豚汁@きぬ川  

俺達が迷い込んだのは、山谷のアーケード街だった。 昼間から路上に男たちがたむろしている。 東京のほかの場所ではあまり見かけない奇妙な光景だ。 まいったな・・・とんでもないところにに迷い込んでしまった。 焦るんじゃない。 俺は腹が減っているだけなんだ。腹が減って死にそうなんだ。 こうやってアーケードを歩いていればいい店が・・・・・・ ff22eedb.jpg あ・・・しまった。 アーケードはここでおわりか。 どこでもいい、"めし屋"はないのか? ん?大衆食堂・・・。 ええいここだ。入っちまえ! ec32fcbd.jpg 客たちが一斉に俺達を見る。まるで異邦人を見るような目つきだ。 構うもんか・・・とにかく飯だ。 俺達はその視線をスルーし、手前右側の席についた。 えっと・・・・・・ 何があるんだ。 豚肉イタメ、オムレツ、目玉焼、玉子スープ、ヤサイスープ・・・・ f5bcdf92.jpg
「ぶた肉いためとライスください!」
「あと、おしんこ!ナスください!」
「あ・・・あとスイマセンとん汁ひとつ!」
俺は物おじせずハッキリという。
注文を聞きかえされるのはやっかいだ。
注文してしまうと少し気が楽になり店内を見回すゆとりがでてきた。  
ad93ee8b.jpg
<ぶた肉いため>
野菜いための中にぶたばら肉が入っているものと思ったら、
予想に反してぶたバラのみをたっぷりと炒めて横に少量のキャベツの千切り
わきには不思議な練りがらし。
<ナスのおしんこ>
ほとんどまるまるひとつ分
<とん汁>
とうふとぶた肉の具がいっぱい。汁はたっぷり。
<ライス>
量多し
そして麦茶とビール。
うーん・・・ぶた肉ととん汁でぶたがダブってしまった。
なるほど・・・、この店はとん汁とライスで十分なんだな。  
2265245c.jpg 「孤独のグルメ」の第一話を、 マーチャンは現地で読書www 此処の近所に一軒家を購入予定でしたが、 キャンセルして本当に良かったと申しておりました。 個人的には、非常に残念に思うな(笑)  
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ