6月の過ごし方  

 梅雨の6月、恵みの雨の季節ですね。でも身体にとっては、ちょっとやっかいな時期
 雨が降り続き、身体内の水分が、うまく発散されにくくなります。余った水分は重力に従って、下へ下へと溜まり易くなり、身体に色々な悪さ(むくみや冷え、神経痛などの痛みやだるさ…etc.)をもたらします。
 そこで、今月スタジオでは、しっかりと脚を動かし、ほぐし、余った水分を外に出しやすく、流れやすくするプログラムを入れています。
 そしてもう1つ、この時期の悪さの原因は、低気圧。この気圧の変動が、自律神経のバランスを乱しやすくしてしまうのです。頭が重くなったり、めまい、だるさや、うつ的症状などの原因にも。そんな時は、背骨をしっかり動かしたり、頭のツボ押し(百会のツボ)が有効。背骨をしっかり動かすことで、背骨の中を通っている自律神経を刺激して、自然とバランスを整えてくれるのですね。
 また身体が重くなるこの時期のもう1つのポイント。それは、食べる量を少し抑える事。あともう少し食べたいな〜というところでやめる事(これがなかなか難しいですが・・・(^_^;)) 内臓の疲れも軽くなり、筋肉や関節の動きも楽になりますよ
 また雨降りの日は、足を冷やさない様に、長靴も忘れずに!
 この梅雨もしっかりと予防し、元気に過ごしてください
2

 

今月の過ごし方  

 5月、緑がキラキラ輝いて美しく、とても気持ちの良い季節ですね。この5月は、春からの環境の変化もあり、いわゆる五月病にかかる人が多くなるのもこの時期。心や身体に疲れが出始める頃でもあります。
 そこで、スタジオでは今月、頭や気持ちと関係の深い、腸の刺激を入れながら、プログラムを進めていきます。
 子供が学校に行きたくない時、よくお腹が痛くなることがありますよね。これは心と腸が直接に深く関係していて、嫌だと思うと本当にお腹が痛くなってしまうのです。環境が変わる(旅行など)をすると、便秘になってしまう人が多いのも、これと同じです。
 そこで今月は、腸のツボの刺激をして、お腹をマッサージしながら、お腹から気持ちをリラックスしてあげましょう。便秘の方にも即効性がありますよ。お腹をほぐすと腰まで解れてしまうから、あら不思議。
 また、バランスを崩すことの多いこの時期は、前もって予防となるものを知っておくことも大切。前もって楽しいことをこの時期は意識的に入れておく。例えば:
▪ おいしい物を気のおけない人と食べる。
▪ 見たい映画を見る。
▪ 昼寝をする。早寝をする。
▪ スマホやパソコンを見過ぎない。
▪ この時期は、いつもより多くヨガや自力のクラスを入れてみる。
▪ きれいな緑を見てぼーっとしてみる。(日の光が当たったキラキラした海もいいかな)
▪ スパに行ってみるetc.
 そう、心や身体が喜ぶことを前もって意識的にやってみる。そうすることで、この時期大きくバランスを崩すことなく過ごせることに気づいてきます。ヨガや自力は最強の「予防医学」です。この時期大いに活用してくださいね。前もって意識的に!これがポイントですね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ