2013/2/19

多汗症と美容整形手術  


多汗症(たかんしょう)というのは、ストレスから交感神経に支障をきたし、体温上昇とは関係なくエクリン腺から汗が過剰に放出される疾患です。
治療法としては、次が考えられます。
●塩化アルミニウムを外用する。

美容整形治療における、多汗症の治療として用いられるのが、ボトックス注入法です。
ボトックス注入法は、たんぱく質の一種で働きを低下させる作用がその作用を利用して、腋の下に注入することで、汗を出すアポクリン腺や活動を抑制させるのです。
汗腺を取り除くわけではありませんから、永続的ではありません。
多汗症は、手のひらの場合、汗が滴るように飛び散ってしまうため、汗で物がつかめない、本が破れてしまう、など、日常生活への影響は非常にものです。

にきび跡 消すニュース日記
0

2013/2/4

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ