2011/9/10  奈良県とトラックの密接な関係  奈良県とトラック

奈良県と言えば、平城が遷都してから1300年たったとのことで、
記念祭があったことが記憶に新しいですね。
マスコットキャラクターの「せんとくん」が非常に注目を集めました。

そして奈良県はイチゴ、スイカ、柿、茶葉の有数の産地でもあります。
イチゴは県内の地名が付いた「あすかルビー」という有名品種があります。
あすかルビーは果実の硬さはやや硬く、酸度は低めで、
糖度はとよのかより高く日持ちが長い。そして収穫量が多いとのこと。
茶葉の品種名は大和茶。良質な茶の栽培には、
涼しい気候が適しているといわれています。
冷涼な気候の大和高原は茶の栽培にピッタリなので、茶の栽培が奨励されてきました。

他にも、吉野地域の山間部において、林業が基幹産業となっています。
そして、吉野杉は日本三大美林の1つとして、有名なブランドです。
気候も土壌も杉の栽培にピッタリだそうです。


林業や農産業といった業種ですと、
出荷や廃棄などのためにトラックでの運搬は必須になります。

さらに、周囲の県には冬季は豪雪地帯だったり、
トラックにとっても過酷な環境が多い地方でもあります。
となると、トラックの消耗も激しいのではないでしょうか?

中古トラックの買取をしてほしいということも多々あると思います。
中古トラックも、廃車するよりも買取をしてもらった方がお得です。
廃車寸前の中古トラックでも、ものによっては使える部品があるので、
買取をしてもらえることがありますので一度査定に出してみてはいかがでしょうか。 奈良県でのトラック売却
0
タグ: 奈良 中古車 買取




AutoPage最新お知らせ