2011/12/6

弁理士は、国家資格で弁理士法で規定された産業財産権などに関する業務を遂行する  

アクセサリ作りも、昔からある手作業の仕事による内職の一つですね。

ビーズ等で、アクセサリを手作業で作ります。

小手先があって、アクセサリ作りが好きな人には、趣味も兼ねてできます。

単に、今は機械による大量生産の時代なので、手作業によるアクセサリ作りの仕事は、非常に少なくなっています。

仕事の特性上、手渡しで仕事を渡し、手渡しで出来上がったものを確認したうえで納品出来ないと無理です。

工賃は決して高くはありませんし、出来上がったものを宅配便で送るなどしたら、たいした利益になりません。

出来上がり商品の質が大事なので、信用できる人にしか仕事は出しません。

このようなことから、アクセサリ作りの内職の募集などは、主に張り紙で貼ってあることが多いようです。

弁理士は、国家資格で弁理士法で規定された産業財産権などに関する業務を遂行することです。

発明・考案意匠(デザイン)、商標(トレードマーク、サービスマーク)を保護するため、この特許権(パテント)などの取得をするための特許庁への出願から登録までの業務が主な仕事です。

仕事は、特許専門の弁理士、意匠・商標専門の弁理士など、専門分野や職場により異なりますが、比較的多いのは、特許を専門とする弁理士です。

経験を積めば、独立開業する人も多くて、高収入を得ている人もいます。

個人で、在宅で仕事をするのも可能なのですが、営業回りに出て行ったりする必要はあります。

実務をするためには、特許担当になる場合、電気とか、化学とか、技術的な専門分野の仕事が多いのです。

内職OEM
ダブルワークPRO
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ