓏と佇んでいる。そこから庭先に広がる畑と稲田。春は土色、夏は青々、秋は金色、冬は純白。四季を通じる朝の絶景。だが一番は冬だろうか。弟妹が近所の友達と一緒に、犬などを連れて田に積もった雪で遊ぶ様などは格別だ。雪だるま・かまくら・そり遊び。どれも楽しげで嬉しい。
 こんな田園の仕合せを、最近はめっきり自覚することが多くなって、ついつい日常の光景の中に思い起こしてしまう。
「お父さん、お爺ちゃん、ご飯だよ」
「おぉ、今行くちゃぁ」
 簡単な返事をして二人は、「おう、それじゃぁ、あがらんまいけ。」「構わん、構わん。そこんでも置いて、飯にせんまいけ。」と言って朝の仕事に一段落をつける。ようやく浅い瑠璃色に明るくなった空の下で、殆ど黄金を透明にしたような朝日を帯びた男達が大またに歩いて帰って来るのを待つのは、涼子にとっても仕合せであるが、何よりも男達にとって仕合せである。
「おはよう、お父さん。お爺ちゃん」
 この一言を聞くだけで、男二人は疲れや眠気なんてものは全く吹き飛んでしまう。
「おぉ、おはよう、涼子」
「おはよう。毎日ありがとなぁ」
 そう簡単に答える心底に、どれほどの愛情があるものだろうか。ほんの数分ではあるのだが、家族一緒になって歩く、この道程が何よりも愉快だ。
 そうして男達は家に帰ると、先ずは上着を脱いで軽くタオルで汗を拭う。まだこの時分、暑くはないが、風邪を引かぬが何よりも肝要である。そうして手洗いうがいをして、顔を洗って居間へ行く。ご飯・味噌汁・卵焼き・お新香・菜の花のおひたしと食事は簡素で充実しているのが農家の常である。それでいて米を沢山に食べるから、農家の力はお米の力だ。大きなご飯茶碗に更に盛って、それを二杯か三杯食べるから全くの健胃である。三體牛鞭
0
タグ: Sex シアリス 福源春

2011/8/12

膣の中に精液を送り込むと、女の子は妊娠  健康

中出しはとは男の子と女の子がセックスをし、膣の中に精液を送り込む行為のことをいいます。膣の中に精液を送り込むと、女の子は妊娠します。そのため男の子と女の子が二人で子供を作るときに中出しをするというのが一般的でした。
しかし、中出しはとっても気持ちいい行為なので、最近では妊娠を気にせずに中出しの興奮と気持よさを楽しむために中出しをする男女が増えています。男の子が女の子の膣の中に精液を直に出すというのが、セックスの一般的なスタイルになりつつあります。威哥王
中出しは愛しあうカップルたちが最終的に行き着くセックスの形です。中出しをして子供を作り育て、お互いに生涯を共にすることを望むほどの愛が必要です。それほどの愛があるカップルのみ、避妊をせず、なんの不安にもとらわれず、精液を思う存分膣内に送り込み、中出しセックスの快楽を純粋に味わうことができるのです。最近では中学生や高校生のカップルも、コンドームをつけずにベッドをギシギシいわせながら激しいセックスをし、大量の精液を膣内に送り込んでいます。中学生や高校生のカップルも、中出しの気持よさを楽しんでいるようです。

中出しはとても気持ちよいものです。男の子と女の子はペニスを膣に挿入し、愛と性欲に身を任せて腰を振り、ペニスを膣に出し入れするのです。そして男の子の快感が最高潮に達し、ペニスを膣の奥まで挿入して男の子は射精を始めます。射精の最中はビンビンに勃起しているペニスが脈打ち、精液が女の子の膣内へドクドクと送り込まれていきます。女の子はペニスの脈動を感じながら、男の子が送り込んでくる精液を膣の奥で受け止めるのです。そうして男の子と女の子はお互いの精子と卵子を受精させ、最高の幸せを得ることができるのです。
中出しは非常に気持ちよいですが、さらに快感を倍増させる方法をいくつかご紹介します。
男の子は、女の子の膣に生のペニスを激しく出し入れして最高に気持ちよくなった瞬間、射精し始めます。このとき、男の子はペニスを膣の奥まで深く挿入し、射精を始めることが多いようです。射精している間は腰の動きを止め、ペニスを膣の奥まで挿入したまま精液を出し続けます。このように中出しするのもとっても気持ちいいのですが、射精しているときに腰を少しだけ動かし、射精し脈打つペニスを膣から軽く出し入れすることで快感が倍増します。射精している最中のペニスは非常に敏感です。そんな敏感なペニスを膣粘膜とこすり合わせるのですから、とても気持ちいのです。精液を出しているペニスを刺激することでさらに射精が促進されます。射精が長く続き、精液もいっぱい出てとっても気持ちいいでしょうね。コンドームを付けている場合に射精しながらピストン運動をするとゴムが破れてしまう危険があります。中出しだからこそ味わえる気持ちよさなのです。
ペニスを膣の奥まで挿入した状態で射精し、射精しながら腰を円を描くように動かすのも気持ちいいものです。膣の奥でいっぱい射精したいという方は、こちらの方がいいかもしれませんね。腰を円を描くように動かすことで、膣内をペニスでかき回すのです。精液を出しながらペニスの先端を子宮口をぐりぐりとこすりつければ性的興奮も増しますし、精液を子宮口にたっぷり掛けてあげることもでき、妊娠する可能性も高まるでしょう。また、ペニスを根元まで挿入すれば、恥骨で女の子のクリトリスを刺激してあげることもでき、お互いに非常に気持ちよい中出しができるはずです。

射精がおさまってきたあとも、ペニスはしばらく敏感な状態です。精液を膣内にたっぷり出したあとのピストン運動も気持ちいいものです。尿道を膣の入り口にこすりつけるようにペニスを出し入れすることで、尿道に残っている精液を搾り出すことができます。あまり激しくピストン運動をすると膣から精液が漏れてしまうこともありますが、射精後のピストン運動の気持ちよさは中出しでしか味わえません。コンドームをつけた場合だとやはり破れる危険があってなかなかできませんよね。

やはりコンドームを着けてセックスをするよりも、中出しの方が気持ちいいものです。せっかくの中出しセックスですから、より激しくて、興奮した、気持ちいいセックスをし、思う存分中出しの気持ちよさを楽しみましょう。そして、気持ちいい中出しをいっぱいして子供を作りましょう。ペニス増大
6

2011/7/8

電気を使う除湿機には頼らず、生活の知恵でなんとか対策できないの?  健康

原発事故の影響で、世間は節電ムード一色…。これから蒸し暑い梅雨を迎えますが、例年のようにすぐエアコンに頼るのも気がひけます。そこで、心配なのが不快な“湿気”の存在。電気を使う除湿機には頼らず、生活の知恵でなんとか対策できないの?
女性用媚薬
「湿気対策で気をつけたいのは、“湿気を作り出さないこと”。梅雨時にやりがちな部屋干しはNGです。洗濯物は、晴れた日にまとめて洗うよう心がけましょう。また、浴室の湯気を漏らさないように閉め切ることもポイント。換気扇を回すのは当然ですが、入浴後に少しでも、天井や壁の水滴を拭いてから出ると効果的です」

とは、一級建築士で“心地よい環境の住まい”をテーマにデザイン設計を手がけている小木野貴光さん。なるほど。お風呂上がりは、浴室を開けっ放しにしていました…。次から気をつけます。

「次に、“湿気をため込まない”ことが重要です。換気が一番なのですが、ただ部屋の窓を開ければいいわけではありません。たとえば、玄関とベランダの窓、リビングと寝室の窓など、離れた2カ所を開けて空気の流れを作り出しましょう。そうすれば、部屋の湿気を空気の流れにのせて外に逃がせます。その際、必ずしも窓を大きく開ける必要はなく、少し開けるだけでも同じ効果が得られますよ」

それだけでいいの!? さっそく我が家で実践。すると、男のニオイでよどみがちな我が家に、爽やかな風が吹き抜けてきました。1つの窓を開けただけの状態とは大違い! 皮膚にまとわりついた湿気が少なくなるだけで、過ごしやすくなりますね。ただ、雨の日が多い梅雨だと、窓を閉め切りがちなのですが…。

「それは、湿気対策として逆効果。外より部屋の方がジメジメとして不快ですよね? 閉め切った部屋ほど不快になりやすいので、雨の日でも窓を開ける習慣をつけましょう。雨だからといって窓を閉めていても、湿気は必ず入ってくるものですから。部屋に入ってきた蜂を追い出すように、湿気の逃げ道を作ることがジメジメ対策の基本です」

毎日のエアコン使用は、電気の消費だけでなく、カラダにも良くありません。節電ムードをきっかけとして、今回ご紹介したテクニックを活用しつつ、かしこく梅雨を乗り切りましょう!五便宝
0

2011/7/4

タイ政治史は、同氏の親族を交えて新たな局面に移る  

タイの下院総選挙で、タクシン元首相派のタイ貢献党が勝利し、妹のインラック氏(44)が政界デビューを果たした。選挙戦は前回2007年12月と同様、タクシン派と反タクシン派が争う構図で、またもタクシン派が圧勝した。ただ、タクシン氏をめぐり、政情の混乱は一層増した。タイ政治史は、同氏の親族を交えて新たな局面に移る。
同国の政治、経済はこの10年、タクシン氏の登場で劇的に変わった。警察官僚出身ながら有能な財界人として名をはせ、01年に首相の座につくと、経済成長率は翌年から毎年、理想的な4〜6%程度を出し、政権は立憲君主制導入後初めて4年の任期を満了。国家の父として絶大な人気を誇るプミポン国王の健康が懸念される中で、タクシン氏の求心力は増し、05年の総選挙ではほぼ一党独占に近い形で勝った。

 06年のクーデターでタクシン氏は軍に放逐されたが、第1期政権の実績は鮮烈で、その後、議員らは自らの立ち位置をタクシン派に置くかどうかで常に右往左往せざるをえなかった。

 08年12月、タクシン派与党が次々解党を命じられて民主党に政権が移った際、記者はタクシン氏の地盤の東北部出身のタクシン派の下院議員に取材した。待ち合わせの場所には、他の議員も3人。目的は「日本のメディアは事態をどうみるか」を聞くことだった。東北部ではタクシン派でなければ当選の可能性は薄い。だが選挙で勝ってもタクシン氏本人が亡命と帰国を繰り返し、存在を否定されては「実利」が見えない。

 この10年、あらゆる問題でタクシン氏が「基準」だった証拠だろう。

 インラック氏は、さらなる悪循環を阻止できるか。当面、そのカギは同氏が反タクシン派の露骨な左遷人事や強引な政治手法を控え、人材を集約して政策に集中することにある。「指導者として政治判断は自分で行う」との公約を守り、実兄の傀儡(かいらい)色を払拭することだ。大きく成長を続けた国家は疲弊しつつある。猶予は許されない。
0

2011/7/4

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ