2011/3/22 | 投稿者: monchhichi41

親のしつけに関する見方の変化も今日の若者に影響を与えています。ロン・タフェル博士が率直に述べているように,多くの親は「権威を放棄している」のです。そうなると,若者は,行動を律する規則や指針をごくわずかしか,あるいは全く与えられずに成長します。
自分の子ども時代の不幸な経験への反動がしつけに表われる場合もあるようです。親は子どもの友でありたいと思っており,厳格にしつける人になりたくはありません。ある母親は「わたしは大目に見すぎました」と述べています。「両親は本当に厳しかったので,自分の子にはそうしたくなかったのです。でも間違っていました」。
この点で,どんなことをする親がいるでしょうか。USAトゥデー紙はこう報じています。「ニューヨーク,テキサス,フロリダ,カリフォルニアで薬物中毒の治療を受けている十代の若者600人近くを対象にした最近の調査によると,20%はアルコール以外の薬物を親と一緒に使用したことがあり,約5%は何と母親や父親から薬物を,たいていはマリファナを勧められていた」。親がそのように無責任な行動を取るのはなぜでしょうか。ある親は,「娘には,わたしの目の届く家の中でしてくれたほうがいいと言ったのです」と述べています。薬物を一緒に使用することは子どもとの“緊密なきずなを結ぶ”一つの方法である,と感じている親までいるようです。
0

2011/2/21 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ