妊娠して最初の受診では、このような流産も含めたさまざまな可能性について説明される

2011/9/17 
 妊娠して最初の受診では、このような流産も含めたさまざまな可能性について説明されることがありますから、できるだけパートナーも一緒に病院へ行って、医師の話を聞くといいですね。威哥王
妊娠中にはさまざまなトラブルが起こります。とくに初期の12週くらいまでと、後半の25週以降には、急な予定の変更に対応できるようにしましょう。また、旅行を計画するなら、状態の安定している13週頃から24週頃までにしましょう。
一般に5人に1人程度の人が流産になります。前述のように、病院ができることは、ほとんどないので、自由に旅行をしてもよいと思うかもしれません。しかし、相談する病院もないところで流産が始まるととても不安になりますよね。いくら優秀な医師でも、旅先からの電話で状態を判断することはできません。12週頃までは、病院に2時間以内で行けるところで楽しみましょう。
25週以降は、赤ちゃんも大きくなり、出血や早発陣痛などの出産に関連したイベントが起こりやすくなります。また、何か起こった時に適切な医療が受けられれば、赤ちゃんを無事に育てられる時期でもあります。後悔しないためにも、病院から1時間以上の距離まで離れるのは、なるべく避けましょう。
また、この時期の海外旅行はおすすめできません。以前に、ニューヨークの妹さんのところに遊びに行っていて32週で早産になった人がいました。無事に赤ちゃんはNICU(集中治療室)で育ったそうですが、その医療費が2,000万円ほどかかったと言っていました。赤ちゃんの命を助けるためには、もちろん全額負担しなくてはいけません。なお海外旅行保険ではカバーされませんので、念のため。絶對高潮
つわりは病気ではないといわれますが、ひどい場合は水も飲めないほどに吐き続ける人もいます。いつまでも続く二日酔いと思えば、そのつらさが少しは理解できますよね。精神的にも不安定なこの時期には、夫の優しいサポートが必要です。妻の希望があったら、すぐにかなえてあげましょう。わがままを言っているのではないのです。また、話を聞いてもらって、心が落ち着くだけでも、ずいぶん違います。ここで、「つわりは病気じゃないんだから」なんて言ったりすると、一生責め続けられるかもしれませんよ。

また、仕事を持つ妊婦さんの場合、勤務時間の短縮、欠勤、時差通勤などが必要と思った場合には、「母性健康管理指導事項連絡カード」を勤務先に提出すると、配慮してもらえます。産院で相談してみてください。16週くらいまでには、つわりはおさまります。いろいろな工夫で乗り切りましょう。ひどいときには、病院で相談してください。点滴や吐き気止めで少しは楽になります。

妊娠による急激な体の変化は、心にも大きな変化をもたらします。気持ちが不安定な妻に対しては、夫は聞き役に徹することが大事です。夫の意見を求めているのではありません。共感して、一緒に考えようとする態度が大事です。一日一回の優しい言葉、「ありがとう」「大丈夫だよ」「お疲れさま」「助かったよ」を習慣にしましょう。そばにいてあげることが、とても大事です。

初めてのことで、戸惑っている妻を、優しくサポートできるのは、一番そばにいる夫です。出産前から、奥さんのサポートをして、育児に備えましょう。次回は、残りの3カ条について解説します。
RU486
0
タグ: Sex 中絶薬 福源春

独り占めしたような感覚に、ずっと溺れていたいから

2011/9/14 
『知っているのに聞いてしまうのは、わたしのために答えを探してくれる彼を見たいから。独り占めしたような感覚に、ずっと溺れていたいから。』威哥王

 天井から音を降り注ぐかのように設置されたスピーカーから延々と流れる曲が、数十分前から押し黙ったままの、1組の男女の間を通り抜けて行く。

 店内は、その音楽を取り除いてしまえば酷く閑散とした様子で、喫茶店らしい居心地の良さもなければ、奥ゆかしさもない。


 店員も長身痩躯の端整な顔立ちをした穏やかな青年ただ1人。
それも営業時間のほとんどを、カウンターの椅子に座ってすごしている怠慢ぶりだ。
 
 
とても喫茶店と呼べる雰囲気ではないここは、ただ名ばかりの『梅村喫茶店』。


 メニューは烏龍茶や緑茶、ハーブティーといったつまらない飲みもの以外は何も置いておらず、小腹が空いたからと言って立ち寄る人間はまずいない。



「……ねえ。この曲、なんていう曲だっけ」


 不意に女のほうが、流れてくる音楽に視線を送るように宙を仰ぎ向かいに座る男に問う。

 席についてから数十分も経つのに、2人は何も注文しておらず、2人を隔てる何も乗っていない店のテーブルは、大きく深い溝のようなものにも見えた。 


 本当は、曲名も作曲者も作詞家も、全て知っている。
 それでも質問をしたのは、彼の気持ちを試すためだ。

 
 数十秒、何の反応も見せず何も答えない彼の態度に、彼女は憂いを帯びた表情でもう一度問う。


「この曲、知らない?」

「……ああ、知らないな」

 
 やっと開かれた彼の口から出た声は、小さく、そして掠れていて、注意していなければ聞こえないほどだった。
 が、女はそれを聞き漏らすことなく飲み込んだ。


「そ……か」

 無理に顔を強張らせて笑う彼女の笑顔は引きつっていたが、男は俯いたままそれを見逃した。 

 浮気をされたのが分かり、問いただしたのをひどく後悔した。
 男に浮気をさせてしまった自分の存在や価値、それまでの態度を振り返ると、それはされても仕方の無いことだった。

 いい彼女でいたいと願い、必死でそれを演じてきたのが、それは結局自分のためで、満足していたのは自分だけ。  
 
 それでも、この店に来たのは悔しかったからだ。


 3年前、2人が出会った時に流れていた曲なんて、覚えているのは自分だけだった。
 男の心からは、もう、自分という存在は消えうせてしまったのだろう。


 数少ないやり取りだけで納得した女は、すみません、とカウンターに座る青年を呼んだ。


** 
   
 
「お待たせしました。烏龍茶です」

 コンビニでだって買えるような飲み物だが、実は、値段はその2倍する。
 けれど、わざわざこの場所へ来て頼むのには理由がある。
 ここに来るものにはみな、等しい理由が存在する。


「ありがとうございます」

 
 青年は、端整な顔立ちを少しも緩めずに、それでも決して客の失礼にはならぬようにして、お洒落なグラスに注がれた烏龍茶を差し出した。

 受け取った女は卓上の烏龍茶に視線を落とすと、そのまま俯いて2秒ほど押し黙った後、顔を覆い隠すセミロング程度にまで伸びた髪の隙間から、小さく言った。


「……鍵を下ろしてもらえますか」

「かしこまりました」


 背筋をぴんと伸ばしたまま小さくうなずくと、青年は店の入り口に『closed』の札をかけ、内側から施錠をした。

 女にアイコンタクトを送り納得した顔を見ると、カウンターの中へ入り椅子に座り、普段使われない机に詰まれた雑誌を上から取って読み出した。


 それを確認した直後、女は結露したグラス表面の水滴を全く気にすることなくグラスを直接掴み、向かい席に座る男へそれを思い切りぶっ掛けた。

 
「あなたとはもう、……別れる」

 濡れた髪から滴る烏龍茶の香りが、鼻を掠める。こうなることは、この店に連れてこられたときから想像がついていた。

 この店は、別れる前のカップルが訪れる終焉の場。

 
 男はただ、黙って床を見つめていた。
 視線など、少しだって合わせられるはずもなかった。


 呆然と俯く中で、ただひとつだけ理解できたことは、全部自分が悪いということだけだ。


 3年前、どうしてこの女を好きだと言ったのか、――否、本当に自分が彼女に告白をしたのかすら、覚えていない。

 
 そこだけぽっかり空いているのだ。

 大嫌いだったような気がする。

 4年前は、死ぬほど嫌いな女で話もしたくなかったというより、お互いに嫌っていて、目もあわせないような仲だった。

 どういうわけか趣味が合い、偶然にも同じ大学の同じサークルに入ったのだが、2人のせいでサークル内はいつも険悪なムードに包まれていた。


 そんな記憶しかないのに、どうして。
 

「――ばいばい」

 
 床に滴る烏龍茶と、散らばる氷を片付けもせずに彼女はその場を後にした。
 カウンターでは青年がすでに立ち上がり勘定の用意をしていた。 


 残された彼は1人、思いに耽る。

 どうして、別れたんだろうと。



 ここは、別れしか生まれない悲しみの喫茶店。
『梅村喫茶店』避妊薬
0

キミは――――中学生だね。キミは進路に悩んでいる

2011/9/8 
キミは――――中学生だね。キミは進路に悩んでいる。ちょっと待って・・・・・・学校は具体的に決まっていない。そうだね?
キミの両親は進学率の高い学校に行ってほしい、でも、キミが本当に行きたいのは、サッカーに打ち込める学校。
「どうして分かるんですか?」
キミはこの志島静寂|《しじましじまの実力を信用しないのかい?
「変わった名前だったから気になっただけです」
・・・・・・・・そうか。
「雰囲気も口調も占い師らしくないし」
ほっとけ。
ま、いいや。キミの未来はキミ次第。オーケイ?
学業を優先させても、スポーツを優先させても、君が頑張れば君が思っていたよりは上の成果が出せる。
「そんな曖昧なことを」
うるさいな。キミの未来はどっちも幸せそうなんだ。
違うと言えば、学業を優先させると偏差値が3くらい多いな。スポーツを優先すると、彼女の胸がちょっとだけ増える。
あ、もう決まったの?早いな。
いいか?一生のことだぞ?占いなんかに頼らないで、自分で頑張るんだぞーーー。


いいのかな?スポーツ推薦か一般受験かの違いで、大学からの人生はあんまり変わらないんだけど。


お、キミは大人びてるけど女子中学生。可愛いねー。
コホン、キミは・・・・・恋の悩みか。
「どうして分かるんですか?」
キミはこの志島静寂|《しじましじまの実力を信用しないのかい?
「変わった名前だったから気になっただけです」
・・・・・・・・そうか。
「雰囲気も口調も占い師らしくないし」
お前もか。いや、なんでもない。
中3で、受験前に告白するかどうかで悩んでいるんだね。ん?どうした?
自分の口で言いたかったって?
占いに出るように思ってくれ・・・・。
「分かることと分からないことがあるんですか?よく自分のことは占えないって言いますよね?」
まあ、ね。ただ、キミは自分の心には迷いが無いんだよ――――――だからキミの願いごとはよく見えるけど、キミの考えていることは見えにくい―――――お客さんにもよるけどさ。初恋っていいねー。
どうしたんだい?むすっとして。
いいから牛乳飲んでよく運動しておけ。あと、胸筋鍛えるの忘れるな。スポーツブラは便利だけど、胸は作っとかないと垂れるぞ。
「セクハラです!」
いやいや。キミの信じる心が幸せをつかむんだよ。騙されたと思って。このまま体型が変わらなかったら彼も騙されたと思うし――――――二人の幸せはキミにかかってる!
「・・・・・。あの、もう一つ占ってくれませんか?」
・・・・・・キミの兄貴か。
キミと一緒だな。キミ達は告白すればうまくいく。以上!
また不満そうな顔をして。
長い付き合いで、お互いきっかけを失っているだけって占いに出てるぞ。
キミはこの志島静寂|《しじましじまの実力を信用しないのかい?
さ、明日はとびっきり可愛い笑顔で彼氏と一緒に帰るんだぞ。ラッキーカラーは緑のリボン、分かったかい?

待った?
今日は早く来たじゃない。
あ、それ、何?くれるの?食べ物?
え?違うの?
妹からのおつかいを頼まれた・・・・なんだ・・・・・。
う、うるさいな。占い師は自分のことは苦手なんだ―――――キミも一回占ってみろ!
それで?わざわざ呼び出した理由は?
占ってほしいことでもあるの?
え?もう占ってもらった?
キミを最近占った覚えはないけどな・・・・・。
まあ、いいや。お礼に美味しいものを奢ってくれるってことでしょう?
お礼でもない?
変な奴。
『誕生日おめでとう』
へー。覚えててくれたんだ。サンキュ。
でも、紫の箱に緑のリボン?キミが選んだの?趣味が悪いな。
メッセージカード位付けてほしいし。
え?直接言いたかった?
キミ、今日は何か変だぞ?
顔も赤いし。
長い付き合いでしょう?キミのどんな悩みでもわたしが聞いてあげるから、ね?
0

teacup.ブログ START!

2011/9/8 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ