自己紹介とブログ説明  

 こんにちは、私は紫(ムラサキ)といいます。
このブログは主に私がツイッターやフェイスブック上で書ききれなかったことや、詳しく記事のかたちにしてみなさんにも読んでいただきたいことをアップして行きます。
時には日常の個人的に記録しておきたいことについて記事を書くこともあるかもしれませんが、基本は毎回投稿の際にはテーマを決めて書くようにしようと思っています。
記事タイトルを見て、気になるものがあれば読んでみて下さい。

☆自己紹介☆
 私は現在事務のお仕事をして暮らしている20代の社会人です。
また視覚に障害があり、片目で光を感じられる程度の視力で生活しています。
このブログや普段のネットの操作は、アイフォンやパソコンから行っています。
パソコンや電化製品が好きで、それらを様々に駆使して活動しています。
歩行に関しては白杖を使用しています。

 正確は基本マイペース!
新しいことや興味を持ったことについて調べたりするのが好きですが、会話がちょっとへたくそです。
だいぶ上達してきたのですが…、まだまだ改善したい点がたくさんあります。
でも自分の思っていることを書くのが好きで、その影響でかなり前から日記やブログを書いていました。
フェイスブックやツイッターで情報を得たり発信することを楽しんでいます。
そして慎重派ですが、そのわりにしたい・身に着けたいと思ったことに対してはしっかりと備え挑戦を試みる傾向があります。

 趣味は読書や音楽。
音楽は聴くことも演奏することも好きです。
JPOPはけっこういろいろ聴いてます。
たとえば中島みゆき・熊木杏里・中村中・HY・小田和正・kokiaさんなどはお気に入りです。
演奏はクラリネットを吹いています。
歌やキーボードも少し。
音楽は私の元気の源です。
疲れた時、ここぞと踏ん張りたい時に、その時々に合う応援歌を脳内再生しながら日々を過ごしています。
 本は小説系を読むことが多いのですが、なるべくいろいろな分野の本を読むようにしています。
最近は銀色夏生さんの詩画集、名言集、人との関わりにちょっと苦手を抱えている人物が出てくる本に興味を持ち、読書に選ぶことが多いです。
ちょっと真面目な本では、社会心理学関連の物やコミュニケーションに関する内容の本に興味をもっています。

 私の中には読書や日常の人との関わりを通じてずっと考えていくであろうテーマというか、よく反応するキーワードのようなものがあります。
たとえば、かなりたくさん挙げますが以下に並べてみます。
個人と集団、人の情報の受発信・認知、意思・行動決定、複数人の中の自分の在り方、自己表現と他社理解、環境絵の適応・参加、内向的・外交的、一人時間(ソリチュード)、孤独、自立などです。
上記のものに関係しそうな文献を発見すると、時間を見つけては読み集めています。
きっと自分が人とどう関わっていくのかということと、自分も周りの人も大切にしたい時にどうすると良いのかということを考え続けて行きたいのだと思います。

 私について、このような紹介では想像が難しい部分もあるかもしれません。
でも他の記事等から追々わかってくる面もあるかと思います。
ということで、よろしくお願いします。
 またブログへの問い合わせなどがありましたら、トップページの「掲示板」のリンクからお寄せいただけたらと思います。
お気軽にお寄せ下さい。
コメントいただけると新たな気づきをいただいたりすることもあるので、とても嬉しいです。
 最後に、このブログは目で読みやすい文字や色使いを十分にできていない可能性があります。
私だけではなかなか気付くことが難しい面もありますので、お気づきの点についてはご一報いただけるとありがたいです。
できるかぎり読みやすくなるようにしたいと思っていますのでよろしくお願いします。
0

2017/1/3

2,017年の抱負・目標  近況日記

 2017年が始まり、今日は3日!
明後日からはお仕事が始まります。
この年末年始は実家で過ごし、こうして文章を書く時間もたくさんとることができ、私は大変充実感たっぷりなお休みになったと感じています。
そこでこの数日の間に思った今年への思いを大きく3項目に分類し書き残したいと思います。
分類は@ 生活全般、A お仕事、B 趣味・プライベートです。
それぞれで5個ずつ目標を考えました。

@ 生活全般
 生活面ではまず自分の心身を大切にし、健康に過ごせるように心がけていきます。
元気のエネルギーは1日1日消費されるので、消費したらその分また補充が必要です。
もちろん常に元気にとはいきませんが、補充のために自分でできることをする時間を大切にしたいと思います。
 それと本当の一人暮らし実現に向けた取り組みもしていく必要があります。
健康管理と収入面が安定したら、きっと父から許可が下りるでしょう。
私は一人暮らしは大変なこともあるけれど、自分の整え方を知ることができたり生きて行くために様々なことを身に付けられる魅力ある暮らし方だと感じています。
(1) 自分の心と体の調子をよく観察し、過度な負担がかからないように心がける。
※ 予定調整・変更は自分の都合だけでは難しいので、対処法をできるだけ多く持てるように。
(2) 料理のレパートリーを増やす。
(3) 月ごとの金銭感覚を養い、食費・趣味分などの内訳が適当なのかを考えながら生活する。
(4) 積極的に外出し、自分で行ける場所や行きたいと思える場所を発見する。
(5) 気分転換は思い切って!心配や不安などは紙に書き出してみてある程度落ち着いたら、区切りのために自分に良しということ。

A お仕事
 お仕事では何より今年は電話取次や伝言にさらに気配りできるようになり、社内の情報の受発信がスムーズにわかりやすく行われるように、私にできることを探して行きたいと思っています。
資料作成ではどんどん作成できるものを増やしたいので、機会をいただき挑戦していきます。
(1) 組織図を正確に覚え、連絡や問題解決のための情報を誰に繋ぐと良いか考え行動する。
(2) 請求書作成のための入力ルールを覚え、手入力が必要な勤務時間などを計算できるようになる。
(3) 社内の人間関係がさらに良くなるよう、違和感や疑問は貯めすぎずに自分なりに発信してみる。
(4) 業務内容に応じ、OCRソフトやその他業務に必要な機器の操作方法を見つけ向上させる。
(5) 効率よく業務を行うための工夫や学習を続ける。

B 趣味・プライベート
 趣味の時間は日々に楽しさとワクワクと気力を沸き起こしてくれるすてきな時です。
今年も音楽と読書を中心に楽しんでいきたいと思います。
音楽は自分でコツコツ効果音と音楽の組み合わせ作品作り、音楽仲間との演奏・セッション、演奏会などの観賞をしたいです。
読書は気になる本はもちろん、出合った方やネットで見かけた本を読む時間も取れると良いなと思います。
ただものによってはスキャナで画像で読み込み、機器の文字認識で内容把握となるのでどれだけ読めるかという点があります。
でもまあ、トライが大切なんだからやってみましょう!
(1) 作成中の音作品を完成させ、みなさんに聴いていただきさらに良い物を作れるようにする。
※ 去年中に完成できなかったのでなるべく今年前半で第一弾を完成させたい。
(2) 演奏会やライブを聴きに行く。
(3) クラリネットを練習できる場に積極的に参加する。
(4) おすすめで教えていただいた本を読む。
(5) 雑貨屋さん、お食事できるお店など、外出先での場を楽しむ。

 以上が今年の大枠の目標です。
あとは具体的にどうするかです。
ここに書き残したことを思いだしながら、2017年を1日1日進んでいきます。

 最後に自分に言い聞かせておきます!
これはこのページを見に来た未来の私に向けてです。
今日の気分・具合はどうですか?
気分転換やリラックスタイム、確保できていますか?
最近の出来事でもっとも楽しかったことは?
すてきな音楽や言葉と出会った?
 この数年でだいぶできごとの受け止め方がうまくなってきたんじゃない?
素直な感情を大切にできるようになってきた。
受け止めるのに苦労することへの対処方法は、なんとか無理にでも変形させ飲み込むだけじゃないぞ!
それにすぐに前向きにとらえられなきゃだめとは思わなくてまったくOK。
分解・整理・移動・追い出し・濾過…、いろいろ取扱い方はある。
時には急いで触れる必要もなかったりした。
取り越し苦労とかもあった。
無理しすぎない消化方法をして、できるだけ具合よく暮らそう!
自分の中に何を取り入れるのか、はたして大丈夫なのかをしっかり心と相談して進もう!
具合悪くなったら休むこと。
元気になったらその元気な状態を記憶していればOK。
わからず不安と思う時も、必ずしもすぐ危機が起きるということは多くないですぞ。
慎重派なんだからよく確かめていれば対処できるし、解決に向けての糸口見つけられる。
今年も毎日落ち着いてファイトです!
0

2013/7/31

マンツーマン授業  近況日記

 マンツーマンの授業の良い点ってどんなことが挙げられるでしょう?
たとえば、私の実体験のエピソードをネタに考えてみようと思うのですが…。
 いつかの数学で立体模型aとbそれぞれの指定された箇所の面積をもとめるという問がありました。
なのに私は苦手意識が強い教科であればあるほど、素直に問題文にあることだけ説こうという思考になれない性質を持つ人なので、
「ん?この模型、どっちの方が重いんだろー?重さ比べしてみたいな。気になる!
aもbも材質は木だ。一見するかぎりaが大きくて重そうなんだけど、bの模型、端に磁石が埋まっているみたい。
となると、もしや小さくてもこの模型の方が重かったりしないかな?こりゃ計って見なきゃ微妙だ!」
とか考えてしまって、なかなかそもそも問われている面積の計算に身が入らなかったという経験があります。
 こんな時こそ、マンツーマン授業による学習の良い点の生かし時ー!と、今の私なら思うのです。
しかし当時の私は違っていました。
その当時の私は
「問と違うこときいたら、きっとまじめにやってないって思われるんだろうな!いや、あきれられるか、叱られるかも。そんなのやだ。
本来今は面積のことを考えなきゃいけない時間なんだ。」
という考えしかなかったので、
「この二つの模型、どっちが重いか重さ比べしてみたいです!小さい方の模型に磁石が埋まっているので、こっちの方が重いかどうか気になるんです。」
というような、、率直な思いを伝えることなどできませんでした。
数学の時間にはよく経験していた、問われていることと違うことを考えたり気になったりしてしまう葛藤。
いけない、でも頭に浮かぶものは止められないし…、ならせめて外には出すまい。
こんな感じの私でした。
それで叱られるなんてことはいやだし、ましてや苦手な数学でこれ以上先生をあきれさせることになるようなことはしたくないと考えていたのです。
先生は教えてくれる人なのに、そもそもあきれられるなんて自分が勝手に想像したネガティブストーリーなのに、私にはそういう認識がなかった。
何よりまず自分に向けられるかもしれない「あのねー、今説くのは面積なんだよー」的な反応を恐れていたのです。
そう言われたとしても、その一瞬の恥ずかしさやダメージ?を越えた後にはっきりさせられるかもしれない可能性があるから言おう!とはならなかった。
今の私ならポジティブストーリーも考えることできるけど、当時の私にそれは難しいことでした(理由は省略)。
 そしてゆったり過去を振り返ることができるようになってきた今はこう思うのです。
「気になる重さがはっきりすれば、問本来の面積の計算にも集中できてたかもしれないよね。
なら脱線してでも質問してたら良かったなあ。
しかもその授業はマンツーマン学習だったんだから、つまりはいつでも自分のタイミングで質問しても気づいてもらえる状況だったってことじゃない?
少なくとも、いや確かに、質問することで他の人の迷惑になるとは考えなくて良い環境だ。
先生だって、きっと日頃から数学苦手と言ってた私が意欲的なの感じたら、喜んで比べさせてくれたはず。
私はそんな貴重な時間を、ただ自分の恐れに負けて生かせずじまいにしてしまってたみたいだ」と。
 そんな訳で、改めて今私が思うマンツーマン授業の良い点。
@自分のタイミングで質問しやすい(手を挙げなくても気づいてもらえる)
A先生の声が聞き取れないということが起きない
B回答の間違いの原因を見つけてもらいやすい
C十分に理解してから次に進むことができる(理数系では先生見極め大変だったと思います、ごめんなさい)
D時々だけど先生との世間話になると楽しい
 こんなところかなあ。
 なら良くも悪くもという点についても書いておこうと思います。
でもこれはどちらかというと、授業事態に関してではなく、私自身や周辺の環境のために起きる問題なのかもしれないですが。
@宿題が出されてうまく説けない時に、手っ取り早く相談できる人がいない(見つけられない)
 だいたい私が困る宿題については先輩も苦手だったり、それ以前に先輩自身もやることたくさんで私の勉強を手伝う余裕はなかったりするので相談は基本遠慮してました。
宿題を出した先生に次の授業の時に教えてもらうことになったりすると、先生どんな気持ちだろうっていつも思ってた。
自分なりの答えを書いてみたりはしてたけど、それを説明することさへめちゃめちゃでできなかった。
A同学年のクラスメイトたちとは共有できない内容が多くなる(学習そのものについてじゃなくて、それより先生が言ったおもしろエピソードとか)
 私の場合、学級活動と給食、科目では音楽・体育・美術・家庭科以外一緒じゃなかったのですが、その学習内容の違いで分かれることは仕方がないこと。
ですが、ようは単純に一人じゃ心細いなあと感じることがあったから。
それに授業事態も、全部自分で答えるしかないと、科目によっては苦しかった。
また、クラスメイトならどう答えるんだろうと気になる時に、その答えを聞けないのが残念に思うことがあったので。
 と、これについては以上。
中学生の頃はずっとマンツーマン授業が多かった私が考えた、マンツーマン授業についての思いでした。
それにしてもまとめてたらなんかすっきりしてくるのはなぜ?
と思いながら、ここに記した理由は単純。
ここに残しておきたくなったから。
細かな動機は自分だけの落書きノートに残してあるので十分。
 さあ、本当に今回はここまで。
次回からもこのブログには書きたくなったことをアップして行きます。
マンツーマン授業は、マイペースに学び調べるには最適なのかなあと思いながら筆を置きます。
0

2012/8/29

8月28日 のつぶやき  ツイッター・ネット関連

この日は、
@私と家族の物の手渡しのルールについて
A大学の友人と出かけた海の感想について
 たくさん歩いて、たくさん食べた!
ゆったりと夏を満喫できて楽しい一時でした。

murasaki67754 http://twitter.com/murasaki67754
8月28日 つぶやきまとめ


20:44
熊木杏里・時の列車♪: http://t.co/pZxLuARc @youtubeさんから。今夜に合う1曲。
2012/08/28 Tue 20:44 From Tweet Button

19:17
帰路に切なさを感じれば感じるほど、良い旅をしたんだって思う。たくさん歩いて風に吹かれたら、とてもリフレッシュできたよ。ありがとう??3????
2012/08/28 Tue 19:17 From Keitai Web

18:27
@fuwa1025 指パチンかー!そうだね、練習しなきゃ音でないー????
2012/08/28 Tue 18:27 From Keitai Web fuwa1025宛

00:34
私の家では物を渡す時、必ず何らかの音をさせつつ渡すことにしてる。今日渡したかったのは音があまり出ない薄い布の袋。難易度高かった。
2012/08/28 Tue 00:34 From Keitai Web

0

2012/8/15

おしぼり  

※以前の日記に掲載していた記事を再編集した記事です。
 タオルをしぼっている時にふと思いました。
私は日常会話で1回に伝えようとする言葉の数が極端に多かったり少なかったりするから、相手に伝わりにくいことがあってうまくいかない時があるんだと。
それぞれ人には受け取りやすい適度な量というものがあって、私はそれをもう少し考えてみる必要があるのかもしれないと思ったら、妙に自分の中で納得するものがありました。
確かに私の話には前から説明の不足があることには気づいていたけれど、それを補おうとして、焦ったりして、長くなってしまっている時もあることに気づいたのです。
そんな状態を自分にわかりやすいように教えてくれたのが、タオルをしぼっていた時の感覚でした。
水気の多い、十分にしぼられていないベチャベチャなおしぼりでも、キッチキチにこれでもかというくらいにしぼられたカラカラなおしぼりでも、そりゃ相手も使いにくくて困るよねという思いが浮かんだ時、なぜだか妙にすっきりしたのでした。
ベチャベチャ過ぎたら肝心な伝えたかった事が床にこぼれちゃって相手も私も違和感を感じて戸惑ったりということが起きてしまう。
逆にキッチキチに絞り過ぎたらはてなマークがたくさん浮かんできてそれに気をとられているうちに、話の全体像を掴んだり、何について返答すると良いのかがわからなくなるなどして、首を傾げることになってしまう。
こういうことがあるから、やはりコミュニケーションでは1度の発言量を調整する力が求められるのだと思う。
調整は相手の様子を読みとりながらいろいろ考えて感じ取ってしないとならないもの。
私はまだそこがうまくできないでいるのだと思う。
それでも意識のしどころを掴むきっかけとしてこの気づきは生かせるはずと思っています。
日々の出来事から手がかりを得て、ちょっとずつでも何か試行錯誤をしてみる他ないことってけっこうあるものだって、ここ数年でよく感じるようになりました。
だからこの気づきは大切に記録しておこうと思ったのでした。
 最近はコミュニケーションについて扱っている本をよく読んでいます。
本当にいろんなことが書かれてる。
楽しくてもっと早く読んでいたら良かったのになあなんて思ってしまうほどの時もあったりして。
そう思うことが増えて初めて、高校生の時に「問題意識を持って何かを調べたり読んだりするとすごくいいよ」というアドバイスをくれた先生の言っていたことがちょっとわかったような気がしました。
それでせっかく興味を持ったからと、ゼミ研究のテーマにコミュニケーションを選んで良かったなと思っています。
 相手に伝わりやすいコミュニケーションになっているかを確認すること。
1度に伝える内容の量に注意すること。
工夫する気持ち、もっと大切にしたい。
気づいたんだからできるようになっていく。
今はそんなふうに信じて経験を積んでいこうと思います。
いろんな表現方法も覚えていかなくちゃ。
自分のできなさぶりには何度もため息しそうになるけれど、できるところから始めて行きます。
 「そんなの気づくの遅いよ」という私の心の声への応答メッセージ。
遅いことなんてないのさ。
気づいた時が衝撃的な方が、後々までしっかり意識して取り組んで行くことができたりする場合もあるのだから。
私にとって大切な気づき、十分に価値のあること。
このことを忘れないようにしよう!
このまま何かの仕事に就こうとしている自分には自信がもてない。
だから今模索できる時間は大切。
じつはかなり焦りや苦しい気持ちになることもあるけど。
でもコミュニケーションのためのいろいろは、これからのために必要なことだから取り組み続けます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ