ごあいさつ  

 明けましておめでとうございます。
 この1月、カレンダーが掛け替えられた途端、すべてが新しくなったような気がするから不思議です。新しい年はこうありたいと、お正月に願いや決意を新たにする人が多いですね。その気持ちを持ち続けていきたいですね。
 さて、お正月明けは、普段より食べ過ぎて、また、寒さも相まって身体が固く、こわばっておられる方も多い月です。特に、お餅の食べ過ぎは、排せつ系や消化器系にダメージを与えると言われています。なので、お正月明けは、早い内に身体のケアを始めましょう。こんな時のポイント
 @身体の声を聞きながら、ゆっくりと動くこと
 Aこわばった身体に、酸素をたっぷり入れること。
こわばった身体は、とっても酸素を必要としているのです。新鮮な酸素が血液によって運ばれ、筋肉に届けられていく。筋肉の中の血行も良くなって緩んでいく。
 身体を気持ちよく動かしながら、吸う時はこわばったところに新鮮な空気を送り込むイメージ、届けるイメージで。吐く時は、その部分が広がってゆるんでいくイメージです。身体はイメージで反応して動いていくもの。なので、良いイメージを持ちながら動いていかないと損ですね。良いイメージで、呼吸をゆっくり繰り返しながらゆっくりと動いてみてください。身体だけでなく、心も緩んできますよ。
 ポイントBより効果的なのがプチ断食。おろしりんご(そのままでもOK)、またはお粥など、しばらくは軽い物を取り入れて、食べ過ぎて疲れた内臓を休ませる方法。身体をきれいにデトックスするには良い方法ですよ。身体が軽くなってきたところで、ゆっくりと元の食事に戻していけばOK。
 さあ、新しい年、私達のこうありたいという思いを支えるのは、元気な「心と身体」。ぜひ今年もスタジオを思う存分活用してください!
 もっと快適に!もっと気持ち良く!もっと効果的に!をモットーに(洒落ではありませんよ!)スタッフ一同精一杯がんばって参ります。
 今年もよろしくお願いいたします。
0

 

11月の過ごし方  

 秋も深まってくる11月です。
だんだんと気温の下がってくるこの時期は、冬の寒さに向けての準備の月、体の冬支度の月にしたいですね。
 この冬の寒さにはやはり「筋肉」。 筋肉は熱を生み出してくれるヒーターのようなもの。冬の寒さには、この筋肉をつけていくのが、ポイントのようです。
 そこで今月は、体の約70%の筋肉が集中している下半身の筋肉をつけていくポーズ、色々な立ちポーズを中心行っていきましょう。
 また秋は、空気が乾燥し始め、肺や呼吸器にトラブルが起きやすい時期。この肺と関係が深いのが腕。腕には、肺のツボが点在して、呼吸器のトラブルに効果的。この腕をほぐしてくれる、牛面のポーズも行っていきます。
 家で一人で長い時間ヨガを集中して行うのは難しいものですね。家のことが気になったり、電話がかかってきたり・・・
 でもこのスタジオでは、時間と場所を確保して、皆さんと一緒にヨガを行うことで、一人一人のエネルギーが相まって、1つの大きなエネルギーが生まれ、それが深い癒しへとつながっていくと思うのです。疲れているとき、「う〜ん、今日はなんとなくしんどいな〜」という時ほど、とりあえずスタジオに足を運んでみてください。帰る時には、必ず体がほぐれ、体が、呼吸が、また心が楽になっている自分に出会えるはず。
 一人ではない、皆さんのエネルギー。同じ空間を共にして生まれるエネルギー。癒しのエネルギーに身をゆだねていくとき、なんとも言えない心地良さを味わえるのだと思います。これが一緒にヨガを行う魅力ですね。
 ぜひ今月もヨガの魅力を味わってください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ