バイキン城とは  

バイキン城

ばいきんまん、ドキンちゃん、かびるんるん、ホラーマンが住む、
ばいきんまんの顔の形をした城。

ばいきんまん、ドキンちゃんの部屋がそれぞれあり他は研究室のような部屋が多い。
また、メインコンピュータのようなものもあり、
そこで遠くの様子を観察でき、他にも格闘ゲームをしたりと様々な機能がついている。

そのコンピューターはアニメ初期ではファミリーコンピュータ、
現在ではスーパーファミコンのコントローラーのような形になっている。

ドキンちゃんの部屋や研究室などはきれいに整頓されているが、
倉庫などは非常に汚くかびるんるんのすみかになっている。

さらにバイキン城の周りは断崖絶壁となっていて
UFOを使わなければ外へ出ることはできないため、
ばいきんまんに連れてこられたキャラクターはUFOを奪って逃げだすことが多い。

飛行機能を備えており、初期の話で数回移動させたことがある。
稀にアクシデントなどで触角が折れる事も。

触角部は『スーパーアンテナ』と呼ばれる。
舌はバイキンUFOやドキンUFOが発進する他、
大型メカのカタパルトとして使われる。

大型のバイキンメカは、上部や背部に発射口を設けて出撃することもある。
マジックハンドによる強力なパンチや、鼻の部分が飛び出すなど、
各種の武装を備えている。とんかちどりによってドキン城に変えられたことがある。

映画『ばいきんまんVSバイキンマン!?』では、
バイキンマンに占領され、カラフルかつ、多数の防衛用兵器を備えた要塞に改造された。

地下はロボットや兵器を開発する工場や、
図書室になっている(TVSP『アンパンマンのクリスマスショー』など)。


アンパンマン
0




AutoPage最新お知らせ