2012/8/10

背広で登場している  

もっとも、お酒落をしたいなら、思い切って派手めな柄や素材で仕立てたオッド•べストを着て、議場をアッと言わせて見てはどうだろう。オッド•べストはジャケットやプレザーの下に着れば、パッと目立つし粋なものだ。エルメスのオッド•べストなど、あのスカーフのような柄を使っていて華やぎがある。


テレビで国会中継を見ていると橋本首相がたびたび三っ揃いの背広で登場している。今どき三っ揃いでドレスアップする人は少ないのだが、かつてべストドレッサー賞を受けた橋龍氏は、入社式に整列した新入社員のノリで緊張して出て来ているようで愛橋がある。


お値段の方は十数万円もして、そこいらの安売り背広の五着分くらいする。が、カジュアルとかインフォーマル志向の最近のビジネスマンなら、それくらい投資する値打ちはあるかもしれない。小沢一郎氏のス夕イリスト役を務めた小池百合子さんなど、思い切って一龍戦争にオッド•べストで挑戦したらどうだろう。


橋龍氏のマネをして三っ揃いを買う気になった人は、べストのいちばん下のボタンを外すのが常識だからお忘れなく。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ