現実の探偵の主な仕事は調査  雑記

小説や漫画に出てくる探偵はしばしば名推理を披露し、事件の犯人をあっさりと見つけ出します。

そういうフィクションの探偵を見慣れている人の場合、探偵になるために必要なものは推理力だと思うでしょう。





しかし、実際の探偵に必要とされるのは推理力というよりは、コミュニケーション能力や行動力です。

知的な能力よりも、より実践的な能力が必要とされると言っていいでしょう。





なぜなら、実際の探偵がするのは犯人探しなどではなく、主に調査だからです。

例えば、浮気に悩まされている人が探偵に依頼して浮気現場の写真をとってもらったり、社員の普段の様子を気にする企業が探偵に社員の素行調査を依頼したりしています。





調査は具体的には尾行や聞きこみによって行われます。

ひたすら足を使って、あちこち動きまわる非常に地道な作業です。

実際の探偵の業務は、フィクションの探偵の業務とは大きく異なるということです。





探偵になりたいと思う人はフィクションと現実の違いをよく調べてからにした方がいいです。

秘密厳守 名古屋の探偵に任せて安心
0

適格機関投資家特例業務で柔軟な事業が出来る  雑記

投資には色々な形があります。

例えば、自身で投資をするだけではなくプロの方にお任せをして、

その方に投資をかわりにやってもらうこともできるようになっているわけです。

こうした、投資に関する専門家の事を適格機関投資家と言います。


適格機関投資家特例業務


適格機関投資家というのは、法律で認められたプロの投資家の事を言います。

普通に投資に参加する素人の方々とは違って、

投資のプロに対しては大きな責任が伴うことになります。

例えば投資のプロに対しては一般的に採用される投資家保護のルールは適用されません。





もちろん、そのかわりに適格機関投資家には法律的な免除規定があるのです。

適格機関投資家特例業務に関する届出を済ますことが出来れば、

投資家に対して存在する勧誘や販売に関する規定を無くすことが出来るようになります。





投資のプロになるということはファンドを作るということでもありますので、

煩わしい規制があると柔軟な対応を取ることが出来ません。

ですので、適格機関投資家特例業務の届出をすることによって、

スムーズにプロの投資家の仕事をすることができるようになるわけです。
0




AutoPage最新お知らせ