転職で年収アップするために押さえておきたい職務経歴書  モテるために色々

年収アップを目指して転職活動をしようとしている方も、
世の中には多いようです。

とはいえ、勤務先を変えたからといって、
年収アップが実現するとは限りません。

新しい会社で年収をアップさせる為には、
面接の際の履歴書の書き方も大切になってきます。

中途採用の枠を設けている企業は、面接する前に
履歴書が指示通りに作られているかどうかも確認します。

それで、履歴書の書き方で手を抜いてしまうと、
年収アップだけでなく転職すら実現できないでしょう。
それほど履歴書の正しい書き方は、大切な要素なのです。

履歴書には、今までの仕事の経歴を記載する
「職務経歴書」も添付します。

職務経歴書を記入するにあたって、
ポイントとして押さえておきたいことがあります。

これまでの成し遂げてきた業績について、
数字を使って具体的に書くことです。

曖昧な文章よりも、数字などまで細かく
書いたもののほうが良い印象を与えます。

例を挙げると、コストを何%にまで削減できた、
何%の利益を生み出すことができたという感じで書くことができます。

通常の書類とは別にデータを添付すると、
なお良いようです。

別の点として、転職希望先それぞれで
職務経歴書を書き換えるようにしなければなりません。
必ず、他の会社との使い回しは避けなければいけません。

どんな人でも理解しやすい語彙で作ることが大切な点です。
その際、エピソードなども具体的に書くと
より面接を受けられる確率が上がるでしょう。

年収アップ達成のために、
まず最初に大切な要素が履歴書です。

丁寧に履歴書を作り面接が受けられることになったら、
ひとまず成功です。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ