2013/1/6

P7H55D-M EVO改造  

P55/H55板でクラークを冷やすにはまずCBB-Modが必須です。
あと、表題の手持ち板ではVcore1.7Vまでですのでこれも改造が必要です。

調べてみると、CBB-Modはすぐ見つかりました。
ですが、さすがにVcore改造の実例は見つかりませんでした。
ただ、コントローラーはASUSではおなじみ?のEPU、型番「ASP0800」です。
データシートもすぐ見つかりました。いつものFB騙しで可変OKです。


クリックすると元のサイズで表示します


改造箇所の詳細は・・・今更もういいでしょう(爆

MemはElpida-Hyperを使います。タイミングの調整はCPU-TweakerでOK。
まあ、クラークはMemクロック上げると石クロックが上がりにくいので、
無難に、4:12の6-6-5-18あたりに設定。
BCLKの調整はTurboVで可能です。(SetFSBでも可能)


で、様子見でぶっかけてみました。


クリックすると元のサイズで表示します


今回の調査範囲ではBCLK255MHzあたりで頭打ちとなりました。
pi-1Mは256MHzまで、wPrimeの1024Mも254MHzでの試走で
すんなり通りましたので石クロックの限界ではなさそう。

あと、Vcoreは1.92VあたりでOVPのリミッターがかかりましたので、
今後高倍率石でクロック限界まで攻めるには対策が必要です。

まあ、ゆっくりボチボチやっていきましょう〜

2013/1/5

遅くなりましたが  

あけましておめでとうございます。

昨年は年明け早々にHD7970が登場、GTX680はスルーしましたので
春以降はずっとIvyばっかりでした。
3770Kは15個ほど試してみましたが、

6.7Gが1個
6.6Gが1個
6.5Gが3個
それ以下が10個

打率が低いの仕方ないですが、せっかくの6.7G石を
すぐに(-人-)してしまったのはイタかった(泣



てなことで、少し気分を変えて、今年1発目のネタは懐かしいクラークです。
クラークが出たのが2010年のちょうど今頃です。もう3年も前になるんですねぇ。
当然、あの頃はまだHWBotに参戦していませんでしたので、

とりあえず冷やして

テキトーにSS撮って

自分のHPにさらして

自己満足!


で完結していました。まあ今でもHWBotに登録する手間が増えるぐらいで
大差ないような気もしますが・・・
ご存知のとおり?、HWBotに登録するSSには一定の決まりがありますので
今思うと非常に惜しいSSがいくつかありました。

で、いまからやり直そうとしているのですが、ちと問題が・・・




石も板も無い!




翌年にはもうSandyが出てきましたので、あまり売れなかったのでしょうか?
すでに中古市場でもあまり見かけなくなりました。
特にP55/H55などのLGA1156板はほとんど無いですね。

幸い、家で常用していたi3-530とASUSのH55板が残っていましたので、
まずはコイツから着手してみようと思います。

2012/12/17

#14,#15  

#14 L224B830
最近の引きからすればマシでしたが、それでもmax6500MHz@1.93Vが精一杯

#15 L225B967
こちらは1C1Tの6527MHzでpi-1Mが精一杯
久しぶりにSS撮りましたが、メモリーがユルユルですのでtimeは気にしない(笑)

なんだかイイ石を引ける気が全くしないので、次は違うヤツをやってみる予定です。


クリックすると元のサイズで表示します

2012/11/17

#13  

ゴミ石はさっさと処分して、次いってみました。
板は戯画のUD3Hを使用しました。


#13 L220B183


戯画板・・・P67のときにとても苦労した記憶があります。
冷やすとBCLKを上げて起動できないとか、すぐにBIOSが飛ぶとか・・・
ですが今回はそんなことはなく、極冷下でもとても素直な挙動で安定しており
なんだか好感が持てました。

とは言え、石がx61石でしたので本当の限界領域での挙動は
わからなかったんですけどね(爆


しかし、最近の引きはヒドいなぁ・・・

2012/11/10

#11,#12  

久しぶりの更新です。

9〜10月はお休みしておりましたが、また石のおみくじを再開しました。

#11 L221A999
#12 L224B608













・・・終了(爆



両方とも過去最低クラスの結果でした(泣



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ