中古バイク  

あー寒いから今日は一日家から出ない
今年はほんとーーーーーに、寒い!!!!!!!
節電しなきゃと思いつつ。。。
全然できてなーーーーい

ほんとーー、すいませんって感じ

はふはふ

バイク回収してもらいました!!!
家の外もスッキり〜んこ

バイクとは少しの間おさらばだけど、
自転車で健康的に生活するぜ〜い

春に買う予定のバイクは何にしよう

いっぱいありすぎてよくわからんな。。。
中古バイクはいかがなんだろうか??

おすすめのバイクってありますか??
0

(無題)  

今日の東京はとっても天気がいいです。
こんな日はバイクに乗って奥多摩にでも行きたいっす!


でも、今日はお留守番。。。


さむすぃ〜(T-T)


さぁ〜、気の取り直して洗車の基本をお送りいたしまーす!
では、早速行きましょうか!?(⌒o⌒)


洗車って、実はとっ〜ても大切なんですよー
整備の基本は、洗車からっす。


なぜって?


それは、洗車をすることで、バイクを隅々までチェックできますよね。
傷とか見つけたりしますよね?


これが大切なんですねー。


わっかるかなー。(笑)


じゃ、まず必要な用具の紹介から行くよーん!


洗車に必要なものといえば〜


何?


う?


何でしょうねぇ〜(笑)


そりゃー、水でしょうが、みず。

ふつーの水で良いっす。


じゃ、気を取り直して、洗車基本グッズ編、再スタート!って、オイオイ


基本グッズ

●バケツ
●洗浄剤(バイク or カーシャンプー)
●スポンジ OR ブラシ
●ウエス(拭くもの)


上記3点があれば、まずは洗車ができますね。
ホームセンターに行けば、手に入るので買ってちょ。


最近では、100円ショップでも売っていたりするので、そこで買っても OK !
あー、でも 100円ショップのものは、ものがものだけに大切なバイクに傷がつくかもーって
心配な方は、ホームセンターか通販を利用してねん。


次は、具体的な洗い方ねー


1. バケツに水を汲む!

2. 水にカーシャンプーを混ぜる!

3. まずは、バイク全体に水を掛けて、砂埃を流し落とす。
  これ 2 で作った水じゃないよー。普通の水道水ね。

4. スポンジ、またはブラシを 2 で作った水に浸ける。

5. スポンジでバイクをやさしく洗う。
 洗う順番は、上から順番に!だって、下から上に洗うと、上の汚れがまた付くでしょ?


6. 水で洗い流す。流すときも上からね!


7. ウエスで水を拭き取る。


こんな感じです。
ちなみにウエスはセーム皮がいいね。


吸水性抜群だから。
でも、ちょっと高いんだよね。


なので、僕は人口セーム使ってます。。。(T-T)
あ、でも人口セームでも十分さ。(キッパリ)
0

(無題)  

点検

 皆さんは運行前点検をしていますか?ほとんどの方が点検を怠っているのが現状だと思います。


めんどくさいというのがその理由でしょう。でも、ちょっと待って下さい。
もし、あなたのバイクのブレーキが効かなかったらどうなるでしょう?

事故を起こしてしまいますね。事故を未然に防ぐためにも、運行前点検は習慣づけて下さい。


運行前点検


合い言葉は、ネンオシャチエブクトウバシメ


運行前点検の合い言葉は、ネンオシャチエブクトウバシメ。
これは点検項目の頭の文字を並べて文章化したものです。


これさえ押さえれば運行前点検は十分でしょう。


ネン 燃料
燃料がなければバイクは走りません。十分燃料があるか確認しましょう。


オ オイル
エンジンオイルの量は適当ですか?


シャ タイヤ(車輪)
タイヤに異物が刺さっていませんか? 空気は十分は入っていますか?スリップサインはでていませんか?


チエ チェーン
チェーンが伸びていませんか?


ブ ブレーキ
ブレーキは効きますか? 前後調べましょう。


ク クラッチ
クラッチがスムーズに動きますか? 遊びは適当ですか?


トウ 灯火類
ライト・ウィンカー・テールランプ・ストップランプは点灯しますか?


バ バッテリー
バッテリーの液量を点検。MFバッテリーなら確認不要。


シメ 締め付け
緩んだネジはありませんか?


ぶたとねんりょう

めんどくさがりなあなたの合い言葉はブタと燃料。
最低限の項目ですので、時間があるときは”ネンオシャチエブクトウバシメ”でいきましょう。


ぶ ブレーキ
ブレーキは効きますか? 前後調べましょう。


た タイヤ
タイヤに異物が刺さっていませんか? 空気は十分は入っていますか?スリップサインはでていませんか?


と 灯火類
ライト・ウィンカー・テールランプ・ストップランプが点灯しますか?


ねんりょう 燃料
燃料がなければバイクは走りません。十分燃料があるか確認しましょう。


洗車も立派な点検

皆さんは洗車をどのようにお考えですか? ただ愛車を綺麗にするためですか?
そんなことはありません、洗車も立派な点検なのです。


洗車の時ほどバイクをマジマジと見ることはないのですから。
難しいことはありません。


ホース類であれば亀裂はないか漏れていないか見ればいいわけですし、その他も破損した個所はないか、ネジの緩みはないか、洗車しながら見ていくだけです。


長くつき合う愛車ですから、定期的に洗車をして点検してあげましょう。そうすればいつも愛車はピカピカになり、一石二鳥です。
0

(無題)  

バイクのツーリングといっても、バイクのサークル仲間や気の合う仲間同士、一人で気ままにバイクを走らせる等の楽しみ方がありますよね。

ただし、多人数でも一人でも、ツーリングをする時はある程度マナーを守らなくてはいけません。

当たり前の事ですが、道路はバイク走行をする為だけにある訳ではありません。

車はもちろん、他のライダーの方達も走っている事を忘れずに、楽しくツーリングをしましょう。

さて、一人でツーリングに出る時は、自分のペースで走行を楽しむ事が出来ますが、周りに迷惑をかけてしまう空ふかしや暴走等はしないで下さい。

ツーリングで大切なのは、ライダーとしてのマナーをシッカリと守る事です。

バイク愛好家の方達から、「一般的なバイクのマナーが守れないようなら、ツーリングをする資格は無い!!」と言われてしまうでしょう。

次に仲間とバイクツーリングを楽しむ時は、周囲に気を使いながら走る事がマナーですよね。

例えば、途中で故障しないようにバイクの点検をしておく、ツーリングに出かける前にガソリンを満タンにしておく、集合時間に遅れない、など最低限のマナーは守るようにして下さいね。

また、走行中にはツーリング仲間と間隔を開け過ぎないように、また近すぎないように確認し、前を走行しているバイクのバックミラーの死角になるような場所で走行しないようにしましょう。

そして、休憩場所等では独立して行動しない、という事もマナーの一つですよ。

仲間と楽しくツーリングをすれば、新しい仲間とも直ぐに打ち解ける事が出来ます。

バイクツーリングは、共通の趣味を持つ仲間を増やす、良い機会でもありますよ♪
0

(無題)  

初めてのバイク選びのポイント

最初から「このバイクに乗りたい!」と決意していたのなら問題ないのですが、初めて買うバイクをどのモデルにするのかは、誰でも悩むものです。財布と相談する必要もあるでしょうし、新車にするか、それとも、まずは中古車で…と考えるかによっても、選べるバイクは違ってきます。

カタログや雑誌を眺めながらあれこれ悩むのは楽しいですから、大いに悩みたいところではありますね。


【ポイント1】バイクは「求める用途」を確認して購入しよう

通学の足など、主に街中での移動に利用し、休日には郊外へちょっとだけツーリングにも出たい。そんな一般的な使い方なら、250〜400ccクラスのオンロードスポーツが無難な選択です。

まだまだ初心者ですから(失礼!)立ちゴケの可能性も少なくありませんので、ダメージコストの小さいネイキッドモデルも最適ではないでしょうか。中でも、車重が軽くて取り回しがしやすい250ccモデルは、日常での使い勝手にも優れています。


【ポイント2】車種の豊富な中古バイクも狙い目

新車は魅力的だけど、お金にあまり余裕もないし、なによりまずは運転に慣れることを優先したい…と考える人も多いはず。


中古車なら、欲しかったバイクも安く入手できる 
そんなときは、中古バイクという選択肢ももちろんアリです。

中古、というと不安を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、最近の中古車市場には程度のいいモデルが数多く出ていますし、なんといっても、車種の豊富さが大きな魅力です。

ミドルクラスのバイクなら価格も20万円前後からあるので、金銭的な負担も少なくすみます。

バイクの販売、買取大手の『レッドバロン』は全国に290余店舗。国内外の新車はもちろん、整備の行き届いた中古車が豊富に揃っています。
アフターサービス体制も万全で、古いバイクでもパーツの供給が安心な「修理保証」のほか、点検、整備から車検まで任せられる「プライベート工場」、「オイルリザーブシステム」、バイク専用の「ロードサービス(ツーリングサービス)」などでユーザーをサポートしてくれます。しかも『レッドバロン』で購入すれば、どんなに古い中古バイクでも格安で盗難保険に入れるというのも大きな魅力です。
もちろん、購入したバイクの買取もしてくれますので、乗り換えもスムーズにできますよ。


【ポイント3】お得なキャンペーンを利用すべし

「いま購入すると○○サービス!」といったキャンペーン。これを利用しない手はありません。

たとえば、ホンダでは、CBシリーズ購入者を対象に、スポーツグリップヒーター半額&21,000円分のクーポン券をプレゼントする『CBフェア』も展開中です(2011年2月28日まで)。
また、カワサキでは、D-TRACKER125、KLX125の購入者にQUOカード1万円分をプレゼントする『ハッピーQUOカードPRESENTキャンペーン』を行っています(2011年4月30日まで)。

気になるメーカーのHPなどをまめにチェックすることをオススメします!

0




AutoPage最新お知らせ