【口説かないのに女が落ちる】 次世代の恋愛システム 『ミステリーISM-遺伝子の継承』   口説かない

*■■遂に日本初上陸■■全米TV放映20回連載・書籍化・決定 ! 【口説かないのに女が落ちる】 次世代の恋愛システム 『ミステリーISM-遺伝子の継承』







2008年から「口説かないスタイル」を提唱(ていしょう)している恋愛コーチです。

おそらく日本で初めて、

「女は口説いてはいけない。」

ということを口にした人間だと思います。

今でこそ恋愛のコーチとして、クライアントに恋愛を教えていますが、
実は私も昔は、ルックスの悪さにコンプレックスを持ち
「彼女なんていらない」と恋愛に対して逃げ腰だった男でした。

そんな私ですが、現在では、日本での恋愛コーチとしての功績が認められ、
これからご紹介するアメリカ恋愛界のカリスマNO1コーチから
日本人で唯一のパートナーとして認められるまでになりました。

どうして私は「口説かずに女を落とせる」ようになったのか。

そして、なぜ、このアメリカ最新の口説かないメソッドを習った生徒たちは、
次々に結果を出すのか?

この秘密を今から、あなたに公開しようと思います…。
女に興味のないフリをしているむっつりスケベ男…

「別に女なんかいらねーよ。 車が一番!」

と、一人の彼女もできなかった私は、恋愛から目を反らし
趣味の車イジりばかりをして、自分をムリヤリ説得するような男でした。

(内心は、彼女がほしくて、しょうがないのに・・・)

そんな私とは正反対に当時つるんでいた仲間というと、
皆、それなりにルックスのイイやつらが多かったからなのか…
当然のように彼女はいるし、二股をかけている男もいました。

バーベキューをしようと仲間内で海に行くときも、
彼女がいる男たちは当然、助手席には彼女を乗せてきます。

その後部座席にも彼女の女友達たちが乗っているという
なんともうらやましい限りのハーレムな車両でした。

信号待ちや渋滞で隣に並んだとき、
私のほうを見て「ニヤリ」と微笑みかけてくる男もいます・・・

なぜ、「ニヤリ」とされるのかというと、やっぱり「ニヤリ」とされる原因があるんですよね。。

「ニヤリ」とされる私の車は、車を持っていない男友達を助手席に乗せ、
後ろにも男友達を乗せる…。そんなお約束どおりの男くさい車で、
「ザ・メンズ」という称号をつけられてもおかしくない、おとこ専用車両でした。

「ニヤリ」とされても、くやしいと思いつつも「しょうがない。」と思ってしまう
負け犬のような男でした…

しかし、そんな私でしたが、ひょんなことから、
人生一度目の転機が訪れたのです。
帰国子女のミサが虜になったアメリカ人男のある手口…

「モテたいなら口説いちゃダメ

女の子から追いかけさせるようにさせなきゃ。

そうしたら、その子はなんだってするよ。」

「・・・はぁ?」(何を言っているんだ、この人?)

最初はその言葉の意味がわかりませんでした。

私がなにかのきっかけで、バイト仲間だった帰国子女の4つ年上のミサさんに、
「友達はモテるやつばかりなのに、・・・俺は、モテないんです。。」
と、こぼしたときに、ミサさんが言ったのがさっきの言葉です。

「そんなの、できるわけないじゃないですか。 オレ、こんなですから…」

とっさにこう答えた私に、
ミサさんは涼しい顔して続けてこう言いました。

「ブサイクだって女を虜にできるんだよ。」

さすが帰国子女というだけあって、はっきりものを言ってきます。
ブサイクな私に向かって正面きってブサイクと言い放ったのです…(苦笑い)

「またまたぁ〜。」

「ブサイクでも女を虜にできる」

というミサさんの衝撃の言葉に一瞬身を乗り出し反応してしまった私でしたが、
そこは悟られないように、できるだけ平静を装いました。
(「ブサイクが女を虜に…」が頭の中では何度も何度もこだましているのに…)

「そんななぐさめはいらないですよ。」

と、話をまともに聞き入れないフリをしていた私に、
そっと目をやったミサさんは、ため息をつき、さらに衝撃的な言葉を浴びせるのです。

「なぐさめじゃないって。わたしがそういう経験したから言ってんの。」

(えっ!ミサさんが!?)

話を聞けばアメリカにいる時にミサさん本人が
ブサイク男の虜になった経験があるというのです。


詳細はさらにこちら


たった一通のメールだけで女性を落とした秘密

●セット版 瞬間恋愛会話術+スナイパーメール

PDF版『30日で!コワイくらいモテる男に生まれ変わる184の魔法!』
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ