横浜市金沢区にある「腰痛」の専門家。 腰痛を「手技のみ」で根本から治療する。 骨盤・背骨矯正の二本柱と同時に「気功」を自在にあやつり、短時間で自然治癒力を引き出すのが特徴。 1999年開院後 延べ10万人を超える膨大な治療経験
2011/11/1  副流煙には有害物質が2〜50倍多いとされているようです  

こんにちは、横須賀市の整体・整骨・成瀬整骨院のスタッフの奥です。



副流煙には有害物質が2〜50倍多いとされているようです。以下参考として引用します。


決定版 100歳まで大病しない108の習慣 著 白澤 卓二 角川SSI新書


<20.家族に喫煙者がいたらやめてもらおう>


喫煙は、タバコを吸わない人にもがんなどの健康被害をもたらします。タバコを吸わない人が、家族や職場の人間が吸うタバコの先から立ち上がる煙(副流煙)を吸うこと(受動喫煙)で健康被害を受けています。喫煙者が吸いこむ煙(主流煙)に比べて、副流煙には有害物質が2〜50倍多いとされています。受動喫煙では、周囲でタバコを吸っている人が吐き出した煙と副流煙の両方を吸うことになり、肺の発がんリスクが高まることが確実とされています。家族にタバコを吸っている人がいたら、禁煙してもらうようにしましょう。



ホームページ:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


携帯サイト版:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


電話045−785−5976(完全電話予約制)
横浜市金沢区寺前1-5-17
京浜急行金沢文庫駅東口徒歩8分
駐車場3台完備
0

2011/11/1  禁煙すると、喫煙を続けている人に比べて確実にがん発生のリスクが下がるそうです  

こんにちは、横須賀市の整体・整骨・成瀬整骨院のスタッフの奥です。


禁煙すると、喫煙を続けている人に比べて確実にがん発生のリスクが下がるそうです。以下参考として引用します。



決定版 100歳まで大病しない108の習慣 著 白澤 卓二 角川SSI新書


<21.今からでも禁煙でリスクを低下させられる>


禁煙すると、喫煙を続けている人に比べて確実にがん発生のリスクが下がります。国際がん研究機関(IARC)が報告した、禁煙によるリスク低下についての評価によると、口腔がん、食道がん、喉頭がん、肺がん、胃がん、膀胱がん、子宮頸がんでは、現在喫煙している人よりリスクが低くなるとしています。特に子宮頸がんでは、タバコを吸ったことのない人のレベルまで急速に低下すると評価しています。また、喉頭がんでは、禁煙後急速にリスクが退化し、10〜15年後には約60%に低下するとされています。こうした研究報告を目の当たりにすると、誰でも禁煙しようと思うでしょうし、実際に近縁を試みた人が多いと思います。しかし結局、やめられないというケースは決して少なくありません。その原因の一つが、ニコチン依存症です。ニコチンへの依存には身体的なものと心理的依存があります。喫煙道具を遠ざける、口寂しさをガムやキャンディ、歯磨きなどで抑える、運動などで気分転換をするなど、禁煙のためにさまざまな工夫をすると思います。しかし、ニコチン依存が強い人は、禁断症状を克服できないことが多いのが現実です。このような人には、ニコチンガムとニコチンパッチによってニコチンを喫煙以外の方法で体に取り入れ、ニコチンの量を徐々に減らしていく方法(ニコチン対症療法)があります。そのほかに、禁煙補助薬チャンピックス(一般名バレニクソン)があります。チャンピックスには、ニコチンは含まれていません。どのようにして禁煙に導くのでしょうか。喫煙にって体内に取り込まれたニコチンは、脳内でニコチン受容体に取り込まれることで満足感を得られます。この薬は、このニコチン受容体にくっついて、タバコを吸ってもニコチンが受容体に取り込まれることを阻止します。その結果、タバコを吸ってもあまり満足感が得られなくなり、ニコチンの離脱症状を軽減してくれるのです。最近は多くの医療機関で禁煙外来が設けられています。また、インターネットの禁煙支援プログラムもありますから、これらを利用して禁煙を成功させてほしいものです。




ホームページ:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


携帯サイト版:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


電話045−785−5976(完全電話予約制)
横浜市金沢区寺前1-5-17
京浜急行金沢文庫駅東口徒歩8分
駐車場3台完備
0

2011/11/1  肥満の人は1日に20分の運動を習慣化するとよいそうです  

こんにちは、横須賀市の整体・整骨・成瀬整骨院のスタッフの奥です。


肥満の人は1日に20分の運動を習慣化するとよいそうです。以下参考として引用します。


決定版 100歳まで大病しない108の習慣 著 白澤 卓二 角川SSI新書


<22.肥満の人は1日20分の運動を習慣化する>


食生活と並んで、肥満ががんの危険因子の一つであることは明らかです。特に肥満との関係が強いがんには、乳がん、大腸がん、腎臓がんがあります。また、おそらく肥満が関係しているだろうと考えられているがんには、子宮頸がん、胆のうがん、卵巣がん、膵臓がん、甲状腺がん、前立腺がんがあります。私は、肥満のある人には、これらのがんになるリスクが高いことを伝え、1日20分程度のウォーキングなどの有酸素運動を週に5回するようにアドバイスしています。ただし、今までほとんど運動をしてことがない人が、いきなり20分のウォーキングをするというのは、ちょっとハードルが高いかもしれません。運動は続けることがいちばん大事です。「さあ、がんを予防するために運動するぞ」と頑張りすぎて、挫折してしまったのではなんの意味もありません。最初はなるべくハードルを低くして、徐々に時間や距離を延ばしていくことが続けるコツです。それでは、どのくらいから始めたらいいのでしょう。今までより1回500歩多く歩いてください。歩幅が70cmだとすると350m、時間にして5分程度です。早足で歩けば2、3分でしょう。これなら無理なく始められるのではないでしょうか。歩く習慣がついてきたら少しずつ距離を延ばしていきましょう。運動をすることが嫌いな人や苦手な人は、日常生活のなかの掃除、庭や家のまわりの雑草取りなどを今までより5分長くするといった実行可能な範囲で構いません。ただ、ここで誤解をしてほしくないのは、運動の目的は、単に減量をすることではなく、「がん予防のための12ヵ条」にもあった運動不足というがんのリスクを解消することにあります。もう一つ覚えておいてほしいことがあります。多少太っているくらいであれば、運動や規則正しい食生活でその体重を保つことが大切です。というのも、体重の大幅な増減もがんの発生リスクを高めることになるからです。



ホームページ:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


携帯サイト版:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


電話045−785−5976(完全電話予約制)
横浜市金沢区寺前1-5-17
京浜急行金沢文庫駅東口徒歩8分
駐車場3台完備
0

2011/11/1  適度な運動で乳がんを予防するようです  

こんにちは、横須賀市の整体・整骨・成瀬整骨院のスタッフの奥です。



適度な運動で乳がんを予防するようです。以下参考として引用します。



決定版 100歳まで大病しない108の習慣 著 白澤 卓二 角川SSI新書


<23.適度な運動で乳がんを予防する>


乳がんもほかのがんと同様に加齢とともに増えてきますが、最近は、若年、特に30歳代の女性で縦がんになる人が増えています。不規則な食生活、ジャンクフードや加工食品、甘いものとりすぎ、アルコールの飲みすぎといった食習慣が、乳がんのリスクを高めているようです。こうした食生活に思い当たる方は、食生活を見直して改善すると同時に、先ほどもお話ししたように少しずつでいいですからウォーキングで歩く歩数を増やしていってください。そして、目標としては1日20分の運動を週5日することと、アルコールの量を少なくすることを心がけてください。それだけでも、乳がんのリスクをずいぶん下げることができます。女性のがんのお話しが出たところで、子宮頸がんについて少し触れておきましょう。第1章で子宮がんが半世紀の間に激減していて、その背景には衛生環境の改善があることをお話ししました。特に子宮頸がんは入浴やシャワーなどで常に体を清潔に保つことである程度予防できることがわかっています。皮膚がん、陰茎がんにも同様のことがいえますので、体の清潔を保つようにしてください。



ホームページ:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


携帯サイト版:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


電話045−785−5976(完全電話予約制)
横浜市金沢区寺前1-5-17
京浜急行金沢文庫駅東口徒歩8分
駐車場3台完備
0

2011/11/1  ウォーキングでがんのリスクを下げることができるそうです  

こんにちは、横須賀市の整体・整骨・成瀬整骨院のスタッフの奥です。


ウォーキングでがんのリスクを下げることができるそうです。以下参考として引用します。



決定版 100歳まで大病しない108の習慣 著 白澤 卓二 角川SSI新書


<24.インターバル速歩でがんのリスクを下げる>


誰でも、いつでも、どこでも簡単にできる運動といえばウォーキングです。特に効果があるのが、早く歩くこととゆっくり歩くことを交互に繰り返す「インターバル速歩」です。この歩き方は、昭和23(1948)年と27(1952)年の2回のオリンピックで、合計四つの金メダルと一つの銀メダルを獲得して、「人間機関車」という異名をとった旧チェコスロバキアの陸上長距離選手、エミール・ザトペックが始めたトレーニング方法を応用したものです。速度を変えて歩て心拍数を上げたり下げたりすると、心肺機能を高める効果があり、普通のを―君具よりも運動効果が上がります。全体を45分のプログラムとして、三つのブロックに分けてインターバル速歩を行います。まず15分はゆっくり歩きます。心拍数が100〜115くらいになったら、今度は少し早歩きを15分続けます。心拍数が115〜140くらいになるのを目安にして歩きます。最後の15分はまたゆっくり歩いてクールダウンして、心拍数を100〜115に戻します。自分に合った心拍数の目安は「180公式」といって、180から自分の年齢を引いた数を目標にします。これはあくまでも目安なので、通常、運動不足の人や体調が悪いときにはさらにマイナス5、1年以内に病気やけがをして運動ができなかった人はマイナス10の心拍数を目標にするといいでしょう。仕事などが忙しくて、わざわざインターバル速歩をするための時間がとれないときには、電車やバスを目的の駅や停留所の一つ前で降りたり、買い物をいつものお店より少し遠くに変えて歩くなどの工夫をしてインターバル速歩を継続してください。ひとりでは不安だったり、続かないと思ったら、家族や友人を誘っておしゃべりをしながら歩くのもいいでしょう。



ホームページ:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


携帯サイト版:横須賀市の整体治療なら成瀬整骨院


電話045−785−5976(完全電話予約制)
横浜市金沢区寺前1-5-17
京浜急行金沢文庫駅東口徒歩8分
駐車場3台完備
0




AutoPage最新お知らせ