イチオシリンク  癒し

健康は一日ではなれません→健康に近道はありえない

健康になれる人が実施していること→健康促進、直球勝負!!
0

2012/11/30

和風のイメージがある観葉植物  癒し



江戸時代から日本では、観葉植物として楽しまれている、シュロチク、観音竹はヤシ科の植物なのですが、竹の葉に似た葉がすがすがしくて、落ち着いた雰囲気になります。

都市部の人は、マンションに住む人がかなり多いと思いますが、確かに街は便利ですが、その代わりに緑が少なくなってしまいます。

窓から外を見ても、コンクリートの建物ばかりだと思います。

そういう方のために、ベランダでも育てられる癒し系の観葉植物もあります。

その中でも、ブームになっているのが竹の鉢です。

金明竹、大名竹、黒竹などなど、様々な種類が増えました。

どんな植物を置くにせよベランダに設置する場合、風で倒れないようにして、水やりの習慣をつけるようにしましょう。

マッサージをして日々の疲れを吹き飛ばしたいなら→活力をよみがえらせるためにマッサージを

痩せやすいツボを、マッサージしたいならココを見て!→痩せるツボをマッサージで刺激

0

2012/9/27

癒しの勉強をしてみた  癒し



今、ものすごくやりたいことを探しています。

自分でビジネスをやりたいと思っていますが、何をやりたいのかわかりません。

ファッションやジュエリーのデザインとか、スピリチュアルヒーリングや癒しを色々勉強したけど、どれも「これだ!!」というものに巡り会っていません。

目的達成のためにはビジネスも勉強したいと思いますが、これといった学校も見つかりません・・・。

みたいな内容です。

ものすごく焦ってる感じになっています。


0

2012/9/11

受ける場所を選ぶ  癒し



どれほど優れたマッサージを味わうことができたとしても、その癒しを感じていく場所が不適切であれば、ほとんどの場合、癒しを実感していくことが難しいと言えるでしょう。

本当に良いかたちで癒されていきたいと感じているのであれば、まずは良い癒しを受けるのにふさわしい場所を自分でチョイスしていくことがとても大切です。

そしてそのためには、出張型のお店を利用して、自宅やお気に入りのホテルなどでマッサージを受けていけるようにすることが大切ではないでしょうか。

0

2012/9/4

優れたかたちで  癒し



すごく優れたマッサージを出張型で楽しんでいくべきだと思います。

マッサージを出張型のお店で楽しんでいけば、誰もが深い癒しをずっと長く味わっていくことができるでしょう。

特に高品質なアロマオイルを利用すれば、とても深い癒しをかんたんに味わっていけると思いますからおすすめです。

リラックス効果の高いマッサージといえばアロママッサージですから、まずはそれを楽しんで利用していくべきだとわたし自身は考えているのです。

0

2012/8/31

癒しも十人十色  癒し



癒しブームなんて言葉があるくらい、今の世の中には癒し関連の方法やグッズがたくさんあります。

それだけたくさんの種類があるのですから、癒しを感じるのも、人によって様々ですよね。

カラオケで騒いで癒しを感じる人もいれば、のんびり景色を眺めているだけで癒しを感じる人もいるわけですから。

だからこそ、皆さんが行っている癒しの方法が、本当に自分に合ったものなのかを、一度じっくり考えてみて欲しいのです。

もし少しでもストレスを感じているのなら、すぐにでもその方法を止めるべきです。

たくさんの方法があるのなら、ひとつでも自分に合った癒しの方法があるはず。

その癒しの方法、本当にあなたに合った方法ですか?
0

2012/8/30

場面場面を大事にする  癒し



癒しを感じる場面っていうのは毎日の生活の中で感じることはあると思います。

そういった場面を一つ一つ大事にしていってくださいね。

例えばお風呂に入っている時間も癒しの時間だと思います。

その時は凄くリラックスできるので、体が癒されているのがわかります。

そういった時間があるのなら、また楽しみたいと思うに違いありません。

だからこそ色んな癒しを堪能していってくださいね。

他にももっともっと癒しの場面はあると思います
0

2012/8/29

癒しを感じるために  癒し



もっと上手く癒しを感じていくために、できるかぎりの努力を行っていってください。

とても良い癒しを日ごろから感じていくことができれば、毎日の生活はさらに気楽なものになっていくでしょう。

人はあまり意識していないところでも、常にいろいろなストレスを感じているものですから、それに対応する程度のリラックスも得ていかなければならないとわたしは考えています。

良いリラックスを感じていけるようにこれからいろいろ考えていくといいでしょう。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ