2011/1/5 | 投稿者: 三代目

 第三若草物語 一八七一年、ルイザはローマで|義《ぎ》|兄《けい》ジョン?プラット|急逝《きゅうせい》の|報《ほう》を受けた。姉とふたりの|遺《い》|児《じ》のために、ルイザは|再《ふたた》びとらないつも登山靴りだったペンをとって "Little Men" の|執《しっ》|筆《ぴつ》にかかった。ローマの宿から次々と|郵《ゆう》|送《そう》された|原《げん》|稿《こう》は、同年六月、ルイザの帰国の日に出版され、発売と同時に空前の売れ行きを示した。『第三若草物語』である。
 ここには|仲《なか》のよいふたごのデミとデーズイ、わんぱく|小《こ》|僧《ぞう》のトミー?バングズ、ジョーの|幼《よう》|年《ねん》時代をおもわせるノーティナン、くいしんぼうのスタッフィなど、十四人の少年少女が登場する。|独《どく》|裁《さい》|的《てき》ではあったが気前のよいマーチおばさんから残されたプラムフィールドで、ジョー|夫《ふ》|妻《さい》は少年の|塾《じゅく》を開く。このプラムフィールドは広い|裏《うら》|庭《にわ》や|納《な》|屋《や》などのぐあいからみて、|前述《ぜんじゅつ》の「ヒルサイド」と|呼《よ》ばれる家がモデルであることはまぎれもない事実とされている。
(主の前において人々は皆平等な兄弟である……か。良く言いけるものよね)
 立场や位、という言叶に、|最大主教《ア—クビシヨツプ》は思わず鼻で笑ってしまう。
 が、その程度の作法などは、ロ—ラにとっては|些事《さじ》に过ぎない。彼女の|华丽《かれい》な容姿は、たかが布切れ程度で|アウトドアシューズ霞《かす》んでしまうようなものではない。
 彼女の最大の特徵は、身长の二·五倍を夸る长い金发だ。|普段《ふだん》は银の发留めで结わいているが、今はそうしていない。だらりと下がった|膨大《ぽうだい》な发は、肩の上から前へ通すように流されている。まとめきれない部分は、床へそのまま广がっていた。
 椅子に座ったロ—ラの|膝上《ひざうえ》には、金や银の|栉《くし》が并べてある。
0

2011/1/5 | 投稿者: 三代目

「人の心とはおかしなものよ。のう? スネイプ先生は君の父上に借りがあるのが我慢ならなかった……この一年間、スネイプは君を守るために全力を尽くした。これで父上と五分五分になると考えたのじゃ。そうすれば、心安らかに再び君の父上の思い出を憎むことができる、とな……」ハイキングシューズ
 ハリーは懸命に理解しょうとしたが、また頭がズキズキしてきたので考えるのをやめた。
「先生もう一つあるんですが?」
「もう一つだけかい?」
「僕はどうやって鏡の中から『石』を取り出したんでしょう?」
「おぉ、これは聞いてくれてうれしいのう。例の鏡を使うのはわしのアイデアの中でも一段とすばらしいものでな、ここだけの秘密じゃが、実はこれがすごいんじゃ。つまり『石』を見つけたい者だけが――よいか、見つけたい者であって、使いたい者ではないぞ――それを手に入れることができる。さもなければ、鏡に映るのは、黄金を作ったり、命の水を飲む姿だけじや。わしの脳みそは、時々自分でも驚くことを考えつくものよ……さあ、もう質問は終り。そろそろこのお菓子に取りかかってはどうかね。
「おまち。おまえさんに言っておくことがある、そしてここですっかり私の気持ちをきめてしまいます。で、おまえさんはそのクック登山用品店とやらと|結《けっ》|婚《こん》する気なのかえ? もしそうならば、私は|鐚《びた》一文もおまえには上げないよ、それをようくおぼえておいて、よく考えてごらん」|伯《お》|母《ば》さんは|胸《むね》の|奥《おく》までとおるような調子でこう言った。
0

2011/1/4 | 投稿者: 三代目

「何が見える?」ハーマイオニーがこわごわ尋ねた。
「何にも……真っ暗だ……降りていく階段もない。落ちていくしかない」
 ハリーはまだ横笛を吹いていたが、登山靴ロンに手で合図をし、自分自身を指さした。
「君が先に行きたいのかい? 本当に?」とロンが言った。
「どのくらい深いかわからないよ。ハーマイオニーに笛を渡して、犬を眠らせておいてもらおう」
 ハリーは横笛をハーマイオニーに渡した。ほんのわずか音が途絶えただけで、犬はグルルとうなり、ぴくぴく動いた。ハーマイオニーが吹き始めると、またすぐ深い眠りに落ちていった。
 ハリーは犬を乗り越え、仕掛け扉から下を見た。底が見えない。
 ハリーは穴に入り、最後に指先だけで扉にしがみつき、ロンの方を見上げて言った。
「もし僕の身に何か起きたら、ついてくるなよ。まっすぐふくろう小屋に行って、ダンブルドア宛にヘドウィグを送ってくれ。いいかい?」
「了解」
顔は少しやせたようだし、色もよ

くないようだが、それは|看病疲《かんびょうづか》れと心配のせいだろうね、でもずいぶんおとなしそうになったし声

も低くなったので、お父さまはとてもうれしいね、とびはねるのもやめたようで、大そう静かになったね、そして小さな

妹の世話をお母さんに代わってやってくれたそうでなによりも喜ばしく思う。あのわんぱく娘はいなくなったようで|寂ハイキングシューズ

《さび》しいが、その代わりにしっかりした、たのもしい、やさしい婦人がいてくれるのだから安心だ。
0

2011/1/2 | 投稿者: 三代目

「ケンタウルスからはっきりした答えをもらったためしがない。いまいましい夢想家よ。星ばかり眺めて、月より近くのものにはなんの興味も持っとらん」
「森にはケンタウルスがたくさんいるの?」アウトドアシューズとハーマイオニーが尋ねた。
「ああ、まあまあだな……たいていやっこさんたちはあんまり他のやつとは接することがない。だが俺が何か聞きたい時は、ちゃんと現れるという親切さはある。連中は深い、心がな。ケンタウルス……いろんなことを知っとるが……あまり教えちゃくれん」
「さっき聞いた音、ケンタウルスだったのかな?」ハリーが聞いた。
「あれが蹄の音に聞こえたかね? いーや、俺にはわかる。ユニコーンを殺したヤツの物音だ……あんな音は今まで聞いたことがない」
 三人は深く真っ暗な茂みの中を進んだ。ハリーは神経質に何度も後ろを振り返った。なんとなく見張られているような嫌な感じがするのだ。ハグリッドもいるし、おまけに石弓もあるから大丈夫、とハリーは思った。ちょうど角を曲がった時、ハーマイオニーがハグリッドの腕をつかんだ。
「ハグリッド! 見て、赤い火花よ。ネビルたちに何かあったんだわ!」
「私もそうなんです、たとえ王さまの兵隊や馬が|総《そう》がかりでも、いやなことはいやと言いますけれど、たった一言やさしい言葉登山用品店でもかけられようものなら、すぐまいってしまうんです」ジョーは次から次と|苦境《くきょう》にたたせられる友だちのために、一はだぬいでみようと思ってこう言った。
「わしがあれにやさしくないとでもお思いなのかね、え?」きつい調子であった。
0

2011/1/2 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ