2013/3/29

日々変動  

昨日聞いた話ですが、
投資信託の基準価額は株や債権の価格変化に合わせて日々変動します。投資信託の基準価額は運用会社が日々計算し、その日のうちに速報として発表します。投資信託の基準価額の速報値は、販売会社のホームページや投資信託情報サイト(モーニングスターなど)で確認することができます。
冒頭にも述べましたが、投資信託の基準価額は市場終了後に運用会社が算出しその日の速報値が公表されます。この速報値は運用会社や販売会社のホームページで確認することができますが、一部の販売会社では速報値の公表が翌日になることもあります。
投資信託は値動きのある有価証券に投資していますので、投資信託の基準価額も毎日変化します。最初に説明したように、投資信託の基準価額は市場終了後に計算され、速報値として公表されます。投資信託の基準価額は投資信託を販売している銀行、証券会社、郵便局などのホームページで知ることができます。リート(不動産投資信託)は証券取引所に上場されており、株式や債券と同様に証券会社で購入することができます。一般に株式はハイリスクハイリターン、債券はローリスクローリターンですが、リートはこれらの商品と比較するとミドルリスクミドルリターンと言えます。また、不動産と比較して市場での売却も容易です。
不動産の売買には時間も手数料もかかりますが、リート(不動産投資信託)は証券取引所に上場されているので比較的短時間で売買することが可能です。売買手数料は証券会社により異なりますが株式と同じ手数料です。また、リートは株式と比較して値動きが穏やかであり、インカムゲインを楽しみたい人に向いています。このように、証券市場を健全に発展させるには、不公正な取引手法の排除が不可欠となります。法の抜け穴を突くような株取引の防止策や、実態が見えにくい投資ファンドに対する規制の強化など、市場のルールを整備し、市場の公正さを保ち、国内だけでなく海外から信頼されることが求められています。
このように、国民経済の健全な発展及び投資者の保護に資することを目指した法律ですので、ルールを一本化することで、投資家を保護し、政府が提唱する「貯蓄から投資へ」環境作りを作り上げることが期待されています。
便利になってるもんですね〜
0

2013/3/29

金融機関のメリット  

誰かが話してたんですが
一方、貸し出し側の金融機関のメリットは、返済期間が長いかわりに、一括払いや分割払いの場合よりも利息をたくさん取れることにあります。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりもおおよそ1.5倍高いようです。
一方、貸し出し側の金融機関のメリットは何でしょうか?リボルビング方式では、一括払いや分割払いの場合よりも返済期間が長いかわりに、利息をたくさん取れます。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりも、ざっと1.5倍は高く設定されています。
フラット35と言う言葉を聞いたことがありますか?マイホーム購入を具体的に考えていて、金利のことで頭を悩ませたことがある方にとっては一度は検討したことがあるプランだと思います。これは返済終了まで金利が変わらない長期固定型金利の住宅ローンなのです。
フラット35というのは、マイホーム購入に際して、資金を受け取る時に返済終了までの金利・返済額が確定する住宅ローンです。一切金利の変動がないので、支払う金額が増減すると言うことは全くありません。従って長期にわたるライフプランを立てやすくなります。一方、貸し手の金融機関にとっては、貸し倒れリスクがあるものの利息をたくさん得ることができるリボルビング方式は、人気の高い返済方式なのです。カード大国アメリカでは、リボルビング方式が主流です。日本でも店頭などでは、リボルビング方式を勧められる場合がほとんどのようです。
一方、貸し出し側の金融機関のメリットは何でしょうか?金融機関にとっては、リボルビング方式は、貸し倒れリスクがある一方、利息をたくさん得ることができます。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりも、1.5倍は高く設定されています。だから、店頭などで返済方式が選べる場合には、一括払いや分割払いではなく、リボルビング方式を勧めらます。
ってそんな事の知ってましたか?
かーど保険の比較
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ