2017/8/4

ブレーキシャフト!  G T

拍手コメントの 「ブレーキはなぜロングが良いのですか?」 についてですが。

ロングが良い悪いでは無くて、ぶっちゃけ気持ちの問題です(笑)

なぜロングにするのか説明すると、キット標準だと ロングとショートのブレーキシャフトがあり、上下にブレーキロッドがあり サーボホーンから個別に2本のリンケージで引っ張る構造です。

自分は この2本のリンケージで引っ張るのがイマイチ納得出来なくて、
1本のリンケージで引っ張れる様ブレーキシャフト(ロング)を追加購入して前後ブレーキ両方とも同じポイントで引っ張れるよう改造してます!


クリックすると元のサイズで表示します



なぜ納得出来ないか?!  
それは標準のリンケージだと構造上サーボホーンからの距離が違う(約7ミリ)、サーボホーンが回転してリンケージを引っ張るがサーボホーンセンターに近い方はストロークが短く、遠い方はストロークが多くなるから・・・

あと、調整するポイントが多いとブレーキ調整などが面倒くさくて。。


クリックすると元のサイズで表示します


まぁ多分 メーカーにてレバー比の計算して ブレーキロッドの距離などを最適化してると思うけど。。


この方法の難点は、前後のブレーキ隙間を出すまで調整が面倒くさい・・・

リンケージストッパーが外れたら ノーブレーキとなる(>_<)
(対策としてストッパー2連としてる)

標準は片っぽが外れても もう片方がありブレーキはとりあえず効くはず。


最初にも書きましたが 気分によるところが大きいです(笑)

さ〜 明日はホントのシェイクダウンしにグリンパ行こうかな!?

1



2017/9/5  20:18

投稿者:くま

レースおつかれさまでした。アドバイスありがとうございました。また次回遊んでください

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ