2012/4/25

ウォーターサーバーと井戸水で災害時の水  

災害に備えて、非常用の持ち出し袋を準備しています。

いろいろ必要なものが多くなりますが、何と言っても
水の確保が重要でしょう。

ウォーターサーバーの宅配水をつかっていますが、非常用にも
数本の水のボトルをストックしています。

天然水だと封を開けなければ3カ月もちます。水道水を使って
高度にろ過したお水なら、1年くらいはもつそうです。

もちろんその消費期限をまもって使い切るように注意しながら、
常にストック分を入れ替えています。

うちはその他にも、井戸ポンプが使えて、電気が止まっても、
太陽光発電をつけていますので、昼間、日差しがあれば、
そこから直接電源をとれるので、水の確保ができます。

お米も玄米で1年分ストックしてありますので、炊飯器が無事なら、
水とお米でご飯が炊けるので、非常時の水と食料はなんとかなりそうです。

去年の震災の時に一番困ったのが、ガソリンでしたので、
電気自動車も欲しいですね。普段は電気代の安い夜間電力で充電して、
昼間に使えるそうですから、太陽光パネルからも充電できるように
しておけば、いざという時、かなりの戦力になってくれると思います。

非常用持ち出し袋の置き場はちょっと悩むところです。

家の中にしまっておいて、持ち出せればいいですが、
家のがれきで埋まってしまっては意味がないです。

やっぱり物置か、庭に穴でも掘ってコンテナでも埋めておきますか。
0

2012/4/15

ウォーターサーバー水の消費量  

水の汚れは、水に含まれる有機物の量できまります。

その有機物は、水による自然分解と水中の微生物による
分解により浄化されていきます。

微生物が水中の有機物を分解するのに、酸素を消費するのですが、
その微生物が5日間で、有機物の分解にどのくらい酸素を消費したのかを
計測した値がBODといって、水の汚れ具合を計る単位となっています。

この5日間には由来があって、イギリスのテムズ河が、上流から海に
達するのに要する時間が5日間なので、その日数が基準となったのです。

これが、大陸の大河だと、数カ月もかかる河もあり、水の入れ替えに
時間がかかればかかるほど、水質は悪くなります。

これが日本では、平均約3日間です。

世界基準のテムズ河よりもずっと短いわけで、水の入れ替えが早く、
日本の川の水質をある程度きれいに保ってくれているのです。

だからこそ、その川を水源とする、日本の水道は、世界でも最高レベルの
水質を誇っているといってもよいでしょう。

それでも、飲用水として、水道水離れが進んでいます。

ペットボトルやウォーターサーバーの宅配水の消費量が年々増加しています。

塩素や化学物質を嫌ってか、放射能問題も大きな要因になっているのでしょう。
それでも、水道法で管理されている日本の水道水は、けっして危険な飲み水では
ないことは確かです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ